「私有財産」とは?

関連ニュース

EU競争政策担当委員の提言「巨大ハイテク企業を分割してはいけない、データアクセスを規制せよ」 - 03月15日(金)08:15 

巨大ハイテク企業の分割は最後の手段であるべきだ。欧州連合(EU)競争政策担当委員Margrethe Vestager(マグレーテ・ベステアー)氏はそのように提言した。 「企業を分割して私有財産を分割すれば、その影響は広範囲に及ぶため、市場の消費者に大きな恩恵を与える確固たる言い分が必要です。王道のやり方では実現できないものでなければいけません」と、彼女は先週末、SXSWで行われた、RecodeのKara Swisher(カーラス・ウィッシャー)氏とのインタビューで警告を発した。「対象となるのは私有財産です。その企業は、彼らのイノベーションを基に築かれ、投資を受け、成功しているのです」 ベステアー氏は、2014年に欧州委員会で独占禁止法問題を担当するようになってから、数々の大規模な(しばしば高額の罰金を科すなど)介入を行ってきたことから、さらに今でもGoogleに対して際だった捜査を大々的に続けていることから、巨大ハイテク企業が恐れる存在として高評価を得てきた。 しかし、欧米各国の市場の(米国大統領候補と噂される著名な人物を含む)野党政治家たちが、テクノロジーに厳しいとされるこの欧州委員会議員と対立する形になった。彼女は、市場を歪めている巨大ハイテク企業をハンマーで叩き潰すのではなく、データの流れにメスを入れるべきだと主張しているのだ。 「企業を分割するという非常に大胆な提案は、私た...more
カテゴリー:

私有財産容認の改憲承認=キューバ - 02月26日(火)09:51 

 【ボゴタ時事】カリブ海の社会主義国キューバの中央選管当局は25日、前日に実施された国民投票で改憲案が86.9%の賛成で承認されたと発表した。4月に公布される見通し。 改憲により、1959年の革命後、初めて個人や外国を含む民間資本の私有財産権が憲法で認められる。市場経済の重要性なども明記。政治権限が集中していた元首である国家評議会議長の職が廃止され、大統領と首相が誕生する。キューバは集団指導体制に移行する。ただ、共産党の一党独裁体制は変わらない。 【時事通信社】
カテゴリー:

私有財産容認の改憲承認=キューバ - 02月26日(火)10:06 

カリブ海の社会主義国キューバの中央選管当局は25日、前日に実施された国民投票で改憲案が86.9%の賛成で承認されたと発表した。4月に公布される見通し=24日、ハバナ
カテゴリー:

「私有財産」の画像

もっと見る

「私有財産」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる