「社会インフラ」とは?

関連ニュース

コロナ禍から新しい日常に向けた取り組みを西武鉄道に聞く。時差通勤の呼びかけは大きな効果 - 05月26日(火)08:00 

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の外出自粛が求められている一方、緊急事態宣言の解除を受けて、社会インフラの維持継続などさまざまな理由で移動の必要に迫られる人もいるはず。
カテゴリー:

Uber Eats配達員って儲かるの? - 05月25日(月)10:30  poverty

四角い箱を背負って都心を駆け抜ける自転車男たちの姿は、東京ではコロナ禍におけるおなじみの光景となった。 レストランの料理を宅配する「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスはいまや社会インフラだが、一方で配達員の事故や冷遇など過酷な労働環境が問題視されている。 中国でホストクラブ勤務や「テーマパークの着ぐるみの“中の人”」など様々な職業体験をルポしたライター・西谷格氏が、 「ウーバー配達員」を新たな潜入先に選んだ。 新型コロナの影響は出版業界も例外ではなく、私のライター仕事も発注が芳しくない。...
»続きを読む
カテゴリー:

飽和状態の日本のコンビニ、「コロナ後」に大きく変わる可能性=中国メディア  - 05月24日(日)17:43  newsplus

2020-05-24 13:12  中国メディア・東方網は22日、「本当にコンビニエンス(便利)」として中国でも知られている日本のコンビニエンスストアが、新型コロナウイルスの感染拡大によって変革期を迎える可能性があると報じた。  記事は、今や日本を代表する小売業態であるコンビニが、新型ウイルスの影響を受け、スーパーマーケットやドラッグストア以上に厳しい状況に立たされているとし、コンビニ1店舗当たりの来客数がウイルス感染拡大前に比べて100人ほど減っているとのデータがあると紹介。社会インフラ機能を持つコンビ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロジネットジャパン/グループ従業員に総額5000万円の特別手当 - 05月22日(金)14:26 

ロジネットジャパンは5月22日、国民生活や経済活動を支える重要な社会インフラとして、緊急事態宣言下においても物流事業を維持するため現場の最前線で勤務している従業員に対して、新型コロナウイルスに関する会社施策の一環として、 […]
カテゴリー:

検査延期、工事中断…原発にもコロナ禍の影響 作業員の半数が県外、対策も「ゼロリスク」難しく - 05月22日(金)01:00 

 新型コロナウイルスの感染拡大は原子力発電所の運営にも影響を与えている。関西電力は、5月8日から予定していた大飯原発3号機(福井県おおい町)の定期点検を直前になって延期した。政府の緊急事態宣言下に県外から多くの作業員が訪れ、感染リスクが高まるおそれを考慮した。ほかの電力会社では、作業員の感染によって工事が中断した例も。社会、経済活動を支える社会インフラの「発電」にも新型コロナ禍の影響が及んでいる。
カテゴリー:

Uber Eats配達員って儲かるの? 仕事激減ライターが挑戦 - 05月25日(月)14:10 

 四角い箱を背負って都心を駆け抜ける自転車男たちの姿は、東京ではコロナ禍におけるおなじみの光景となった。レストランの料理を宅配する「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスはいまや社会インフラだが、一方で配達員の事故や冷遇など過酷な労働環境が問題視されている。中国でホストクラブ勤務や「テーマパークの着ぐるみの“中の人”」など様々な職業体験をルポしたライター・西谷格氏が、「ウーバー配達員」を新たな潜入先に選んだ。
カテゴリー:

【eco最前線を聞く】被災建物予測サイト、迅速救助に一役 - 05月25日(月)06:03 

 あいおいニッセイ同和損害保険は、横浜国立大、エーオンベンフィールドジャパンと共同で、自然災害発生時における被災建物予測棟数を市区町村ごとにリアルタイムで予測し、地図上に表示するウェブサイト「cmap.dev(シーマップ)」を開設した。被災規模の早期把握や迅速な救助・支援活動に貢献する。公開してから約1年経過し、地方自治体や社会インフラ企業、メーカー、商社などがBCP(事業継続計画)策定などに活用している。このプロジェクトの責任者を務めたあいおいニッセイ同和の佐藤満理事損害サービス業務部長に課題や今後の展開などを聞いた。
カテゴリー:

【コロナと働き方】拡大するテレワーク格差、中小企業の働き方改革に立ちはだかる壁 - 05月24日(日)06:37  newsplus

 新型コロナウイルス感染拡大により、大企業を中心に多くの企業が在宅勤務に切り替えた。一方で業務の都合上、あるいは会社の制度、ICT(情報通信技術)環境の問題などでやむを得ず出勤する人もいる。在宅勤務の急速な普及の裏で見えてきた課題とは何か。また、しばらくは3密を避けようという「嫌密」の傾向が続くと考えられる中、企業や組織は在宅勤務を続けることができるのか。現状と課題を追った。(ダイヤモンド編集部 笠原里穂) ● 感染リスクと戦い 出勤する人の胸の内  「人と人との接触を最低7割、極力8割減らす...
»続きを読む
カテゴリー:

2020年度に完全復活を期する東芝。15年の経.. - 05月22日(金)10:37 

2020年度に完全復活を期する東芝。15年の経営危機から脱すべく構造改革を断行し、社会インフラ事業を軸に再建。東証1部への復帰が改革への総仕上げとなります。車谷暢昭社長に現状と今後の展望を聞きました。
カテゴリー:

コロナ禍の間に、要りもしないガラクタを買うための「クソくだらない仕事」を見直せ - 05月19日(火)15:31 

コロナでも休めない業種=意味ある仕事  コロナ禍で様々な業種がテレワークなどになったり、休業になったりしている。一方、休めない方々もたくさんいる。社会インフラを維持継続するために働く方々だ。  医療従事者、介護従事者、運 […]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「社会インフラ」の画像

もっと見る

「社会インフラ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる