「研究開発」とは?

関連ニュース

ながさきへの移住の「見方」を知り、 ながさきへの移住を「味方」と一緒に進めよう! 1on1移住相談会in福岡 2月25日 (土)開催 - 02月07日(火)13:30 

長崎県と、長崎県全21市町が協働運営する、ながさき移住サポートセンターは、長崎県への移住を考えている方向けに、移住相談員や、就職支援員に個別相談ができる「1on1移住相談会」を令和5年2月25日(土)博多バスターミナルの第6ホールにて開催いたします。完全予約制にて、長崎での暮らしに関するさまざまな疑問を、ながさき移住サポートセンターのスタッフと一緒に考え解決する新しいスタイルの相談会です。「1on1移住相談会」in福岡◆会場 博多バスターミナル貸ホール 第6ホール(福岡市博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナル9階)◆日時 令和5年2月25日(土) 12:00~17:00 ※参加無料・完全予約制(長時間の”密”を避けるため、相談時間は1組(1枠)最大45分といたします)◆ご相談内容 ・それぞれの市町の暮らし・就職、転職相談◆お申込み方法 「ながさき移住ナビ」サイトから空き状況をご確認のうえ、応募フォームよりお申し込みください。 https://nagasaki-iju.jp/event/archives/58◆お申込み締切  令和5年2月20日(月)正午まで◆お問い合わせ  ながさき移住サポートセンター(長崎本部) 担当:尾﨑・手嶋 TEL/095-894-3581  mail/ iju@pref.nagasaki.lg.jp※本相談会への参加は【ながさき移住倶楽部】への登録が必...more
カテゴリー:

きこえない人ときこえる人の双方向コミュニケーションを可能にする AI手話翻訳の実証実験を札幌市で開始 - 02月07日(火)11:30 

2023年2月7日 きこえない人ときこえる人の双方向コミュニケーションを可能にするAI手話翻訳サービスの実証実験を札幌市で開始 ~産官学連携で言葉のバリアフリー化を目指す~   BIPROGYは、札幌市、Sapporo AI Lab※1、北海道大学、札幌聴覚障害者協会と、「ろう者※2ときこえる人の言葉のバリアフリー化」実現を目指し、AI手話翻訳サービスの実証実験を札幌市で開始します。 AI手話翻訳サービスは、ろう者ときこえる人が直接コミュニケーションできるAI技術(ディープラーニング)を活用したサービスです。本実証実験では、自治体や店舗の窓口業務においてろう者の応対サポートでのAI手話翻訳サービスの有効性を確認し、ろう者の社会進出支援につなげます。 ※1:札幌市が事務局を務める産学官連携組織「札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム」の専門部会。AI関連技術を活用したビジネス創出や人材の確保・育成等を目的とする。 ※2:耳がきこえなく、手話を使える人のこと 【背景】 ろう者の社会進出には、ろう者ときこえる人との間の円滑なコミュニケーションが不可欠です。しかし、手話通訳士の人手不足やきこえる人の手話の普及率の低さなど、ろう者ときこえる人との双方向のコミュニケーションの手段の拡充が課題となっています。 BIPROGYはろ...more
カテゴリー:

NFTの決済インフラ「Hokusai Payment」について解説 - 02月07日(火)11:02 

今回は、Hokusai Paymentについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。 目次 「Hokusai Payment」とは 1-1.「Hokusai Payment」の概要 1-2.「Hokusai Payment」誕生の背景 モノバンドル株式会社とは 2-1.「Tweet to Earn」モデルを採用 2-2.モノバンドル株式会社の概要 2-3.モノバンドル株式会社の事業内容 SBペイメントサービス株式会社(SBPS)とは 3-1.SBペイメントサービス株式会社(SBPS)の概要 3-2.SBペイメントサービス株式会社(SBPS)の事業内容 Hokusai Paymentの特徴 4-1.クレジットカード決済が可能である 4-2.AI不正検知が無料で導入可能である まとめ 22年12月1日、ブロックチェーン関連会社であるモノバンドル株式会社とソフトバンク株式会社の子会社として知られるSBペイメントサービス株式会社(SBPS)は、「Hokusai Payment(ホクサイペイメント)」と呼ばれる決済インフラの提供をスタートすることを明らかにしました。 発表によると、Ho...more
カテゴリー:

生鮮流通のDX「ukabis」で変わる食の未来 / スマートフードチェーン シンポジウム 2023 - 02月07日(火)10:00 

2023年2月7日 ukabis運営事務局 報道関係者各位   生鮮流通のDX「ukabis」で変わる食の未来 スマートフードチェーンシンポジウム 2023 吟詠家、松葉朋実さんが和歌を披露 3月9日、慶應義塾大学三田キャンパスとオンライン配信のハイブリッド開催   戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「スマートバイオ産業・農業基盤技術 」は、3月9日(木)に「スマートフードチェーンシンポジウム 2023」を会場開催とオンライン配信のハイブリッドで開催します。 食の循環の最適化を加速させる協調領域のデータ連携プラットフォームとして構築した「ukabis 」の5年間の研究開発の集大成を成果報告する当シンポジウムのオープニングには、日本吟剣詩舞振興会選抜の吟詠スーパーチーム所属の松葉朋実さんが、YouTubeで話題の「ukabis 和歌シリーズ」を披露し、華やかに幕開けを飾ります。       【松葉朋実さんのプロフィール】 松葉 朋実 大阪府出身、モデル及び女優。 POLA基礎化粧品CMモデル等で活躍。 幼少から学ぶ詩吟(吟詠)で公益財団法人日本吟剣詩舞振興会 主催のコンクール青年の部で全国優勝。 同振興会選抜の吟詠スーパーチームに所属。 ...more
カテゴリー:

アカディアンプラントヘルス(TM)が新ブランドビジョンを発表、持続可能な世界の食糧生産を支援する迅速かつ革新的なソリューションの提供へ - 02月07日(火)09:30 

ダートマス、ノバスコシア州, 2023年2月6日 /PRNewswire/ -- 本日、アカディアンプラントヘルス(TM)(Acadian Plant HealthTM)は同社の新しいブランドビジョン、「シービヨンド(Sea Beyond)」を発表しました。これは、技術的解決策によりバイオスティミュラント産業を変革し、気候変動により多大なストレスを受けている農業生産システムを支援することを目的としたものです。アカディアンプラントヘルスのネルソン・ギブソン社長は、「このシービヨンド(Sea Beyond) は私たちの新しいビジョン、リーダーシップ、および取り組みを示すものであり、世界の農業に革新的でサステナブルな解決策を提供しようというものです」と述べ、また「私たちは、従来の考え方に挑戦的です。世界中で高まる食品と気候ストレスへのニーズに対し、バイオスティミュラント産業が農業のソリューションを提供することを シービヨンド(Sea Beyond)として掲げ、その実現に取り組んでいます」と述べています。 この発表は、世界のバイオスティミュラント部門における同社の指導的立場に基づき、特許取得済みの海藻コア技術により作物に対する非生物的ストレスを管理するリーディングカンパニーになろうという意思を表明するものです。アカディアンプラントヘルス(Acadian Plant Health )...more
カテゴリー:

免疫生物研究所---ストップ高、23年3月期第3四半期は営業黒字に転換、主力製品の販売増加 - 最新株式ニュース - 02月07日(火)13:15 

<4570>  免疫生物研究所  407カ  +80ストップ高。23年3月期第3四半期累計(22年4-12月)の営業損益を0.18億円の黒字(前年同期実績1.36億円の赤字)と発表している。主力製品のELISAキットや抗体の海外販売の増加に加え、遺伝子組換えカイコの研究開発費や販管費が減少したことも黒字転換に寄与した。通期予想は0.03億円の黒字で据え置いた。第3四半期累計時点で既に上回っており、
カテゴリー:

サスメド---ACP用プログラム医療機器の臨床試験において患者登録が完了 - 最新株式ニュース - 02月07日(火)11:11 

<4263>  サスメド  1448  -36サスメド<4263>は、6日、国立研究開発法人国立がん研究センターと2021年9月から進めていたACP用プログラム医療機器の臨床試験について試験参加登録数が予定人数に達し、患者登録を完了したことを発表。ACPとは、人生の最終段階における治療や療養についてあらかじめ考え、患者やその家族と医療者の間で繰り返し話し合い共有する自発的な取り組みのこと。ACPの
カテゴリー:

ビードットメディカル、タイ・タマサート大学に超小型陽子線がん治療装置の導入を決定 - 02月07日(火)10:01 

2023年2月7日 株式会社ビードットメディカル  医療機器スタートアップの株式会社ビードットメディカル(本社:東京都江戸川区 代表取締役社長:古川卓司 以下、ビードットメディカル)と、タイ王国(以下、タイ)の国立大学であるタマサート大学は、ビードットメディカルが開発する超小型陽子線がん治療装置の導入に向けた基本合意書を締結しました。体への負担が少ない陽子線治療の世界的な普及を目指すビードットメディカルは、ASEAN主要国の中でも最も早いペースで高齢化が進んでいるタイに高度がん治療を導入し、これを起点にグローバル展開を進めていきます。 タマサート大学学長 Gasinee Witoonchart教授(右から2番目)とビードットメディカル代表 古川卓司(右端)  今回の基本合意は、日本の医療機器卸し大手のオルバヘルスケアホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市 代表取締役社長:前島洋平 以下、オルバヘルスケア)との販売提携により実現しました。オルバヘルスケアは2023年1月にタイ法人(タイオルバヘルスケア)を設立し、タイを中心としたASEAN地域におけるヘルスケア産業の拡大を見越した医療機器事業を展開予定であり、ビードットメディカルにとって同地域に進出するための強力なパートナーです。    近年東南アジアでは、人口やGDPの拡大に加えて国民所...more
カテゴリー:

総合光学機器メーカーのタムロン 「CAE精度向上と900時間の工数削減」を目指し 類似形状検索システム「SS4M」を導入 - 02月07日(火)10:00 

先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマートスケープ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:吉田 隆)が提供する、類似形状検索システム「SS4M(エス エス フォー エム)」が、株式会社タムロン(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:鯵坂 司郎 以下:タムロン)に導入されたことを2023年2月7日にお知らせいたします。■導入背景タムロンは、カメラ用レンズなど光学製品の開発・製造を行っている総合光学機器メーカーです。「SS4M」の利用部門となるR&D技術センター応用開発二部では、カメラ用レンズ樹脂製品の流動解析を行っています。CAE(Computer Aided Engineering)(※1)で使用する成形条件などを考慮し、成形前シミュレーションを行い「詳細設計→CAE→金型設計→CAE→試作」というプロセスで成形不良や金型補正回数の削減を業務としています。CAEによる成形前シミュレーションを行う際、過去の成形条件を参考にするために、まず類似部品を検索します。SS4Mを導入する前はPDM(製品情報管理)システムから手動で検索し、ヒットした類似部品の成形条件(Excelファイル)を使用していました。検索は手動で行うため、応用開発二部では、類似部品の検索に年間140時間、今後利用を予定している金型製造部門であるMTC(モールドテクノセンター)では年間6450時...more
カテゴリー:

「DOOM」の開発者でOculusの元最高技術責任者だったジョン・カーマックがAI研究に進出した理由とは? - 02月07日(火)06:00 

メタバースをメイン事業に掲げて社名も変更したMetaのVR部門は、もともとは「Oculus」というVR企業でした。このOculusの最高技術責任者(CTO)を長く務めていたのが、「DOOM」「Quake」などのゲームを開発したことで知られるid Softwareの共同設立者だったジョン・カーマック氏です。カーマック氏はMetaを退職した後に自らが設立したスタートアップ・Keen Technologiesで汎用人工知能(AGI)の研究開発に携わっており、その経緯をIT関連ニュースメディアのDallas Innovatesによるインタビューの中で語っています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる