「福島第一原発」とは?

関連ニュース

「JRタブー」とリニア新幹線の闇。川勝静岡知事「悪玉説」を流布するのは誰だ?日本最後のフィクサーと安倍の呪い - 02月27日(火)05:00 

東京-大阪間を約1時間で結ぶ夢の超特急「リニア中央新幹線」。JR東海は当初、2027年の全線開通を目指したものの、“静岡県の妨害”によって工事が大幅に遅延したと報道されています。いきおい川勝平太県知事に批判の矛先が向かう昨今ですが、そんな中で「JR批判は御法度」なメディアの忖度体質を批判するのはメルマガ『ジャーナリスト伊東 森の新しい社会をデザインするニュースレター(有料版)』著者の伊東さんです。「JRタブー」と安倍晋三元首相、そして日本最後のフィクサーのただならぬ関係とは? 「日本最大のタブー」と化したリニア中央新幹線 リニア中央新幹線をめぐり、静岡県知事に対する“ヘイト”が後を絶たない。 ジャーナリストの小林一哉氏は、東洋経済オンラインで、「静岡リニア『川勝知事』JR東海にまたも無理難題」というタイトルの記事を掲載した(*1)。 あるいは、イトモス研究所所長の小倉健一氏は、ダイヤモンド・オンラインで、「『リニア妨害』川勝知事が議会で激ヅメ…過去に否定した“解決策”を今さら主張する自己矛盾」というタイトルで川藤知事を厳しく批判した(*2)。 しかしながら、このような静岡県知事への批判は的外れだ。 リニア中央新幹線計画では、まずはその経済的な見通しに疑問符が付く。さらに環境に対する影響も強く懸念されている。 そのリニア中央新幹線を強く推進してきのが、「日本最後のフィクサー」(*3)...more
カテゴリー:

福島差別に繋がる画像、別の米大手サイトでも。処理水で魚が汚染と説明書きに記載 - 02月26日(月)10:30 

Shutterstock関連記事(初報)>>魚に放射能マーク…画像販売サイト、「Fukushima」検索で表示。記者の指摘にサイト側はインターネット上で画像の売買ができる「オンライン画像マーケットサイト」に、福島への差別や偏見を助長するイメージ画像が出回っている問題で、米ストックフォト大手「Shutterstock(シャッターストック)」のサイトでも同種の画像が表示されることがわかった。ハフポスト日本版がこれまで確認した他の2サイトと同様、「Fukushima」などと検索すると、海や魚に放射能標識を重ねたような画像が出てくる。経緯を振り返るオンライン画像マーケットサイトでは、個人のクリエイターらが撮影・作成した画像などを購入することができる。その大半はWebサイトやブログ、記事、ソーシャルメディア広告、プレゼンテーションなどで使用できるため、世界中の個人や企業が利用している。サイトの検索欄にキーワードを入力すると、イメージに近い画像が一覧で表示される仕組みで、例えば「海」と検索した場合は、大海原、波、砂浜、ヨットなどの写真やイラストが出てくる。記者が2月上旬、米ストックフォト大手「Getty images」の「iStock by Getty images」と、米ソフトウェア大手「Adobe Inc.」の「Adobe Stock」の2サイトで「Fukushima」などと検索したところ...more
カテゴリー:

オイシックス会長が辞任。処理水巡り「放射能汚染水」と投稿。責任の重さを自ら判断 - 02月23日(金)08:31 

会長辞任に関するお知らせ合わせて読みたい>>オイシックス会長が「放射能汚染水」。会社が過去にも複数回注意。福島第一原発の処理水巡り食材宅配サービス「オイシックス」を運営する「オイシックス・ラ・大地」(東京)は2月22日、藤田和芳会長が同日付で辞任したと発表した。藤田会長を巡っては、東京電力福島第一原発の処理水を「放射能汚染水」などとXで発信し、問題となっていた。経緯を振り返る藤田会長は2月10日、Xに「本当は『放射能汚染水』なのに、マスコミはその水を『処理水』と呼んでいる」と投稿。同12日にも、「東京電力は、福島原発の放射能汚染水を海に流し始めた。今ある汚染水を海に流し終えるまで20年かかるという。その後、除去できないトリチウムを含む放射性物質を海に流し終えるまでは、さらに20年かかるという」などと発信した。X上で、「風評被害を招く」や「科学的根拠に沿っていない」などと批判が相次ぐと、藤田会長は翌13日に発信内容の一部を訂正。だが、事態を重くみたオイシックス・ラ・大地は15日、公式ウェブサイト上にお詫びを掲載し、「多大なるご迷惑とご心配をおかけした」と謝罪した。なお、藤田会長は過去にも、「『汚染水』を『処理水』と言い替える姿勢は、プーチン大統領が『戦争ではない、特別軍事作戦だ』と言い張っているのに似ている」などと発信していたため、ハフポスト日本版は同社に取材。担当者が、「過去にも藤...more
カテゴリー:

魚に放射能マーク…画像販売サイト、「Fukushima」検索で表示。記者の指摘にサイト側は - 02月21日(水)17:00 

イメージ写真:ある日の海(福島県いわき市)合わせて読みたい>>オイシックス会長が「放射能汚染水」。会社が過去にも複数回注意。福島第一原発の処理水巡りインターネット上で画像の売買ができる「オンライン画像マーケットサイト」に、福島県への差別や偏見を助長するイメージ画像が出回っていることがわかった。一部の画像はハフポスト日本版の指摘後に表示されなくなったが、サイトで「Fukushima」や「Fukushima sea」と検索すると、福島の海や魚が放射能汚染されているかのような画像が複数ヒットする。「福島」と検索した場合も、県沿岸から東方向に放射能汚染が広がっているような画像などが表示される。ハフポスト日本版はサイト側を取材した。画像が出回っているのは画像が出回っているのは、米ストックフォト大手「getty images」の「iStock by getty images」と、米ソフトウェア大手「Adobe Inc.」の「Adobe Stock」など。オンライン画像マーケットサイトでは、個人のクリエイターらが撮影・作成した画像などを購入することができる。iStockのウェブサイトによると、クリエイターは写真家やイラストレーター、映像作家などのプロのほか、主婦や学生もいるという。画像などの大半は、Webサイトやブログ、記事、ソーシャルメディア広告、街頭広告、プレゼンテーションなどで使用できるた...more
カテゴリー:

経産相、東電社長を指導 福島第一汚染水漏れ対策「経営陣が関与を」 - 02月21日(水)13:43 

 東京電力福島第一原発の汚染水浄化装置から汚染水が漏れ出した事故を受け、斎藤健経済産業相は21日、小早川智明社長と面会し、再発防止を指導した。斎藤氏は「廃炉の完遂に支障が生じる」と指摘。人的ミスで終わ…
カテゴリー:

東電 福島第一原発処理水 4回目の放出 28日から開始と発表 - 02月26日(月)17:59 

東京電力は、福島第一原子力発電所にたまる処理水について、今年度最後となる4回目の海への放出を28日から始めると発表しました。
カテゴリー:

東京・代々木公園で「魚ジャパンフェス」。いつまで?注目は福島の「メイプルサーモン」 - 02月23日(金)09:00 

ふくしまお魚まつり合わせて読みたい>>「カナガシラ」を使ったカレー缶、福島の老舗鮮魚店が販売開始。4代目は「地元の魅力を伝え続ける」全国各地の魚介グルメが味わえる「SAKANA&JAPAN FESTIVAL2024」(魚ジャパンフェス)が2月22日、東京・代々木公園で始まった。東日本大震災と東京電力福島第一原発からの復興応援を目的とした「発見!ふくしまお魚まつり」も同時開催され、来場者らが福島県自慢の「常磐もの」を味わった。注目は西郷村の「メイプルサーモン」主催は、産経新聞社や東京電力などでつくる実行委員会。魚ジャパンフェスは2016年、ふくしまお魚まつりは20年にそれぞれ初めて開催され、今回で17回目となる。会場には、マグロ丼やホタテ焼き、ノドグロ塩焼き、伊勢海老、イカ焼き、カニみそ、アワビの浜焼き、アンコウ肝鍋などを売る約80のブースがずらりと立ち並んだ。能登半島地震の被害に遭った石川県七尾市の「能登かき」や、中国による輸入停止措置の影響を受けている北海道・青森県・宮城県のホタテを提供する業者も出店した。ふくしまお魚まつりのエリアでは、福島県いわき市の郷土料理である「ウニ貝焼き」や「サンマのぽーぽー焼き」のほか、築地市場などで高い評価を受けてきた「常磐もの」のノドグロとヒラメを使った漬け丼、ホッキ飯、常磐煮干し中華そば、地酒、ワインなどが売られていた。ふくしまお魚まつり...more
カテゴリー:

「カナガシラ」を使ったカレー缶、福島の老舗鮮魚店が販売開始。4代目は「地元の魅力を伝え続ける」 - 02月22日(木)17:00 

カナガシラのすり身をたっぷり使用した「SpiSea Blue」合わせて読みたい>>復興を支えた「武ちゃん」のニラレバ。いつも一緒の夫婦は「もうここから動かない」と決めた【相本啓太の福島“メシ”探訪】福島県いわき市の老舗鮮魚店「おのざき」は2月21日、未利用魚を使用したココナッツカレー缶「SpiSea Blue(スパイシーブルー)」の販売を開始した。創業100年のおのざきは、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で大きな被害を受けた福島の水産業を盛り上げるため、新しい挑戦を続けている。4代目の小野崎雄一さんが同日、東京都渋谷区のカレー店で開かれたお披露目会に参加し、「福島の浜通りは今、日本で最も“アツい”地域。おいしさを世界に発信していきたい」と意気込みを語った。カナガシラのすり身をたっぷり使用した「SpiSea Blue」創業100年「常磐ものをなくしてはならない」おのざきは1923年、雄一さんの曽祖母にあたるウメさんが10人の子どもを養うために創業し、2代目の英雄さん、3代目の幸雄さんとバトンを繋いできた。しかし、幸雄さんが3代目に就任した2年後に東日本大震災が発生。おのざきも津波で店舗が被災し、地元の水産業も原発事故で大きな被害を受けた。誰もが希望を失いそうになる中、幸雄さんはめげなかった。津波被害を免れた唯一の製造ライン「厚揚げソフトかまぼこ」を引っ提げ、首都圏のイベントに何...more
カテゴリー:

福島第一原発 廃液トラブル “重大違反のおそれあった”規制委 - 02月21日(水)15:11 

去年10月、福島第一原子力発電所で、作業員が放射性物質を含む廃液を浴びたトラブルについて、原子力規制委員会は東京電力の再発防止策を確認した上で、従業員の安全が脅かされる「重大な違反になるおそれもあった」として、改善の取り組みを継続的に確認していくこととしました。
カテゴリー:

日本の原子力専門家「汚染水放出を止め、独立的な監査機構作るべき」(ハンギョレ新聞) - 02月21日(水)13:19 

 「日本政府はひとまず放出を中断し、利害関係者が信頼できる『独立的な監査機構』を作らなければならない」  日本の福島第一原発の放射能汚染水の海洋放出から今月24日で丸6カ月になる。福島第一原発の運営
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる