「研究開発」とは?

関連ニュース

暗号資産で変わる資金調達。新たな手法と会計処理について解説 - 11月25日(水)22:16 

今回は、著者である田上智裕氏(@tomohiro_tagami)がAaveから資金調達を行った際の実体験を踏まえ、暗号資産による資金調達や会計処理について解説していただきました。 目次 暗号資産による資金調達方法 1-1. ICOによる調達 1-2. STOによる調達 1-3. グラントによる調達 暗号資産の勘定科目 2-1. 売上に計上される場合 2-2. 雑収入に計上される場合 2-3. 負債に計上される場合 その他の考慮事項 3-1. 時価、簿価の計算 3-2. ステーブルコイン、NFTの取り扱い 3-3. ガバナンストークン、ステーキング、ロックドロップの取り扱い まとめ 暗号資産の登場により、法定通貨以外の新たな経済圏が誕生しました。これまでの法規制や税制、会計処理などが当てはまらず、今まさに急ピッチで整備が進められています。 本記事では、その中でも特に複雑な会計処理に焦点を当て、暗号資産による資金調達をテーマに考察していきます。 筆者の経営する会社では、一般的な株式による調達に加え、2020年10月に暗号資産を使った海外からの調達を実施しました。机上の空論ではなく、実体験に基づいた考察を述べていきたいと思います。 暗号資産による資金調達方法 暗号資産は文字通り資産であるため、それによって事業を立ち上げるための資金を調達することができます。今後ますますグローバル化が進...more
カテゴリー:

製造現場を支える無線システムの安定化技術の実験に成功 - 11月25日(水)14:00 

2020年11月25日 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)   ポイント ■ NICTとトヨタ自動車は稼働中の工場で、無線可視化など無線システムの安定化技術の実験に成功 ■ 無線の可視化技術をトヨタ自動車の稼働中の組立ラインで検証、登録外端末の持込み検出を実現 ■ SRF無線プラットフォームによる異種システム協調制御を検証、突発的な無線混雑の回避を実現    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)とトヨタ自動車株式会社は、製造現場を支える無線システムの安定化技術の実験に成功し、“止まらないライン”を実現しました。  “止まらないライン”は、無線の可視化によって登録外の端末の持込みを検出し、計画外の無線の混雑を抑制することと、それでも発生してしまう突発的な干渉を異種システム協調制御によって回避することで、実現できます。今回、これらの技術を2か所の稼働中のトヨタ自動車の工場において、それぞれ実証しました。 ・トヨタ自動車高岡工場における実証: NICTが開発した無線環境のリアルタイム可視化技術の検証を、実際に稼働中の組立ラインで実施し、製造ラインの無線システムに影響を及ぼす前に登録外端末を検出できることを確認しました。 ・トヨタ自動車元町工場における実証: NICTが開発した...more
カテゴリー:

A&Dは、自動車関連試験機(計測・制御・シミュレーション)のドライブプレートトルク計の精度向上と短納期化への取り組みをご紹介する無料ウェビナーを開催いたします。 - 11月25日(水)11:00 

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、自動車関連試験機(計測・制御・シミュレーション)のドライブプレートトルク計の精度向上と短納期化への取り組みをご紹介する無料ウェビナーを開催いたします。【1.ウェビナーのテーマ・概要】●テーマ ドライブプレートトルク計の精度向上と短納期化活動●講師 株式会社エー・アンド・デイ 第2設計開発本部  浅見 勇太●概要 車両開発において、エンジンとトランスミッションの切り分けを行うために、高精度のドライブプレート トルク計が求められています。 また、車両評価の期間を短縮するために、打ち合わせから納入までの短納期化が求められています。 本ウェビナーでは、高精度のドライブプレートトルク計を短納期で納めるために弊社が行っている活動に ついてご紹介いたします。【お申込みはこちらから】https://share.hsforms.com/1TC_0b6KdRLaTnhmW8d8mEQ2c9b8?webinar【2.ウェビナー開催日時・場所・参加費】●日時 2020年11月30日(月)13:30~14:00●開催場所 オンライン(Zoomウェビナー) ・お申込み後にZoomアプリケーションのインストールを要求される場合がありますが、パソコンを  ご利用の場合はZoomアプリケーションをインストールせず、Webブラウザ...more
カテゴリー:

世界最高クラスの電力密度、1.2 kW/LのV2X対応車載充電器を開発 - 11月25日(水)09:00 

     ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:小野 有理)グループのダイヤモンド電機と田淵電機は、1.2 kW/L*1と世界最高クラス*2の電力密度のV2X (Vehicle-to-X, XはL: Load, H: Home, G: Grid)対応の7.4 kW車載充電器を開発しました。本製品により、電気自動車(EV, PHEV)の蓄電池を活用して系統の安定化や災害時の非常用電源機能やピークシフト、ピークカットを実現します。V2G市場で先行するアメリカ市場で必要とされる製品規格UL 9741にも準拠することで、電気自動車への搭載を容易にします。    温暖化対策として電気自動車や再生エネルギーが普及拡大することで、電力系統の不安定化が懸念されております。そこで、電気自動車の蓄電池から系統に放電し系統安定化を図るV2G (Vehicle-to-Grid)が次世代技術として期待されております。同時に、電気自動車の蓄電池を災害時の非常用電源として活用する、V2H (Vehicle-to-Home、家全体をバックアップ)やV2L (Vehicle-to-Load、接続した負荷・家電のみ給電)も近年注目されております。V2G, V2H, V2Lを総称するV2Xでは系統連系可能な車載充電器が重要です。    そこで、...more
カテゴリー:

中国企業、約2476億円で独に車載電池工場 - 11月25日(水)08:42 

 ドイツ貿易・投資振興機関(GTAI)によると、中国の車載用電池メーカー、蜂巣能源科技がドイツに欧州電池生産基地と欧州研究開発センターを建設する。投資総額は20億ユーロ(約2476億円)に達し、完成後はリチウムイオン電池の年間生産能力が電気自動車(EV)30万~50万台分となる24ギガワット時を超え、2000人の雇用を創出する見通し。同社の本社は江蘇省常州市にあり、次世代電池の材料やセル、モジュール、電池パック、BMS(バッテリーマネジメントシステム)、蓄電および太陽光発電技術の研究開発、製造に力を入れている。2020年までの研究開発投資額は約30億元(約477億円)で、25年までに世界におけ…
カテゴリー:

おまえらの好きな大気圏突入シーン - 11月25日(水)21:34  news

はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA 毎日新聞 2020/11/24 06:00  小惑星探査機「はやぶさ2」が地球へ帰還するのに合わせ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星リュウグウの物質が入っているカプセルが大気圏へ進入し、光りながら地上へ届く「火球」の眺めを体感できるアプリを公開した。帰還まで約2週間と迫る中、新型コロナウイルスの流行で、カプセルが着地するオーストラリアへの入国が厳しく制限されており、一般の宇宙ファンは現地に入れない。そこでJAXAは「日本でもどこでも、火...
»続きを読む
カテゴリー:

A&Dは、わずかな変動も見逃さない高い計量精度と株式会社タニタの「タニタアルゴリズム」を組み合わせた、A&D Connectシリーズ 家庭用体組成計「UC-421BLE」を新発売いたします。 - 11月25日(水)13:00 

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、医療施設向け体重計やマイクロ(ミクロ)電子天びんなどの開発により培ってきた高い計量精度と、業務提携先の株式会社タニタの「タニタアルゴリズム」を組み合わせた家庭用体組成計「UC-421BLE」を新発売いたします。【1.家庭用体組成計「UC-421BLE」のコアテクノロジー】「医療機関で求められる厳格な精度」、「研究機関で求められる精密な分解能」、これらの経験と実績により培ってきたA&Dの高度な計量技術が、UC-421BLEのコアテクノロジーです。【2.「タニタアルゴリズム」】A&Dは、2020年2月に株式会社タニタと健康計測機器分野で業務提携し、UC-421BLEには豊富なエビデンスに基づく同社の「タニタアルゴリズム」を搭載しています。体組成計で測定する数値は推定値であり、推定式はメーカーごとに異なるため、測定結果に差異があります。A&Dとタニタが協業することにより、日本発の技術標準を確立し、グローバルスタンダードの構築を目指しています。 ■A&Dと株式会社タニタとの業務提携発表のニュースリリースはこちらhttps://www.aandd.co.jp/pdf_storage/whatsnew/2020/0219_healthcare/newsrelease_20200219_healthcare....more
カテゴリー:

A&Dは、自動車関連試験機(計測・制御・シミュレーション)のラインナップの中から、バッテリHILSをご紹介する無料ウェビナーを開催いたします。 - 11月25日(水)10:30 

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、自動車関連試験機(計測・制御・シミュレーション)のラインナップの中から、バッテリHILSをご紹介する無料ウェビナーを開催いたします。【1.ウェビナーのテーマ・概要】●テーマ バッテリHILSのご紹介●講師 株式会社エー・アンド・デイ 第2設計開発本部  山口 美奈子●概要 ますます加速している自動車の電動化において、重要なのはバッテリー制御を行うBMS(Battery  Mnagement System)の開発です。 バッテリHILSは、BMSの制御ロジックの開発・検証を行うHILSシステムです。サードパーティ製バッテ リモデルに対応しており、モデルの組み合わせからBMSをHILSに接続するまでのシステム構築エンジニア リングにより、納入後すぐに稼働できるターンキーシステムをご提供いたします。 本ウェビナーでは、バッテリHILSの機能についてご紹介させていただきます。【お申込みはこちらから】https://share.hsforms.com/10ZJ4FZGQTm2vD89xFP9nVw2c9b8?webinar 【2.ウェビナー開催日時・場所・参加費】●日時 2020年11月30日(月)11:00~11:30●開催場所 オンライン(Zoomウェビナー) ・お申込み後にZoomアプリケーションの...more
カテゴリー:

PD---米国ヤンセンファーマ社との創薬共同研究開発でマイルストーン達成 - 最新株式ニュース - 11月25日(水)08:58 

<4587>  PD  4850  0米国ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下ヤンセンファーマシューティカルグループ企業の一つである米国ヤンセンファーマシューティカルインクとの間で進行中の創薬共同研究開発プログラムにおいて、2つ目のプログラムが、共同研究開発先と合意している生物活性及び物性等の基準を達成し、共同研究・ライセンス契約に基づきマイルストーンフィーを受領することを発表。金額は非開示であるが
カテゴリー:

【悲報】 中国、2兆円かけて作った新型半導体工場が破産、崩壊 「日米の製造装置が規制され影響」 - 11月24日(火)23:51  news

China’s semiconductor dream takes a hit as local authority takes over ‘nightmare’ Wuhan factory 元最高経営責任者のChiangShang-yi氏は、200億米ドルの工場建設計画が遅れた後、HSMCでの経験を「悪夢」と表現しました。 7月の報告によると、HSMCの主要な生産施設と39万平方メートル(410万平方フィート)以上をカバーする研究開発ビルを含むフェーズ1の工場は部分的に完成しましたが、フェーズ2の施設の建設はほとんど始まっていませんでした。 HSMCに関する地方政府の計画は、その開発および債務を含め、依然として不明確で...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「研究開発」の画像

もっと見る

「研究開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる