「米デラウェア州ウィルミントン」とは?

関連ニュース

インサイト、白斑患者でルキソリチニブ・クリームを検討するランダム化第2相試験の良好な52週の結果を発表 - 10月14日(月)20:11 

米デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インサイト(Nasdaq:INCY)は本日、白斑の成人患者で非ステロイド系抗炎症JAK阻害薬療法としてのルキソリチニブ・クリームを評価するランダム化二重盲検用量範囲探索第2相試験について、良好な52週の結果を発表します。 既報の通り、本試験は主要評価項目を達成し、溶媒対照(非薬用クリーム)を投与された患者と比較して、ルキソリチニブ・クリームの投与を24週間受けた患者の方が、顔面白斑部における重症度スコアのベースラインから50パーセント以上の改善(F-VASI50)を達成した割合が有意に高いことが証明されました。 52週の最新結果から、主要な副次的評価項目としての全身白斑重症度指標のベースラインから50パーセント以上の改善(T-VASI50)を達成した患者の割合で評価した場合、ルキソリチニブ・クリームによって全身での再色素沈着が相当に改善されることが示されました。さらに、1.5パーセントのルキソリチニブ・クリームを1日2回投与(BID)した52週後において、58パーセントの患者がF-VASI50
カテゴリー:

インサイト、治療歴のある進行性胆管がん患者でのペミガチニブの第2相試験の良好な最新結果を発表 - 10月07日(月)20:11 

米デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インサイト(Nasdaq:INCY)は、主要評価項目に関する最終結果を含め、治療歴のある局所進行性/転移性胆管がんの治療薬としてペミガチニブを評価する第2相FIGHT-202試験の最新結果を発表します。ペミガチニブは、選択的な線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害剤です。FGFR2遺伝子の融合/再構成を持つ患者(コホートA)で、ペミガチニブによる単剤療法は、中央値15カ月のフォローアップ期間で36パーセントの全奏功率(ORR)(主要評価項目)、6.9カ月の無増悪生存期間(PFS)中央値(副次的評価項目)をもたらしました。ペミガチニブの忍容性は全般的に良好でした。 これらの試験結果は、スペインのバルセロナで開催中の2019年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)学術集会の最新演題口頭セッションで、本日9月27日の中央ヨーロッパ標準時午後3時00分~3時15分(米国東部標準時午前9時00分~9時15分)にマドリード・オーディトリアム(ホール2)で発表されます。アブストラクトは#LBA40です。 インサイト
カテゴリー:

CSCがファイア・アイ主催のサイバー・ディフェンス・サミット2019で、新たなドメイン名セキュリティー情報APIを紹介 - 10月11日(金)19:12 

米デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CSCは、CSCのドメイン名セキュリティー情報の力を他社のクラウド・ベースのセキュリティー・オペレーション・プラットフォームと組み合わせることを可能にする新たなドメイン名セキュリティー情報APIを発表します。この新たなソリューションは本日、ファイア・アイ・サイバー・ディフェンス・サミット2019で発表され、今日のサイバー脅威が存在する状況の中で、世界をリードするセキュリティー専門家、政府のリーダー、さまざまな業界の幹部が重要な課題に対処する上で役立ちます。この課題には、両社が深刻なセキュリティー上の盲点として指摘したファイアウォール外部のドメイン、ドメイン名システム(DNS)、デジタル証明書などのデジタル資産の脆弱性も含まれます。 ドメイン名やDNSの乗っ取り事象のようなサイバー脅威によって、犯罪者は、乗っ取ったドメイン名に依存するウェブ・トラフィック、Eメール、アプリ、その他のサービスへの接続をリダイレクトすることが可能になります。DNSインフラの弱点の悪用は、多くの組織における統制、プロセ
カテゴリー:

「米デラウェア州ウィルミントン」の画像

もっと見る

「米デラウェア州ウィルミントン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる