「突破口」とは?

関連ニュース

スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心! - 01月27日(月)11:00 

■スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心!■先端テクノロジーの調査会社、AQU 先端テクノロジー総研(代表、子安克昌)が2,200人を対象に意識調査を実施したところ、そんな結果が得られた。スマートホームにおける音声AIアシスタントの活用の突破口を開いたともいえる、スマートスピーカーについて、主要メーカー製品利用者ごとの、スマートホームに対する関心度を調べたところ、すでに利用している人、今後購入予定の人では、アマゾン、グーグル、アップル、ソニー、オンキヨー、JBL、いずれも、スマートホームに関心ある人が50%を超えている。LINEについては、利用者では、44.3%であるが、今後購入予定のある人では、50%を超えている。スマートホームに対する関心度は、全体的には、20代を中心に10代、30代などが比較的高く、40代、50代、60代以上は、やや低い。しかしながら、大きな差はない。性別では、女性よりも男性の方がやや関心度が高い。女性の心をひきつけるもの、たとえばスマートキッチン、スマート照明、スマート冷蔵庫などにおいて、より魅力的な製品アピールが期待される。スマートスピーカーを利用している人は10%程度となっているが、スマートホーム...more
カテゴリー:

大人が「幸せ」になるために必要な3つのものとは? - 01月22日(水)12:24 

私たち大人は幸せだろうか――。政府は昨年7月、未成年の自殺率が統計を取り始めた1978年以降最多だったと発表した。日本社会の持続可能性を考えると、大人が幸せに生き、若者が希望を見出せる社会をつくることが喫緊の課題だ。慶応大学大学院で幸福学を研究する前野隆司教授は「これからは製品やサービスも、消費者の幸せや人生にどれだけ影響を与えられるかが問われる」と話す。前野教授に、幸せのメカニズム、そして今の日本社会で幸福度を高めるために何が必要かを個人や組織、学校教育、社会の観点から聞いた。(サステナブル・ブランド ジャパン編集局=小松遥香)日本企業でエンジニアとして勤めた後、ロボットや脳科学の研究者となった前野教授。幸福学研究を始めた背景には、科学技術の進歩などによってGDPが上がったにも関わらず、終戦直後と比べて人々の幸せ(生活満足度)が変わっていないことへの疑問と、工学者らしく、体系的に幸福を明らかにし、人々が日々の中で幸福度を向上させられる実践的な幸福の研究をしたいという思いがあったという。幸せになるために必要なもの――幸せのメカニズムを研究されてきました。日々の中で、人が幸せになる、幸福度を上げるにはどんなことが必要でしょうか。前野:幸せになるために必要なことは、健康と比べると分かりやすいです。健康になるには、まずは健康についての知識を得ることが必要です。太り過ぎは良くないとか目が悪...more
カテゴリー:

「アジアNo.1大学」と連携 むつ市、シンガポール国立大生受け入れへ - 01月15日(水)09:44 

青森県むつ市は14日、世界的にも有名なシンガポール国立大の学部生の短期留学を新年度に受け入れると発表した。交流を突破口に今後のシティーセールスや小中学生の教育レベルの向上につなげる狙いだ。 同大の語学
カテゴリー:

【Bizクリニック】イノベーションよりリノベーション - 01月14日(火)05:00 

 企業競争力を強化するためにはデザイン経営、イノベーション(革新)が必要で、本質的な価値を創造しなければならない。その突破口は「イノベーションよりリノベーション(価値の再定義)」という考え方だ。
カテゴリー:

「質問モンスター」29歳、異業種からの転職。なにも分からなかった彼女が、壁を乗り越えた術は… - 01月10日(金)10:50 

こんにちは、エン・ジャパン名古屋オフィスのコピーライター、加藤です。 今年で中途入社4年目。いまでこそ楽しく働けるようになりましたが、転職したての頃は、前職とのギャップに苦しむことも。環境の変化に戸惑い、うまく自分を出せずに悩んでいた時期がありました。同じように、新しい環境に慣れず、なかなか成果も出せない。転職先や異動先でそんな悩みを抱えたことがある方、多いのではないでしょうか。どうすれば、新しい環境でうまくやれるんだろう。そのヒントが知りたくて、ある方を尋ねました。 遊佐弥生さん。エン・ジャパンにキャリアパートナーとして異業種から転職し、たった2年半で社長賞(*)を2回受賞した女性です。10年以上経験を積んできたアパレル業界を飛び出し、半年で、「社長賞 新人賞」を受賞。それから2年後、拠点異動をしてまた半年で「社長賞 ベストマネージャー賞」を受賞されています。「30歳近いのに何も知らない、何もできない新人で……最初は周囲にどう思われているか不安でした。でも、恥を捨てたらいろんなことがうまくいくようになったんです」 彼女はなぜ、新しい場所でずっと活躍し続けられるの……?これまでの歩みを辿ってみると、遊佐さん流の「成果でみせる」突破術がみえてきました。(*)社長賞は、四半期に一度、シンボリックな活躍...more
カテゴリー:

地方創生ビジネス最前線! 止まらない少子高齢化...地域格差、将来どうなる? 地方創生を担う4社が本音でトーク - 01月24日(金)14:19 

企業のトップなど、今、会いたい人をフィーチャー。MCの田村淳が鋭く斬りこみ、トークセッションから新たなビジネスの創造を目指す「田村淳のBUSINESS BASIC」(BSテレ東 毎週日曜よる11時)。東京オリンピック・パラリンピックの開催により盛り上がりを見せる一方で、少子高齢化や人口減少などの目的に直面している地方。都会と地方の格差は広がるばかりだ。しかし、「ピンチはチャンス」と変革を起こそうとする人たちもいる。1月19日(日)の放送では、地方創生を担う企業4社が集結し、その突破口を探る。【一般社団法人あすびと福島:沖沢真理子さん】東日本大震災を機に、多くの難局と向き合う福島県南相馬市で、小学生以上を対象にした体験学習や実践授業を展開。地元から次世代を担う若い人材の育成に取り組む。【オイシックス・ラ・大地:高橋大就さん】全国から良質な食材を取り寄せ、宅配するサービスを提供。生産者と消費者をつなぎ、地方の活力アップに貢献している。【トラスコ中山:数見篤さん】 日本各地にある工場・建設現場の運営をバックアップする卸売企業。全国に営業拠点68ヵ所・物流拠点26ヵ所を有し、200万点以上の商品と独自の物流システムで地方のものづくりを支える。【SAP :宮田伸一さん】ドイツ創業の企業向けソフトウェア会社。大分県では災害・防災の取り組みをするなど、さまざまな企業と手を組み、地方が抱える問題解...more
カテゴリー:

【Bizクリニック】シリコンバレーでもリノベーション経営 - 01月21日(火)05:00 

□ビジネスリノベーション社長・西村佳隆世界的なイノベーション(革新)創出地である米シリコンバレーでも、企業競争力強化に向けて本質的な価値を創造するための突破口で…
カテゴリー:

治療法のなかった不定愁訴の治療に突破口 原因不明の体調不良「不定愁訴」発症に頚部筋群の緊張の関与を報告 - 01月14日(火)09:00 

脳神経と自律神経の診療を専門に行う東京脳神経センター(所在地:東京都港区、理事長:松井 孝嘉)の研究チームは、原因不明の体調不良『不定愁訴』で入院した患者1,863名に対して頚部筋群への局所療法を行なった結果、退院時には全28のすべての症状が50%以上の回復率を示したことを研究論文にまとめ、そのメカニズムとして、頚部筋群の中を通っている副交感神経の関与の可能性を示しました(European Spine Journal 日本時間202...
カテゴリー:

【経済】元経済ヤクザ「猫組長」が指摘する「株式相場の支配者・AIの弱点」 - 01月13日(月)10:06  newsplus

史上最高値更新が続く米国株の状況に慎重な姿勢を保っていた私だが、2020年秋までのシナリオを確信することができた。 やはりアメリカ大統領、ドナルド・トランプ氏は、米中貿易戦争の「緊張」を使って相場を形成していた。 「非常に型破り」と評価されるトランプ氏だが、「黒い仕手師」だった私にはとって、これほどわかりやすい大統領はいない。 日本市場も株高基調となるが、現在の株取引では「AI」が君臨していることは伝えたとおりだ。 オリジナルの「AIアルゴリズム」開発を通じて、私が見つけた「ヒト」が「機械」に打ち勝...
»続きを読む
カテゴリー:

音声コンテンツは日本人の社会通念を変えるか? 中国最大手「ヒマラヤ」が挑む日本市場の険しい山々 - 01月10日(金)07:48 

突然だが、ふだんどの程度、音声コンテンツを利用しているだろうか?車通勤の人は、ポッドキャストを流しながら会社に向かうかもしれない。電車なら、YouTubeの音声をイヤホンで聴きながら、という習慣があるかもしれない。音声は、両手や視界を自由にしながらコンテンツを楽しめる利点がある。通勤に限らず、家事などの生活のちょっとした隙間にも取り込めるのが特徴だ。この隙間を狙って2017年に日本に進出したのが、中国で6億ダウンロードを達成した音声配信最大手「ヒマラヤ」だ。中国の成功体験を元に日本での浸透を目指すが、その道のりは平坦ではない。日本版ヒマラヤを運営する「シマラヤジャパン」を取材すると、日本の音声市場が抱える課題が見えてきた。■時代が味方し成長「ヒマラヤよりも先に、すでに中国には音声プラットフォームがあったんです」そう語り始めたのはシマラヤジャパンの齋藤ソフィー副社長。中国で後発だったヒマラヤが最大手の座を掴んだ理由を教えてくれた。「特定のジャンルにコンテンツを絞らず“何でもある”という状態にしました。漫才もあるし、経済について学ぼうと思えばイェール大学の教授の講義を聞くこともできます。ただ一番は、誰でも気軽に配信できるシステムを整えたことだと思います」中国では動画サイトなどでインフルエンサーを目指す人も多い。その夢物語を音声に求める人も多かったということだ。中...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「突破口」の画像

もっと見る

「突破口」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる