「米サンフランシスコ」とは?

関連ニュース

日航の成田-サンフランシスコ便10年ぶり復活 コロナで3カ月遅れ、週2往復 - 07月06日(月)12:46  newsplus

 日本航空の成田―米サンフランシスコの旅客便が1日、約10年ぶりに復活した。同路線は2010年10月に羽田発着に移管され、休止の状態が続いていた。当初は3月29日に運航を開始し、1日1往復の予定だった。新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れて就航し、当面、週2往復する。  華やかな記念式典の開催は見送られ、静かな雰囲気での初便となり、旅客45人に記念品と手書きのメッセージカードが配られた。搭乗口には感染防止対策のためビニールシートが張られ、地上旅客係員はフェースシールドとマスク姿で対応した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】米サンフランシスコ、小型ロボットたちが街を徘徊するようになる「人間の4倍働いてくれるし、いらなくなれば転売も可能だ」 - 07月05日(日)15:00  poverty

ロックダウンで休業を3ヶ月間余儀なくされた飲食業界にとって、致命傷は雇用の確保だった。客が途絶えた状態では、ほとんどの店は従業員を解雇せずに経営を維持することはできなかった。一 方、経済再開になって同じ人員を再び雇い戻すのは困難だ。 しかしもし、従業員がロボットだったらどうだろう。シリコンバレーで起業した「Bear Robotics」ならば、繁忙期と閑散期の従業員数の調整も、ロボットの電源ボタンをONとOFFに切り替えるだけで可能だ。 休憩も食事も要らず、新入りでもプログラムを設定するだけでトレーニング終了。...
»続きを読む
カテゴリー:

ANA機、パンク状態で成田着陸 - 06月26日(金)18:28 

26日午後3時ごろ、米サンフランシスコ発の全日本空輸(ANA)7便(ボーイング777―300ER型機)が、タイヤ1本がパンクした状態で成田空港に着陸した。乗客乗...
カテゴリー:

YCCに消極的、フォワードガイダンスなど検討を=SF連銀総裁 - 06月16日(火)04:51 

米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は15日、イールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)について、他の政策手段が奏功しない場合は検討の余地があるものの、第一選択にはならないという考えを示した。
カテゴリー:

日航の成田-サンフランシスコ便10年ぶり復活 コロナで3カ月遅れ、週2往復 - 07月06日(月)12:06 

 日本航空の成田―米サンフランシスコの旅客便が1日、約10年ぶりに復活した。同路線は2010年10月に羽田発着に移管され、休止の状態が続いていた。当初は3月29日に運航を開始し、1日1往復の予定だった。新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れて就航し、当面、週2往復する。
カテゴリー:

2日で3回、緊急事態で引き返し 同じ米ユナイテッド機 成田空港 - 07月03日(金)20:23  newsplus

7/3(金) 20:07配信 時事通信 3回目の緊急着陸をする米ユナイテッド機=3日午後、成田空港  3日午後、米ユナイテッド航空のボーイング787―9型機が、貨物便として米サンフランシスコへ向けて成田空港を出発したが、機体トラブルで緊急事態を宣言し引き返した。  同じ機体が緊急事態で戻ったのは2日間で3回目となり、極めて異例。  国土交通省などによると、3回とも主翼前部にあるスラットと呼ばれる部品に不具合の表示が出た。いずれも搭乗していたのは乗員4人のみで、けがはなかったが、関係者は「乗客がいたら大変な...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】顔認証技術、アメリカの頭脳を持ってしても黒人とゴリラの区別ができないため規制へ - 06月17日(水)12:10  poverty

「顔認識技術を禁止せよ」 黒人差別を受けハイテク大手の対応は?  「顔認識技術は有害だ」「顔認識技術の利用を禁止せよ」──このような声が米国で高まっている。 巨大テクノロジー企業の米IBM、Amazon、Microsoftは相次ぎ警察など法執行機関への顔認識技術の提供を中止すると発表した。  「顔認識技術は有害」との表現に抵抗を感じる読者もいるかもしれない。「技術それ自体は善でも悪でもない」と考えるのが 従来の常識だったからだ。だが時代は変わり、情報技術は大規模適用されて社会に影響を及ぼしている。 いまや技術...
»続きを読む
カテゴリー:

「米サンフランシスコ」の画像

もっと見る

「米サンフランシスコ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる