「築地市場」とは?

関連ニュース

旧築地跡地が都議会の火種に 五輪前に「新年度予算執行できない恐れ」   - 02月16日(土)19:36 

 東京都の小池百合子知事が打ち出した旧築地市場跡地(東京都中央区)の再開発方針をめぐり、都議会与野党の対立が深刻化している。20日開会予定の都議会定例会を前に審議の進め方で与党都民ファーストの会などと、小池都政と一線を画す自民党などとの調整が難航。議論の入口段階から争っており、予定通り開会できない恐れも出てきた。審議すべき議題には2020年東京五輪・パラリンピック関連費を含む新年度予算案もあり、最悪の場合、予定通りに予算が執行できないシナリオも取り沙汰されている。
カテゴリー:

【豊洲市場】マグロ見学振るわず 外国人観光客が激減 築地比 - 02月16日(土)13:32  newsplus

 東京・豊洲市場(江東区)でマグロの競り見学が、専用エリアを開設した1月15日から1カ月たっても振るわない。 築地市場(中央区)では連日、多くの見学者がいたが、豊洲では参加方法が変わったことなどで人気は低調。 管理者である東京都の担当者は頭を悩ませている。  豊洲市場の水産卸売場棟2階には、事前の申し込みなしでマグロの卸売場を見下ろせる通路があり、多くの外国人が来ているが、ガラス張りで音は聞こえない。 一方、マグロ見学の専用エリアは卸売場に隣接し、競り人が鳴らす鐘の音や威勢の良い掛け声を聞くこ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京都「豊洲市場に移転してから、マグロの競り見学が不人気になった。なぜだ…」 - 02月16日(土)10:17  news

 東京・豊洲市場(江東区)でマグロの競り見学が、専用エリアを開設した1月15日から1カ月たっても振るわない。 築地市場(中央区)では連日、多くの見学者がいたが、豊洲では参加方法が変わったことなどで人気は低調。 管理者である東京都の担当者は頭を悩ませている。  豊洲市場の水産卸売場棟2階には、事前の申し込みなしでマグロの卸売場を見下ろせる通路があり、 多くの外国人が来ているが、ガラス張りで音は聞こえない。一方、マグロ見学の専用エリアは卸売場に隣接し、 競り人が鳴らす鐘の音や威勢の良い掛け声を聞...
»続きを読む
カテゴリー:

NHK『まんぷく』チキンラーメンは本当に「発明」なのか - 02月12日(火)01:30 

日清食品創業者の安藤百福と、その妻・仁子をモデルにしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』。好評のまま、物語は佳境を迎えつつあるが、終盤の山場は、安藤氏が無一文からチキンラーメンの開発で「一発逆転」を勝ち取るところだ。一方、安藤氏や日清食品側はかねて「発明」説をとってきたが、そこには異論も少なくない。本連載「世界漫遊『食考学』の旅」の番外編として、安藤氏が暮らした台湾と大阪の現地取材で検証した。「発明」説にはいささか納得できない夜食でチキンラーメンを食べるのが楽しみだった。柔らかめに麺を茹でるのが好きで、醤油と鶏ダシと油の混ざった汁を、たっぷり麺に吸わせて、ずるずるっと啜り上げる。高校時代の受験勉強で夜中にお腹が空くと、鍋に水と麺を最初から入れてつくった。そうする方が麺がよくふやけるからだ。気が向けば、卵もひとつ落とした。チキンラーメンにお世話になった日本の受験生は少なくないはずだ。私が付け焼き刃の受験勉強でギリギリ志望大学に合格できたのも、そのエネルギーに負うところが大きいのかもしれず、チキンラーメンには恩があるのだ。私は昨年刊行した『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)で日清食品の創業者・安藤百福氏のことを書くにあたり、取材のために大阪府池田市と神奈川県横浜市にそれぞれ設置されている「安藤百福発明記念館」を訪れた。その両方には、研究小屋が設置されており、そこで安藤氏が試行錯誤...more
カテゴリー:

【🐭ネズミ】築地閉鎖で街に移動? 風評被害対応でネズミ駆除費を補助 東京・中央区 - 02月09日(土)15:04  newsplus

築地閉鎖で街に?風評被害対応でネズミ駆除費を補助 東京・中央区 毎日新聞 2019年2月9日 09時11分(最終更新 2月9日 09時11分) https://mainichi.jp/articles/20190209/k00/00m/010/030000c  東京都中央区は2019年度から、ネズミ駆除に対する補助制度を始める。背景にあるのは築地市場の閉鎖。 「市場内外にいたネズミが餌を求め、銀座地区など繁華街へ移動するのでは」などと言われた。 区や商工関係者によると実際には「増加は確認されていない」というものの、気がかりなのは風評被害。20年東京五輪・パラリンピックが迫る中...
»続きを読む
カテゴリー:

「豊洲を中心に食を楽しめる文化を」海老蔵さんがエール - 02月16日(土)15:19 

旧築地市場から移転した東京 江東区の豊洲市場で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが魚河岸と歌舞伎をテーマにトークショーを行い、「豊洲を中心に食を楽しめる文化が続いてほしい」とエールを送りました。
カテゴリー:

東京都「助けて!築地から豊洲に移転したら外国人観光客が全然来なくなったの!何で?」 - 02月16日(土)11:05  poverty

 東京・豊洲市場(江東区)でマグロの競り見学が、専用エリアを開設した1月15日から1カ月たっても振るわない。 築地市場(中央区)では連日、多くの見学者がいたが、豊洲では参加方法が変わったことなどで人気は低調。 管理者である東京都の担当者は頭を悩ませている。  豊洲市場の水産卸売場棟2階には、事前の申し込みなしでマグロの卸売場を見下ろせる通路があり、 多くの外国人が来ているが、ガラス張りで音は聞こえない。一方、マグロ見学の専用エリアは卸売場に隣接し、 競り人が鳴らす鐘の音や威勢の良い掛け声を聞...
»続きを読む
カテゴリー:

豊洲 マグロの競り見学振るわず - 02月16日(土)03:58 

東京・豊洲市場(江東区)でマグロの競り見学が、専用エリアを開設した1月15日から1カ月たっても振るわない。築地市場(中央区)では連日、多くの見学者がいたが、豊洲...
カテゴリー:

TVのワイドショーが築地や相撲問題ばかり取り上げた残念な理由 - 02月11日(月)04:45 

テレビの情報ワイドショーには、どの局も同じ話題を連日延々垂れ流すような時期があります。近年では、築地移転問題であり、大相撲の暴力問題からの元貴乃花親方の対応問題です。なぜこうしたことが起こってしまうのか、「からくりTV」「金スマ」などを企画制作したTVプロデューサーの角田陽一郎さんが、『角田陽一郎のメルマガDIVERSE』で、テレビ側の事情を明かします。 テレビの罪と罰―【成功の神はネガティブな狩人に降臨する―バラエティ的企画術】 テレビを見ていると素晴らしい番組も多いですが、それ以上に報道の杜撰さ、通り一遍さを感じることも多いと思います。近年ではいわゆるワイドショー、情報バラエティの取り上げるトピックの偏りが問題に挙げられます。 よくマスコミの情報操作だとか、黒幕の影だとか、いろんな陰謀説的なものから、主義思想的な扇動とかまで、いろいろ邪推されるのがマスコミですが、でもその報道の在り方の真偽は、テレビ局の内部にいると実はそんな大仰な理由でないことがわかります。 その杜撰さの原因の大部分は、マスコミの内部に思想的な深い真意があるわけではないのです。では何か?それは、スタッフがあまりに多忙で日々の仕事に忙殺されている、究極的には面倒くささが、その雑な仕事にも現れているだけなんだと思います。 そんな理由で?そう思われることも当然です。しかし、実際の現場ではその側面がかなりの番組内容に影...more
カテゴリー:

築地閉鎖で街に?風評被害対応でネズミ駆除費を補助 東京・中央区 - 02月09日(土)09:11 

 東京都中央区は2019年度から、ネズミ駆除に対する補助制度を始める。背景にあるのは築地市場の閉鎖。「市場内外にいたネズミが餌を求め、銀座地区など繁華街へ移動するのでは」などと言われた。区や商工関係者によると実際には「増加は確認されていない」というものの、気がかりなのは風評被害。20年東京五輪・パラ
カテゴリー:

もっと見る

「築地市場」の画像

もっと見る

「築地市場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる