「研究書」とは?

関連ニュース

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★8 - 03月16日(土)22:32  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★7 - 03月16日(土)19:56  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

【三浦瑠麗】「日本に徴兵制は必要」「反論や批判を待っています」★3 - 03月16日(土)08:51  mnewsplus

source : 週刊文春 2019年3月14日号 https://bunshun.jp/articles/-/10987 著者は語る 『21世紀の戦争と平和』(三浦瑠麗 著) 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだ...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★5 - 03月16日(土)01:59  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★4 - 03月16日(土)00:19  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

【三浦瑠麗】「日本に徴兵制は必要」「反論や批判を待っています」★5 - 03月16日(土)20:36  mnewsplus

source : 週刊文春 2019年3月14日号 https://bunshun.jp/articles/-/10987 著者は語る 『21世紀の戦争と平和』(三浦瑠麗 著) 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【三浦瑠麗】「日本に徴兵制は必要」「反論や批判を待っています」★4 - 03月16日(土)14:18  mnewsplus

source : 週刊文春 2019年3月14日号 https://bunshun.jp/articles/-/10987 著者は語る 『21世紀の戦争と平和』(三浦瑠麗 著) 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだ...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★6 - 03月16日(土)03:58  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

【三浦瑠麗】「日本に徴兵制は必要」「反論や批判を待っています」★2 - 03月16日(土)00:36  mnewsplus

source : 週刊文春 2019年3月14日号 https://bunshun.jp/articles/-/10987 著者は語る 『21世紀の戦争と平和』(三浦瑠麗 著) 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだ...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦瑠麗さん「日本に徴兵制を。当事者意識を持つために必要」★3 - 03月15日(金)23:31  newsplus

※夜の政治スレ 三浦瑠麗さん  国内外の政治について発言を続ける三浦瑠麗さんの、6年の歳月をかけた新著が話題だ。戦争と平和、国家のあり方を主題にした本格的な研究書だが、副題に踊る「徴兵制」の一語が刺激的だ。 「以前から、シビリアン・コントロールが強い民主国家ではかえって戦争が容易になってしまうと主張してきました。戦争のコストをリアルに計算する軍部に対して、政治家や国民は正義感やメリットだけを勘定してしまうから、安直に戦争へと突き進む危険性があるということです。先日、韓国海軍から自衛隊の哨戒機...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「研究書」の画像

もっと見る

「研究書」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる