「研究分野」とは?

関連ニュース

【生物】ミツバチが帯電!?群れが飛ぶと大気は雷雲ほどに 英研究 - 12月02日(金)22:54  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/02123e47d412f90058d8bc0ea8975ad623185fea <小さな羽ばたきが空気摩擦を生み、驚くほどの密度の電荷を生じるという>  ミツバチの羽ばたきが集まると、大気に予想外の変化が起きることがあるようだ。 英ブリストル大学の研究チームが、ミツバチの大群が雷雲や砂嵐にも匹敵する帯電現象をもたらすことを発見した。 研究チームは論文を通じ、生物による大気の帯電は新しい研究分野だと説明している。 これまでにも大気に電場が存在すること自体は知られており、物理的な要因や地質的な影響な...
»続きを読む
カテゴリー:

NTTドコモとAstar Networkの提携に見る今後の方向性は - 12月02日(金)11:27 

22月10月31日、株式会社NTTドコモは日本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)の開発を手がけるStake Technologies株式会社(ステイクテクノロジーズ)と、Web3.0のさらなる普及のために協力して取り組むことを記した基本合意を締結したことを明らかにしました。 今回は、NTTドコモとAstar Networkの提携について、その概要や今後の方向性などを詳しく解説していきます。 目次 NTTドコモとは 1-1. NTTドコモの概要と沿革 1-2. NTTドコモの事業内容 1-3. NTTドコモとブロックチェーン Astar Networkとは 2-1. Astar Networkの概要 2-2. 開発企業Stake Technologies Astar Networkの特徴 3-1. ポルカドットのパラチェーンと接続している 3-2. dAppsステーキング 3-3. Substrateを採用 3-4. EVMとWASMに対応している 両社提携の目的と今後の展開 4-1. Web3.0が抱える課題の解決 4-2. 社会課題の解決 4-3. Astar Networkの本格的な日本展開 まとめ ①NTTドコモとは 1-1.NTTドコモの概要と沿革 NTTドコモは、「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」を企業理念として事業展開を...more
カテゴリー:

「隣の研究室、何してる?」 縦割り文化に風…若手研究者らの挑戦 - 11月19日(土)12:13 

 「隣の研究室で何をしているのかも知らない」とも言われる縦割り社会の大学文化に風を通そうと、熊本大の若手研究者らが研究分野を超えた交流を続けている。オンラインを中心に活動していたが、10月、研究内容を…
カテゴリー:

採血せずに幼児の貧血の実態把握と鉄摂取の重要性を伝えるプロジェクト 全国1万人「鉄チェック活動」始動 - 11月15日(火)16:30 

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、医療機器の輸入販売を行うマシモジャパン株式会社(代表取締役社長:真庭 徹郎)の協力のもと、幼児の貧血の実態把握と鉄摂取の重要性を伝えるためのプロジェクト「鉄チェック活動」を2022年11月24日から始動します。第一弾は株式会社 赤ちゃん本舗と連携し、アカチャンホンポ店頭イベントとして、幼児1万人を対象に血中ヘモグロビン値の測定会を実施します。   特設WEBサイト:https://www.meiji.co.jp/baby/iron_measurement_activity/  日本の幼児の鉄摂取量は諸外国よりも低く、幼児の2人に1人は推奨量に対して鉄摂取量が不足しています ※2 。幼児期の鉄摂取は貧血のリスクを減らすだけでなく、身体や脳の発達にも重要です。同時期の鉄不足による発達障害が起きた場合、その後に鉄を摂取しても成人期まで影響を及ぼす可能性があります。しかしながら、貧血の指標となるヘモグロビン測定は採血が主流のため、幼児には負担が大きく、また乳幼児健診の実施項目ではないため、鉄不足の実態の把握が難しい状況です。  そこで、本プロジェクトでは、幼児(1歳から6歳までのお子さま)を対象に、採血不要で測定が行える機器(マシモ社製)を活用し、負担のない方法でヘモグロビン測定ができる機会を提供します。また、...more
カテゴリー:

ニューロマーケティングソリューション市場―技術別(機能的磁気共鳴画像法、脳波記録法、アイトラッキング)、ソリューション別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月02日(金)18:00 

Research Nester Private Limitedは、ニューロマーケティングソリューション市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 02日 に発刊しました。これは、ニューロマーケティングソリューション市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。ニューロマーケティングソリューション市場は、2022年に2百万米ドルの市場価値から2033年までに3百万米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、さまざまなマーケティング活動の重要性と影響力の高まり、およびマーケティング活動の採用の増加に起因する可能性があります。さらに、メディア、マーケティング、広告、小売、通信におけるニューロモニタリングの使用の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。世界のニューロマーケティングソリューション市場のトレンドは、消費者の購買行動を調査および分析するための有益で効率的な技術を開発し、それが巨大な成長につながっています。これにより、顧客ロイヤルティの獲得と維持、カスタマー エクスペリエンスの向上、データ インサイトの提供、データに基づく意思決定が製造業者に行われます。消費者の購買行動を理解することは、この調査技術により情報にマーケティングの意思...more
カテゴリー:

気候変動、ジェンダー… 若者らが与野党国会議員に政策提言 - 11月25日(金)21:39 

 若い世代が政策提言をするイベント「Policy Pitch」(PoliPoli主催)が25日、参院議員会館で開催された。10~20代の男女6人が自身の関心や研究分野などに関する政策をプレゼンし、与野党の国会議員らの評価やアドバイスを受けた。
カテゴリー:

アパレルDXの成否を分ける意外なポイントとは - 11月18日(金)12:00 

「DX(デジタルトランスフォーメーション)が企業経営を左右する」と言われて久しいですが、真の意味でDXに成功している企業は少ないのではないでしょうか。 小売業向け在庫分析システム『FULL KAITEN』を開発・提供するフルカイテン株式会社代表取締役CEO瀬川直寛氏による第2回の寄稿では、「デジタル化」「IT化」にとどまらず新たな価値を生み出すDXについて解説していただきました。 多くの小売企業がDXの意味をはき違えている そもそもDXとは、会社組織がIoT、AI、データサイエンスなどのデジタル技術を活用し、新たなサービスやビジネスモデルを創出することを指します。日本では経済産業省が2018年に発表したDXレポートがきっかけとなって注目されるようになりました。 ここでよくある間違いが、デジタル化やIT化自体を目的にしてしまうことです。新型コロナウイルス禍1年目の2020年は、小売の中でも特にアパレル業界で短期間に需要が大きく消失し、各社ともデジタル技術を活用しなければならない、という外圧が強かったと思います。 ここで少なくない数の企業が、DXやOMOに向けた取り組みを「ツール」の話に矮小化してしまうというワナに陥りました。 例えば、DXやOMOのツールを入れて成果を上げた企業は、新しいことを始めたというよりは、既存の取り組みをツールによってブラッシュアップし、変化のスビード上げてい...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる