「福岡市消防局」とは?

関連ニュース

こどもと「生きて助かる」ことだけを考える。防災のプロに聞く、子連れ緊急避難の心得 - 02月20日(火)07:00 

こちらもおすすめ>>「放置子には関わるな」 元当事者が注意喚起。専門家が考える、誰もつぶれない方法とはこども連れの帰省客が多く搭乗していた日航機と海保機が衝突した、2024年1月2日に発生した羽田空港での航空機事故。日本防災教育訓練センター代表理事のサニー カミヤさんは、「緊急時にこどもの健康と安全を守ることができるのは大人だけ」と話します。いつ起こるか誰にもわからない緊急事態の際の対処方法、そして、こどもと一緒の大人が忘れてはならないこととは。*2024年1月2日に発生した、羽田空港での日航機と海保機の衝突事故。元日に発生した能登半島地震に続くセンセーショナルな出来事は、社会に大きな衝撃を与えました。年始だったこともあり、こども連れの帰省客も多く搭乗していました。緊急事態の場合、大人ひとりだけでも安全に脱出することは困難を極めますが、こども連れの場合はそのハードルがさらに高まります。イメージ画像「緊急時にこどもの健康と安全を守ることができるのは大人だけ」と話すのは、元消防士で、日本防災教育訓練センター代表理事のサニー カミヤさんです。「緊急事態はいつ起こるかわかりません。さらに、状況はどんどん悪化していくことがほとんど。考えている時間はないに等しいんです。有事の際は、具体的にどのように安全行動に移すかをあらかじめ知っておくことが、生死を分けると言っても過言ではありません」こどもも...more
カテゴリー:

福岡空港近くの建物で火災 けが人なし、ガソリンスタンドに隣接 - 02月10日(土)20:54 

 10日午後6時35分ごろ、福岡市博多区西月隈で通行人男性から「炎が出て、洗車機付近で爆発音が聞こえる」と119番通報があった。火は午後7時40分ごろに鎮圧状態になった。福岡市消防局によると、けが人はいない。現場は福岡空港の敷地に隣接しているが、国土交通省福岡空港事務所によると、航空機の離着陸に影響
カテゴリー:

こんなの見てる