「神経科学」とは?

関連ニュース

唯一無二の奇才フローティング・ポインツが人気パーティ<KEWL>2周年に登場 - 11月19日(火)16:00 

数万枚とも言われる膨大なレコードコレクションを持つDJであり、モジュラーシンセをこよなく愛し、バンドを率いて砂漠でレコーディングを行うプロデューサーであり、神経科学の博士号までをも持つエレクトロニックミュージックシ...
カテゴリー:

カンナビノイド及び大麻を研究テーマにする研究者の支援に学術論文投稿支援を追加しました - 11月08日(金)16:00 

日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)は、今月11月1日からカンナビノイド成分及び大麻植物の医療利用に関する日本在住の研究者への研究支援を拡充しました。カンナビノイドとは、大麻植物に含まれる100種類以上の特異成分であり、1990年代に内因性カンナビノイド・システムの発見によって神経及び免疫等の体内調節に重要な役割があることが解明されつつあり、この分野での研究が急速に進展しています。例えば、米国立医学図書館(National Library of Medicine)が作成している医学文献データベース「PubMed(パブメド)」では、“カンナビノイド”で検索すると、2008年以降、毎年1000件以上の学術論文が出版されていることがわかります。しかし、我が国では、1948年の大麻取締法による規制のため、海外で承認された大麻由来の医薬品輸入が禁止されており、ごく一部の薬学部を除いて、該当分野の研究があまり進展していません。また、マリファナ事犯に対するマスコミ報道による影響により、大麻研究に手を出しにくい研究環境下にあります。一方で、内因性カンナビノイドに関する基礎研究は、大麻由来のカンナビノイドの取り扱うための大麻研究者免許が不要なため、比較的自由に研究ができます。例えば、日本学術振興会が実施している競争的研究資金「科研費」では、“カンナビノイド”で検索すると、2010年以降、259...more
カテゴリー:

米国研究製薬工業協会(PhRMA) 理事会次期会長と財務担当者を選任 - 11月05日(火)15:00 

2019年11月5日米国研究製薬工業協会※当資料は、米国研究製薬工業協会米国本部が、現地時間2019年10月16日に発表した報道資料を日本で抄訳したものです。ワシントンD.C.、2019年10月16日:米国研究製薬工業協会(PhRMA)は本日、理事会のメンバーを新たに選出。イーライリリー・アンド・カンパニー会長兼CEOのディヴィッド・リックス(David Ricks)が次期会長、そして武田ファーマシューティカルズUSA社長のラモナ・セケイラ(Ramona Sequeira)が理事会財務担当責任者に、それぞれ選任されました。理事会会長には先月、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社取締役会会長兼CEOのジョバンニ・カフォリオ博士が就任しています。PhRMAの理事長兼CEOであるスティーブン・J・ユーブルは次のように述べています。「PhRMA理事会の要職にリックス氏とセケイラ氏を新たに迎えることができ、とても嬉しく思います。両名ともリーダーシップが高く評価されている逸材であり、その専門的知識と経験は、PhRMAが政策立案者やステークホルダーと協力して、医療におけるイノベーションを実現し、患者さんのアクセスを確実にするための政策を実現する上で、計り知れない貢献を果たしてくれることでしょう」リックスは2017年1月1日にイーライリリー・アンド・カンパニーの最高経営責任者に、同年6月1日に本社取...more
カテゴリー:

【脳科学】コロンビアの女性だけが持つ、アルツハイマー病を防ぐ特別なゲノム - 11月05日(火)04:00  newsplus

2016年、コロンビアのメデリン出身の73歳の女性がボストンに飛びました。 だもんで、研究者は脳をスキャンし、血液を分析し、ゲノムを調べることができました。 彼女は、家族の多くが中年期に認知症を発症させた遺伝的変異を保有していました。 しかし、何十年もの間、彼女は病気を避けていました。 研究者たちは、もう一つの珍しい突然変異、これは有名なアルツハイマー病のリスク遺伝子APOEにあるものが彼女を保護したかもしれないと報告しています。 彼らはこの突然変異だけでは病気を食い止めることができない。しかし、こ...
»続きを読む
カテゴリー:

研究者「サッカーのヘディングは馬鹿になる上に、下手すると死ぬ。」 - 11月02日(土)13:17  poverty

サッカーのヘディング、脳の機能や記憶力に大きく影響 英研究 サッカーのヘディングは脳の機能や記憶力に大きな影響を与えるとする研究結果を、 英スコットランド(Scotland)スターリング大学(University of Stirling)の研究チームが発表した。 学術誌「EBioMedicine」に掲載された研究によると、ヘディングをした直後の選手の記憶力は、41~67%低下したという。 その影響は24時間が経過すると徐々に消えた。 今回の研究は、脳振とうなどの脳外傷ではなく、サッカー選手が日々頭部に受けている衝撃が、 直後に脳へ与える影...
»続きを読む
カテゴリー:

フェイクニュースが持つ「人々の注目を集め、偽の記憶を形成する」仕組みとは? - 11月18日(月)16:20 

近年は画像・映像のテクノロジーが発達し、簡単に「本物と見間違うようなうそのニュース」が作れてしまうことから、フェイクニュースが民主主義を破壊しかねないと危険視されています。とはいっても、「フェイクニュースに自分の意志が左右されるはずがない」と考えている人も多いはずです。そこで、カナダのラヴァル大学で神経科学を研究するRachel Anne Barr氏が、いかにフェイクニュースが脳に大きな影響を及ぼすかを解説しています。
カテゴリー:

脳内チップでオピオイド依存と闘う米国初の臨床試験が始まる - 11月06日(水)12:00 

オピオイド(医療用合成麻酔薬の一種)依存は米国が直面する深刻な健康問題であり、効果的といえる緩和方法は見つかっていない。しかし、ウェストバージニア大学ロックフェラー神経科学研究所(RNI)とウェストバージニア大学医学校(WVU)の研究者らは、他の有効な治療方法がない症例において、脳内埋込み技術を使ってオピオイド依存を抑制する方法の臨床試験を開始する。 RNIとWVUによる神経外科チームは「脳深部刺激」(DBS)装置と呼ばれるチップを、最初の被験者である33歳男性の脳に埋め込むことに成功した。DBS装置は小さな電極の集まりからなり、脳内の依存や自己制御行動に関連があるとされる部分に接続される。 DBSは、理論的には、関連する刺激を送り込むことで依存症状を抑制するとともに、患者の欲求をリアルタイムで監視することによって、治療抵抗性オピオイド依存症で起きていることを研究するための貴重なデータを提供する。 オピオイド依存は、2017年にウェストバージニア州で10万人中49.6人の死亡原因だったとWVUは指摘する。これは、オピオイド関連死の比率として米国で最大の数値だ。ほかに侵襲性の低い治療方法もあり、Codaというスタートアップが開発している慢性患者の鎮痛に用いられる代替オピオイドもその1つだ。しかし、既存の患者、特に他の有効な治療方法がないオピオイド依存患者の大半は、DBSのような最先端...more
カテゴリー:

僕、162センチ145キログラム凄くデブってしまう。 動くのもしんどいんだがどうすりゃいいんだよ? 死にたくない - 11月05日(火)08:20  poverty

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLC64482LC6UBQU009.html 「糖分が欲しい」欲求抑える脳の仕組み、一部が明らかに  研究の中心を担った群大生体調節研究所の佐々木努准教授(神経科学)らの研究グループは、5年前から糖に対する意識下の欲求の仕組みを調べた。細胞実験や、実験用のネズミに普通のエサと糖分の多いエサを食べ比べさせるなどの実験をした。  この結果、①糖分を摂取したときに肝臓から分泌されるホルモン「FGF21」が、脳の視床下部の神経から生じる神経伝達物質「オキシトシン」に作用し、糖への欲求...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】「空腹は最上の調味料」本当だった 生理学研が実証研究 - 11月04日(月)18:50  newsplus

 空腹にまずいものなし――。生理学研究所(愛知県岡崎市)の中島健一朗准教授(神経科学)らのグループが、空腹時に味覚を調節する神経系をマウスの脳内で発見したと発表した。空腹時に味の感じ方や好みが変わるのは知られていたが、その仕組みは明らかになっていなかったという。  研究グループは、脳の中枢にある「AgRP神経」が空腹時に活性化し、食欲をわかせる仕組みに着目した。この神経が味覚にどう影響しているかを調べるため、ヒトと味覚の感覚が近いというマウスを使用。脳の神経を光で刺激し、人工的に空腹状態にした。...
»続きを読む
カテゴリー:

「神経科学」の画像

もっと見る

「神経科学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる