「競泳女子」とは?

関連ニュース

=週間ニュース=(2月14~20日) 藤戸小百合さん 42歳 佐賀市 - 02月23日(土)08:10 

NPO法人佐賀中部障がい者ふくしネットコーディネーター。就労支援施設に通う障害者の工賃向上につなげるための支援活動を行い、農福連携の推進にも取り組む。 ■競泳女子の池江璃花子選手(18)の白血病公表を受け、佐賀県内で受け付けた日本骨髄バンクの登録者数は13、14日の2日間で、20~40代の18人に上った。佐賀県赤十字血液センターによると、通常、登録者は月10~20人といい、2日間で20人近い登録は異例。(15日付26面) 「何か人の役に立てることを」と思い、20代のころにドナー登録をした。
カテゴリー:

池江選手公表の白血病 治療はタイプ見極めから - 02月21日(木)11:13 

 競泳女子の池江璃花子選手(18)が、自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表した。新記録を連発していた池江選手の病に、スポーツ界の関係者はもちろん、多くのファンが強い衝撃を受けた。トップアスリートを襲った白血病とはどんな病気なのだろうか。
カテゴリー:

若年がん克服、夢へ再び ボートレーサー倉持莉々選手 - 02月21日(木)10:05 

 競泳女子の池江璃花子(いけえ・りかこ)選手(18)の白血病公表は、若者もがんに罹患するという現実を改めて世間に突きつけた。茨城県出身の倉持莉々(くらもち・りり)さん(25)も高校時代に血液のがんに苦しんだ。若年層のがんは治療と人生の岐路が重なりケアも難しいとされる。倉持さんも過酷な闘病生活だったが、ボートレーサーになる夢をつかんだ。あきらめなければ将来が開ける。彼女は証明してみせた。
カテゴリー:

過酷がん闘病 女性レーサーの今 - 02月21日(木)05:04 

競泳女子の池江璃花子(いけえ・りかこ)選手(18)の白血病公表は、若者もがんに罹患するという現実を改めて世間に突きつけた。茨城県出身の倉持莉々(くらもち・りり)...
カテゴリー:

璃花子の診断詳細に上野副会長「何も聞いていません」/競泳 - 02月20日(水)08:08 

 日本水泳連盟の強化委員会が19日、東京都内で行われ、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=の詳しい診断結果に関して、上野広治副会長(59)は「何も聞いていません」と話した。
カテゴリー:

闘病耐え「賞金女王目指す」 若年がんを克服したボートレーサー - 02月21日(木)12:05 

 競泳女子の池江璃花子選手(18)の白血病公表は、若者もがんに罹患するという現実を改めて世間に突きつけた。茨城県出身の倉持莉々(りり)さん(25)も高校時代に血液のがんに苦しんだ。若年層のがんは治療と人生の岐路が重なりケアも難しいとされる。倉持さんも過酷な闘病生活だったが、ボートレーサーになる夢をつかんだ。あきらめなければ将来が開ける。彼女は証明してみせた。
カテゴリー:

【編集局から】池江璃花子さんの「諦めない姿勢」に心打たれる… - 02月21日(木)10:45 

 先週、競泳女子、池江璃花子さんが白血病を告白したことが日本中を驚かせました。
カテゴリー:

【中山徹 俺にも言わせろ】池江璃花子選手の姿勢に改めて教えられた! 72歳、ドナー登録できず - 02月21日(木)07:30 

競泳女子のエース、池江璃花子選手が白血病を告白したニュース。俺はショックを受けた。「神様は、よりによってなぜあの娘に!」と。まだ18歳。東京五輪が来年に迫る中、…
カテゴリー:

【速報】厚生労働省、白血病治療薬「キムリア」の製造販売を了承 1回5千万円以上 - 02月21日(木)00:02  news

白血病治療薬「キムリア」了承、米国で1回5千万円  厚生労働省薬事・食品衛生審議会の再生医療部会は20日、免疫細胞を活用 して若年性の白血病を治療する新製剤「キムリア」の製造販売を了承した。 スイス製薬大手「ノバルティス」の日本法人「ノバルティスファーマ」が申請 していたもので、厚労省は早ければ3月にも正式承認する見通し。米国では 投与1回5千万円以上で、高額な価格と高い効果が国際的に注目されている。  キムリアは、「CAR-T細胞(キメラ抗原受容体T細胞)」を使ったがん 免疫治療製剤。患...
»続きを読む
カテゴリー:

骨髄ドナー 青森県内も登録急増 - 02月19日(火)08:54 

競泳女子の池江璃花子選手(18)が12日に白血病を公表して以降、青森県内でも骨髄バンクへのドナー登録者数が急増している。13~18日の6日間で通常の約30倍の67人が新規登録した。県赤十字血液センターの担当者は「予想しなかったものすごいペース」と驚いている。骨髄バンクは、白血病など血液疾患の治療のために骨髄移植が必要な患者と、それを提供するドナーをつなぐ制度。18~54歳が登録できる。県内では青森市と弘前市の献血ルームで常時受け付けているほか、各地を回る献血バスでも可能。登録には採血も含め10…
カテゴリー:

もっと見る

「競泳女子」の画像

もっと見る

「競泳女子」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる