「福岡地裁」とは?

関連ニュース

懲戒請求された弁護士、請求者の住民票を不法行為で取得する悪行をやらかしお前らまた敗北w - 01月17日(木)09:26  poverty

 第一東京弁護士会所属の男性弁護士(71)が、ウソの利用目的を記入した申請書を使い、福岡県に住む30代男性の住民票の写しを自治体から取得していたことがわかった。  男性はこの弁護士への懲戒請求を申し立てていた。弁護士は朝日新聞の取材に対し、事実関係を認めた。  住民基本台帳法は、偽りなど不正な手段で住民票の写しの交付を受けることを禁じ、違反した場合は30万円以下の罰金が科される。  弁護士は今回の取得について、「違反するでしょうね」との認識を示した。  男性側によると、弁護士は2017年2...
»続きを読む
カテゴリー:

市民襲撃、見舞金意向 工藤会トップ「道義的責任」 - 01月11日(金)06:45 

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる2件の一般人襲撃事件を巡り、被害者側から損害賠償請求訴訟を起こされている同会トップの野村悟被告(72)=殺人罪などで起訴=が「道義的責任を感じている」とする陳述書を福岡地裁に提出していたことが判明した。陳述書では被害者らに見舞金を支払う意向
カテゴリー:

保育士殺害、無期懲役確定 福岡、検察と被告控訴せず - 01月07日(月)12:24 

 福岡市南区のアパート住人の保育士、肱岡綾音さん=当時(28)=を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職、冨士田清治被告(49)を無期懲役とした福岡地裁判決は7日までに確定した。判決は検察側の求刑通りで、検察側と被告側双方が期限の5日午前0時までに控訴しなかった。
カテゴリー:

海外公務中に市議が飲酒 北九州の市民団体が費用返還提訴へ 「実態は観光」 - 01月16日(水)05:01 

 北九州市議が昨年夏の海外視察で公務中に飲酒していた問題で、市民団体「市民オンブズマン北九州」のメンバーらは15日、参加市議8人に視察費の全額約800万円の返還請求をするよう市長に命じることを求める住民訴訟を2月にも福岡地裁に起こす方針を固めた。関係者への取材で分かった。
カテゴリー:

福岡保育士殺害 控訴せず無期懲役確定 - 01月07日(月)18:48 

 福岡市南区のアパート住人の保育士、肱岡綾音(ひじおか・あやね)さん(当時28歳)を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職、冨士田清治被告(49)を無期懲役とした福岡地裁判決が確定した。判決は検察側の求刑通りで、検察側と被告側双方が期限の5日午前0時までに控訴しなかった。
カテゴリー:

「福岡地裁」の画像

もっと見る

「福岡地裁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる