「移動手段」とは?

関連ニュース

ガソリンスタンドが半減 過疎地が困るためスタンドを国が支援へ 田舎ほどEV電気自動車がイイね - 09月23日(木)15:29  news

政府は、ガソリン需要の縮小で経営悪化が見込まれる ガソリンスタンドの支援策を強化する。 店舗を集約したり、自治体が整備して企業に運営を任せる 「公設民営型」店舗を設けたりした場合に補助金を出す事業が柱だ。 電気自動車(EV)の普及が見込まれる今後も、 当面はガソリン車が一定数残るため、 供給網を維持する必要があると判断した。 国内のガソリンスタンド数は20年度末に約2万9000店と、 1994年度のピーク時に比べて半減した。 エコカーの普及による燃費の向上や若者を中心とした車離れが進み、 ガ...
»続きを読む
カテゴリー:

電動自転車のバッテリー、転売目的の盗難が多発 - 09月21日(火)17:12  poverty

【独自】電動自転車のバッテリー、転売目的の盗難が多発…被害女性「想像もしていなかった」  電動アシスト自転車のバッテリーが盗まれる被害が相次いでいる。寿命で定期的な交換が必要なために需要が高く、ネット上で転売されている。コロナ禍で「密」を避ける移動手段として利用する人が増えたことも影響しているとみられ、警察は取り外して家の中で保管するなどの対策を呼びかけている。  大阪市平野区で7月下旬、出勤前の介護ヘルパーの女性(45)が、駐輪場に止めていた愛用の電動アシスト自転車のバッテリーがなくなって...
»続きを読む
カテゴリー:

宇宙船や人工衛星の制御と離脱技術を開発するAurora Propulsion Technologies、惑星間移動手段としても期待 - 09月20日(月)14:30 

2021年は、人類史上かつてないほど多くの宇宙船が軌道に投入され、今後10年間はさらに衛星の打ち上げ数が増加すると予想されている。これほど混雑した状況では、衛星を宇宙空間で制御し、寿命が尽きたときに軌道から外すことができるかどうかが鍵となる。 Aurora Propulsion Technologies(オーロラ・プロパルジョン・テクノロジーズ)という企業がある。宇宙船の推進力の問題を単純化することを目指す、ここ数年で登場したスタートアップの1つだ。2018年の創業以来、フィンランド企業の同社は、小型のスラスターエンジンとプラズマブレーキシステムという2つの製品を開発し、2021年の第4四半期には軌道上での実証実験を行う予定だ。同社の活動は投資家の目にも留まり、同社の技術を市場に投入するため、170万ユーロ(約2億2100万円)のシードラウンドを完了したばかりだ。 このラウンドは、リトアニアのベンチャーキャピタルであるPractica Capitalがリードし、国有のプライベートエクイティ企業であるTESI(Finnish Industry Investment Ltd.)と、Kluz VenturesのファンドであるThe Flying Objectが参加した。個人投資家も参加した。 Auroraの最初の軌道上での実証実験となる「Aurora Sat-1」は、Rocket Lab...more
カテゴリー:

《日本製トラックに同乗する訳アリ外国人2人と犬1匹》笑えないブラックジョークの結末は? - 09月18日(土)17:00 

 元締めのヤクザに襲われた窃盗団のリーダー、ミゲルは”多聞“を連れ去り、母国フィリピンへ帰るための移動手段を模索するが……。 第4回は10月2日(土)17時に更新予定です。少年と犬星周, 馳 文藝春秋2…
カテゴリー:

NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約 - 09月16日(木)18:00 

NASAは、Artemis(アルテミス)計画の一環として、着陸機のコンセプトを開発する総額1億4600万ドル(約160億円)の契約を、SpaceX(スペースX)、Blue Origin(ブルーオリジン)、(ダイネティックス)を含む5社と締結した。 その内訳は、Blue Originに2650万ドル(約29億円)、Dyneticsに4080万ドル(44億6000万円)、Lockheed Martin(ロッキード・マーチン)に3520万ドル(約38億5000万円)、Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)に3480万ドル(約38億円)、SpaceXに940万ドル(約10億3000万円)となっている。提案書を提出したBlue Ridge Nebula Starlines(ブルー・リッジ・ネビュラ・スターライン)とCook & Chevalier Enterprises(クック・アンド・シュヴァリエ・エンタープライゼス)の2社のみが契約を獲得できなかった。 契約は、NextSTEP-2(Next Space Technologies for Exploration Partnerships、次世代宇宙探査技術パートナーシップ)のAppendix N(Sustainable Human Landing System Studies and Risk Reductio...more
カテゴリー:

【そのぼのニュース】人情の街大阪。無職男(35が)電アシ自転車のバッテリー50個を盗み売り捌く - 09月21日(火)18:48  news

 電動アシスト自転車のバッテリーが盗まれる被害が相次いでいる。寿命で定期的な交換が必要なために需要が高く、ネット上で転売されている。コロナ禍で「密」を避ける移動手段として利用する人が増えたことも影響しているとみられ、警察は取り外して家の中で保管するなどの対策を呼びかけている。(夏井崇裕、高木文一)  大阪市平野区で7月下旬、出勤前の介護ヘルパーの女性(45)が、駐輪場に止めていた愛用の電動アシスト自転車のバッテリーがなくなっていることに気付いた。車体に固定するための鍵穴が壊されており、何者か...
»続きを読む
カテゴリー:

「大阪キャンピングカーフェア2021 ~秋の大商談会~」開催! - 09月21日(火)14:00 

 大阪キャンピングカーフェア2021実行委員会は、2021年9月25日(土)・26日(日)の2日間、インテックス大阪4・5号館にて「大阪キャンピングカーフェア2021~秋の大商談会~」を開催します。    2021年秋は、この季節に⾏われるイベントとしては最⼤級で開催!全国のキャンピングカービルダー・販売店40社以上、約150台が大阪に集います。  車両展示の他にも、アウトドア関連グッズの販売や、ペットコーナー、縁日、美味しいグルメなど魅力的なコンテンツでお迎えいたします。  なお、会場では、入場口や出展社ブースへのアルコール消毒液設置や換気など、感染防止対策に注意を払っております。是非ともご協力のほど宜しくお願い申し上げます。   ◎開催概要 ■タイトル        「大阪キャンピングカーフェア2021~秋の大商談会~」 ■開催日程        2021年9月25日(土)~26日(日)の2日間 ■開催会場        インテックス大阪4・5号館(大阪市住之江区南港北1-5-102) ■開催時間    &nb...more
カテゴリー:

徳島県「都会の皆さん、車なしでも大丈夫だから徳島に移住して」 - 09月18日(土)19:12  news

 都会から徳島への移住を促そうと、県は「サブスクリプション(定額制サービス)方式」を活用した移住支援に取り組む。 公共交通機関が使いづらい地域が多いことに着目し、一定の金額を支払えば、タクシーやレンタカーを繰り返し利用できるようにする。 移住を踏みとどまらせるハードルを、小さな負担で下げようとする試みだ。(平井宏一郎)  新型コロナウイルス感染拡大の影響から、人が多く「密」になりやすい都市部を逃れて、地方への移住を望む人が増えている。 一方、県内はマイカーがないと移動に不便な地域が多い。移住...
»続きを読む
カテゴリー:

田舎だと原付バイクあれば十分だと思った でも原チャリの出荷台数は40年で「10分の1以下」で消滅かも - 09月17日(金)17:06  news

手軽な「原チャリ」消えてしまうのか 縮小する50cc原付一種 各社のラインアップは今 2021年現在、コロナ禍の影響で「バイクを移動手段に」という理由からバイクの売り上げが伸びています。しかし、その恩恵に預かっていない 車種が、50cc以下の原付一種、いわゆる「原チャリ」です。 コロナ以前、バイクは売れないといわれてきましたが、日本自動車工業会によると、51cc以上のバイクの売り上げは、実はここ10年間で横ばいです。 しかし原チャリは、2010(平成22)の23万1247台から、2019年には13万2086台まで減少しています。およ...
»続きを読む
カテゴリー:

バス車内の混雑平準化に向けた実証実験用アプリ「バス快適乗車案内」を提供 - 09月16日(木)15:30 

2021年9月16日 株式会社NTTドコモ 東急バス株式会社  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と東急バス株式会社(以下、東急バス)は、バス車内の混雑緩和に 向けた人々の行動変容を促す実証実験の第2弾※1(以下、「本実証実験」)として、東急バスをご利用の お客さま向け実証実験用アプリ「バス快適乗車案内」(以下、本アプリ)を2021年9月16日(木)から2021年12月23日(木)まで提供します。本実証実験では東京都と神奈川県の東急バスの一部路線に乗車する本アプリ利用者へ混雑回避を促すことでバス車内の混雑平準化をめざします。    「新たな生活様式」の実践として、人々の密集や混雑の回避が求められるなか、特定のバス車両に乗客が集中することで、各バス車内の混雑度にバラつきが生じるといった課題があります。    本アプリでは、バス停で乗車を見送れば混雑度の低い「おすすめバス」が数分で到着すると見込まれる場合、それをプッシュ通知でアプリ利用者のスマートフォンにお知らせします。プッシュ通知に従って混雑しているバスの乗車を見送っていただいた方に、dポイント(期間・用途限定)を進呈します。「おすすめバス」への乗車を案内する際には、ドコモが実用化に向けて検討を進めている行動経済学の「ナッジ※2」を活用したメッセージ配信により、人々の潜在ニーズに働き掛けることで、本アプリ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる