「突破口」とは?

関連ニュース

愛知・弥富の残土巡り提訴 土地所有者「泣き寝入りの被害者の突破口に」 - 09月29日(火)22:08 

 愛知県弥富市で高さ約10メートルの建設残土の山が約3年にわたり放置されている。同市の土地所有者の男性(62)は29日、発注・排出者の市と大手ゼネコン・熊谷組(東京都)に土撤去と150万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。
カテゴリー:

SUPER BEAVER、須賀健太出演MVフルサイズ公開 - 09月25日(金)20:10 

SUPER BEAVERが新曲「自慢になりたい」ミュージックビデオのフルサイズバージョンをYouTubeにて公開した。◆「自慢になりたい」ミュージックビデオ10月21日発売のメジャー再契約第2弾シングル「突破口 /...
カテゴリー:

首相の看板政策「デジタル庁」、年末に基本方針 来年通常国会に関連法案提出へ - 09月23日(水)20:05 

 菅義偉首相は23日、看板政策として掲げる「デジタル庁」について「行政の縦割りを打破し、規制改革を断行する突破口として創設する」と述べた。年末に基本方針をまとめ、2021年1月に召集する通常国会に関連法案を提出する方針を明示した。
カテゴリー:

デジタル庁創設、来年に法案 首相「規制改革の突破口」 - 09月23日(水)12:01 

 菅義偉首相は23日午前、「デジタル改革関係閣僚会議」の初会合を首相官邸で開いた。「デジタル庁」の来年中の創設に向け、「今までにないスピードで取り組む」と述べた。年末までに基本方針を策定し、来年1月に…
カテゴリー:

SUPER BEAVER、新SG『突破口 / 自慢になりたい』ジャケ写解禁 - 09月23日(水)12:00 

 SUPER BEAVERが、10月21日にリリースするシングル『突破口 / 自慢になりたい』のジャケット写真を公開し…
カテゴリー:

「角栄」「小泉」「橋龍」…菅首相はどのタイプ?  - 09月28日(月)09:26  newsplus

16日に発足した菅義偉内閣は、報道各社による世論調査の支持率も高く、順調な滑り出しをみせている。首相は安倍晋三内閣の路線継承を掲げるが、「縦割り行政の打破」など独自カラーも出始めている。歴代首相と比べれば、首相はどのようなタイプとなるだろうか。有識者3人の話を手掛かりに探ってみた。(児玉佳子、佐藤侑希、田中将徳)  「そりゃ田中角栄だよ」  政治評論家の田村重信氏はこう語る。  田中元首相は高等小学校を卒業し、土木会社を立ち上げた後、政界に進出した立志伝中の人物だ。自民党職員時代に多くの首相...
»続きを読む
カテゴリー:

IBMが量子ロードマップを公開、2023年には1000量子ビットマシンを実現へ - 09月24日(木)09:30 

IBMは本日、初めて同社の量子コンピューティングハードウェア開発に向けたロードマップを発表した。ここで把握すべきことはたくさんあるが、短期的に最も重要な情報は、同社が2023年末までに1000量子ビット(Qubit)以上(約10~50論理量子ビット)の量子プロセッサーを構築するということだ。 現在IBMの量子プロセッサーは65量子ビットで業界トップとなっている。同社は来年127量子ビットプロセッサーを、2022年には433量子ビットマシンを発売する計画だ。それに向けて、大容量チップを収容するまったく新しい希釈冷凍機を設計し、これらのユニットを複数接続してチップのマルチコアアーキテクチャーに似たシステムを構築する技術開発も進めている。 Image Credits: IBM IBMのDario Gil(ダリオ・ギル)氏によると、同社はこのロードマップを発表するにあたり慎重に事を進めたという。そして同氏はそれを半導体産業の誕生になぞらえた。 「プロジェクトや科学的な実験を遂行して分野を前進させることとは対極にある、産業を確立するうえでの特異点に目を向けたとき、3つの文化を融合させたチームを築き上げることが必要であると私たちは認識しました。科学の文化、ロードマップの文化、アジャイルの文化です。当社はそのことを理念として持ち続けています」とギル氏は語る。 量子産業の究極の目標、すなわち大規模...more
カテゴリー:

デジタル庁創設へ初会合…首相、マイナンバー普及・促進「一気に進める」 - 09月23日(水)14:57  newsplus

 政府は23日午前、行政サービスのデジタル化を一元的に担う「デジタル庁」の創設に向けた「デジタル改革関係閣僚会議」の初会合を首相官邸で開いた。菅首相は「行政の縦割りを打破し、大胆に規制改革を断行するための突破口としてデジタル庁を創設する」と述べ、年末に基本方針を取りまとめる意向を表明した。  首相は「次の通常国会に必要な法案を提出したい。併せてデジタル分野における重要法案であるIT基本法の抜本改正も行う予定だ」とも語った。平井デジタル改革相は月内にも、デジタル庁の設置に向けた準備室を内閣官房に...
»続きを読む
カテゴリー:

SUPER BEAVER、新作ジャケットに『ハイキュー!!』描き下ろしイラストも - 09月23日(水)12:00 

▲「突破口 / 自慢になりたい」初回生産限定盤SUPER BEAVERが、10月21日にリリースするメジャー再契約第2弾シングル「突破口 / 自慢になりたい」のジャケット写真を公開した。◆ジャケット初回生産限定盤と...
カテゴリー:

『相棒』20周年イヤー、幕開けの舞台は“VR=仮想現実”!石丸幹二がIT長者を怪演 - 09月23日(水)09:43 

2020年、ドラマ誕生20周年という大きな節目の年を迎えた『相棒』。その幕開けとなる初回拡大スペシャルの放送が10月14日(水)に決定した。初回拡大スペシャルのタイトルは「プレゼンス」。現実世界と“VR=仮想現実”の世界がクロスオーバーしながら、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事件の真相究明に立ち向かっていく。◆初回拡大スペシャルはVR=仮想現実が舞台にある事情から、白バイ警官の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を捜査し始めた特命係の右京と亘。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑)という男性が転落死する。生前、幸矢が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明。両者の関係を調べるなか、幸矢が「ネオ・ジパング」と呼ばれる謎の“仮想国家”の住民だったことがわかる。その仮想国家「ネオ・ジパング」の“建国の父”とは、IT長者の加西周明。「ネオ・ジパング」の存在に疑問を抱き、現実世界での事件との関連性を探り始めた特命係はやがて、巨大な仮想国家の実態、そしてそれを築き上げた加西の思惑を知り、事件は思いもよらぬ方向へと展開していく…。◆『相棒』シリーズ初出演、石丸幹二が謎多きIT長者役にそんな初回拡大スペシャル「プレゼンス」で特命係の前に立ちはだかる人物・加西周明を演じるのは、『相棒』シリーズ初出演となる石丸幹二。俗に言う“IT長者”で桁違いの金持ちである加西は、有り余...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「突破口」の画像

もっと見る

「突破口」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる