「社アンケート」とは?

関連ニュース

景気「横ばい」最多41% 主要118社アンケート 「拡大」ゼロ - 01月07日(火)05:00 

 2020年度の国内経済は“踊り場”局面になるとの認識が企業の間で広がっている。フジサンケイビジネスアイが昨年末にかけて実施した主要118社アンケートでは、東京五輪後の関連需要の剥落や消費税増税による購買意欲の減退を背景に、景気が横ばいにとどまるとの回答が41%と最多を占めた。本格的な回復時期が21年度以降に後ずれするとの声も多く、米中貿易摩擦を始めとした不透明な海外経済との「内憂外患」が続きそうだ。
カテゴリー:

香港問題、日本政府は行動すべき10% 118社アンケート - 01月07日(火)05:00 

アンケートでは海外情勢への見解も尋ねた。民主化デモが激化する香港情勢について、中国政府に平和的解決を要請するなど日本政府が主体的な行動を取るべきだと思うかとの問…
カテゴリー:

新春企業アンケート 香港問題、日本政府に積極関与求める声は1割 - 01月06日(月)18:21 

 今年、中国の習近平国家主席の国賓としての来日を控える中、産経新聞の主要118社アンケートではアジアの中核的な金融センターである香港情勢などへの見解も尋ねた。民主化デモが激化する香港について、中国政府に平和的解決を要請するなど日本政府が主体的な行動を取るべきだと思うかとの問い対し、「そう思う」との回答は10%にとどまった。
カテゴリー:

国内景気は「踊り場」局面 令和2年度 主要企業アンケート - 01月06日(月)16:33 

 令和2年度の国内経済は“踊り場”局面になるとの認識が企業の間で広がっている。産経新聞の主要118社アンケートでは、東京五輪後の関連需要の剥落や消費税増税による購買意欲の減退を背景に、景気が横ばいに止まるとの回答が41%と最多を占めた。本格的な回復時期は3年度以降に後ずれするとの声も多い。
カテゴリー:

【新春企業アンケート】国内景気は「踊り場」局面 令和2年度 主要企業アンケート - 01月06日(月)16:13 

 令和2年度の国内経済は“踊り場”局面になるとの認識が企業の間で広がっている。産経新聞の主要118社アンケートでは、東京五輪後の関連需要の剥落や消費税増税による購買意欲の減退を背景に、景気が横ばいに止まるとの回答が41%と最多を占めた。本格的な回復時期は3年度以降に後ずれするとの声も多い。
カテゴリー:

災害への備え実施93% 118社アンケート - 01月07日(火)05:00 

昨年9~10月に発生した台風15号、19号などの自然災害により業績や経営に影響があったと回答した企業は半数以上の57社に上り、経済活動への被害の大きさを改めて印…
カテゴリー:

円高予想35%、株高は28% 米中など不透明さ警戒 118社アンケート - 01月07日(火)05:00 

2020年の東京市場は中東情勢への懸念が強まり、円高株安で幕を開けた。フジサンケイビジネスアイの主要118社アンケートでは、今年の金融市場展望を尋ねたところ、為…
カテゴリー:

国内外の「内憂外患」続く 「円高」予想3割 政府の経済対策期待大きく - 01月06日(月)16:45 

 令和2年の東京市場は中東情勢への懸念が強まり、円高株安で幕を開けた。産経新聞の主要118社アンケートでは、国内経済は踊り場局面になるとの認識が広がる一方、金融市場では、米中貿易摩擦や米国とイランの軍事衝突の恐れなど不透明な海外経済を懸念する声が高まっている。国内企業の「内憂外患」は続きそうだ。
カテゴリー:

【新春企業アンケート】国内外の「内憂外患」続く 「円高」予想3割 政府の経済対策期待大きく - 01月06日(月)16:25 

 令和2年の東京市場は中東情勢への懸念が強まり、円高株安で幕を開けた。産経新聞の主要118社アンケートでは、国内経済は踊り場局面になるとの認識が広がる一方、金融市場では、米中貿易摩擦や米国とイランの軍事衝突の恐れなど不透明な海外経済を懸念する声が高まっている。国内企業の「内憂外患」は続きそうだ。
カテゴリー:

<全国主要113社アンケート>回答企業一覧 - 01月03日(金)08:00 

アンケートに回答した113社は次の通り。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「社アンケート」の画像

もっと見る

「社アンケート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる