「神経科学」とは?

関連ニュース

ノーベル賞を受賞できるのは特定の科学分野ばかり。114の科学分野のうち5分野に集中 - 08月05日(水)07:08 

アメリカのスタンフォード大学は、ノーベル賞受賞の研究には分野による偏りがあったとする研究を発表したそうだ(PLoS ONE、ScienceDaily、テレ東NEWS)。 研究チームは、1995年から2017年の間に発表された6,300万本の論文を分析、物理学や生物学など各分野で色分けしてマッピングした。 その結果、受賞したのは114の科学分野のうち「素粒子物理学(14%)」、「細胞生物学(12.1%)」、「原子物理学(10.9%)」、「神経科学(10.1%)」、「分子化学(5.3%)」に集中しており、これらがノーベル賞の受賞の52.4%という半分以上を占めていたとしている。結論としては、ノーベル賞をもたらす研究は、少数の科学分野に集中しているとしている。 すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 関連ストーリー: ペンギンは1.34メートルも糞を飛ばすことができる 2020年07月09日 世界で初めてリチウムイオン電池を商品化したのはソニー、ノーベル賞受賞を逃した開発者は語る 2019年12月30日 2019年のノーベル化学賞、リチウムイオン電池を開発した米国と日本の3氏が受賞 2019年10月10日 ウォンバットがサイコロのように角ばった糞をする仕...more
カテゴリー:

人間の脳を真似た省エネ設計の機械学習アルゴリズム「e-prop」が登場! - 07月21日(火)12:11 

AIは学習の際に大きなエネルギーを消費する。これに対して人間の脳は、スーパーコンピュータ並みの処理を行っているにも関わらず、消費電力はわずか20ワット(スーパーコンピュータの100万分の1)程度だという。 ヒトのニューロン間の処理メカニズムを真似た「ニューロモーフィック・コンピューティング」を実現すべく、オーストリアのグラーツ工科大学の研究者らは、分散型の機械学習アルゴリズム「e-prop」を開発した。 同研究は、EUの資金提供で進められる神経科学とコンピューティングの研究プロジェクト「Human Brain Project」の一環だ。 分散型アプローチで脳の処理を模倣 脳では、ニューロン同士が電気信号(スパイク)をやりとりして演算処理が行われている。スパイクやりとりの頻度は必要最低限に抑えられ、これが消費エネルギーの節約につながっているという。研究者らは、この原理を機械学習アルゴリズムに取り入れている。 以前にも同様のアプローチは考案されていたが、ストレージ容量を圧迫するなどの問題からうまくいかなかったようだ。e-propでは、分散型アプローチをとることでニューロン間の処理の模倣に成功。エネルギー消費を抑えつつ、既存の機械学習アプローチと同程度のパフォーマンスを発揮するとのこと。 完全オンラインで動作 現在使用されている機械学習アプローチの多くでは、数ステップごとにネットワークの...more
カテゴリー:

オックスフォード大学「早起きすると寿命が縮む!6時前に起きるのは(・A・)イクナイ!!」 - 07月29日(水)06:19  poverty

「早起き」すると寿命が縮む! オックスフォード大の研究で判明 心筋梗塞、脳卒中、糖尿病のリスク倍増 早起きは健康である──誰もが信じきっていた通説を覆す研究発表が全世界で話題だ。 そこに示されていたのは早起きによって起こる病気の数々。一流学者が本誌に語った、驚くべき「睡眠の新常識」。 体にも心にも悪い 「『早起き』が健康に良いものだと思っているのならば、それは大きな間違いです。朝6時に起きて、 日課のジョギングを1時間ほどこなしてから、余裕をもって会社に向かい、9時から仕事に取りかかる。 誰もが...
»続きを読む
カテゴリー:

「神経科学」の画像

もっと見る

「神経科学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる