「石炭火力発電」とは?

関連ニュース

太陽光発電の価格が石炭火力発電とほぼ同レベルに、新たな課題とは? - 10月14日(木)12:24 

太陽光発電のコストは急激に下がってきており、もはやその「価格」は太陽光発電を利用する上での障害と言えないまでになっています。中国の研究チームが新たに太陽光発電のコスト競争力を分析したところ、中国では太陽光発電が石炭火力発電と同等のコスト競争力を持つところまできていると判明しました。研究チームは、太陽光発電と蓄電システムを組み合わせることで、21世紀半ばには中国で必要とされる電力を半分近くまで補える可能性を示しています。
カテゴリー:

小泉進次郎前環境相、地元・横須賀で建設中の石炭火力発電所に知らぬ存ぜぬを貫く - 10月12日(火)09:43  news

神奈川県横須賀市で、大規模な石炭火力発電所の建設が着々と進んでいる。建設しているのは、東京電力フュエル&パワーと中部電力が出資する『JERA』(ジェラ)という会社だ。 石炭火力発電所は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスを大量に排出し、その代表的なものは二酸化炭素(CO2)である。 横須賀市といえば小泉進次郎氏のお膝元だ。石炭火力に国際的な批判が高まる中、前環境大臣の選挙区で発電所の建設が堂々と行われているのだ。 しかも環境大臣当時の小泉氏は、建設を問題視するどころか全くのノータッチ。知らぬ存ぜぬ...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】小泉進次郎さん涙ぐみながら再戦を誓うっwyyww - 10月10日(日)14:54  livejupiter

https://news.yahoo.co.jp/articles/135d67fec4d17b4b59035e8781f7161cdf11be28 小泉進次郎前環境相は5日、後任の山口壮同相に事務の引き継ぎを行った。 資料を保存したタブレット型端末を手渡し、 「働き方も含めて引き継いでいただけたらうれしい」と語り掛けた。 その後、幹部職員にあいさつすると、拍手の中、涙ぐみながら庁舎を去った。  小泉氏は山口氏に対し、オンライン上で職員と議論したことや、 大臣室にウェブ会議用の設備を導入したことを説明。政策に加え、 こうした働き方改革の継続も求めた。山口氏は「しっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【脱炭素】“原発45基分の発電量” いよいよ日本政府が本気になった「洋上風力発電」の現状 - 10月07日(木)20:35  newsplus

#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)  日本の電力事情を支える屋台骨が、原発から洋上風力発電へと移行しようという動きがある。 領土における海洋面積が広い日本で、洋上風力発電が実現すれば、さまざまなエネルギー問題を解決に導く一手となりそうだが、実態はどうなっているのだろう。  ここではNewsPicksのニューヨーク支局長を務める森川潤氏の著書『グリーン・ジャイアント 脱炭素ビジネスが世界経済を動かす』(文春新書)から一部を抜粋。 日本の洋上風力発電の現況を見る。(全2回中の2回目/前編を...
»続きを読む
カテゴリー:

【前環境大臣】小泉進次郎氏「開かないと思ったドアが開いた。越えられないと思った壁を越えられた」 在任中の成果を強調 ★3 - 10月07日(木)17:38  newsplus

小泉進次郎前環境相は5日、後任の山口壮同相に事務の引き継ぎを行った。  資料を保存したタブレット型端末を手渡し、「働き方も含めて引き継いでいただけたらうれしい」と語り掛けた。 その後、幹部職員にあいさつすると、拍手の中、涙ぐみながら庁舎を去った。  小泉氏は山口氏に対し、オンライン上で職員と議論したことや、大臣室にウェブ会議用の設備を導入したことを説明。 政策に加え、こうした働き方改革の継続も求めた。山口氏は「しっかり魂を引き継いで頑張る」と意気込んだ。  幹部職員へのあいさつで小泉氏は、自...
»続きを読む
カテゴリー:

【前環境大臣】小泉進次郎氏が岸田文雄首相に警告 「『クリーンな石炭』などと言っていては国際社会では全く通用しない」 - 10月12日(火)12:51  newsplus

#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)  小泉進次郎氏は、今月1日、環境大臣として最後の会見の中で、地球温暖化対策に関する日本での議論やキャッチフレーズは「国際社会では通用しない」と断言。 温暖化やその対策への認識が危ぶまれている岸田文雄新首相に国際会議等での発信で気をつけるよう促した。 ○危ぶまれる岸田首相の認識  「日本の中では通用する議論が、そのまま国際社会で通用するわけではない」―小泉氏の実感のこもった言葉を引き出したのは、NHKの岡本基良記者。 先の総裁選討論会で、岸田首相...
»続きを読む
カテゴリー:

中国空軍149機の「台湾侵入」は本気の警告。火に油を注いだ米国の動きとは - 10月11日(月)05:00 

繰り返される中国軍機による台湾の防空識別圏への侵入が、10月1日からの4日間だけでも149機を数えるなど、まさに常軌を逸した状況となっています。このような挑発的な軍事行動をエスカレートさせる中国当局の狙いはどこにあるのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田久仁彦さんが、中国共産党と軍が国際社会に対して発するサインを読み解き解説。さらに適度な緊張関係にある米中の間で、日本が果たすべき役割についても考察しています。 【関連】いま戦ったら負ける。中国が米国との軍事衝突を避ける「4つの理由」 国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   中国軍149機“侵入事件” 台湾を挟んだ米中にらみ合いと「関係回復」への苦慮 中国で【国慶節】が始まった10月1日から、日本で岸田政権が誕生した10月4日まで、4日連続で中国軍機が台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入するという“事件”がありました。その数は何と合計149機に上ったとか。 加えて殱16という最新鋭戦闘機から無人飛行機、大型の爆撃機まで、多種多彩な軍用機が参加し、夜間の飛行も行われたというのは、これまでにない規模・機種・形態でした。 最初に関連の情報を得て、分析を行った際...more
カテゴリー:

【脱炭素】“原発45基分の発電量” いよいよ日本政府が本気になった「洋上風力発電」の現状 ★2 - 10月07日(木)22:07  newsplus

#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)  日本の電力事情を支える屋台骨が、原発から洋上風力発電へと移行しようという動きがある。 領土における海洋面積が広い日本で、洋上風力発電が実現すれば、さまざまなエネルギー問題を解決に導く一手となりそうだが、実態はどうなっているのだろう。  ここではNewsPicksのニューヨーク支局長を務める森川潤氏の著書『グリーン・ジャイアント 脱炭素ビジネスが世界経済を動かす』(文春新書)から一部を抜粋。 日本の洋上風力発電の現況を見る。(全2回中の2回目/前編を...
»続きを読む
カテゴリー:

南ア、脱石炭を急がず 段階的に移行へ=エネルギー相 - 10月07日(木)19:31 

[ヨハネスブルク 7日 ロイター] - 南アフリカのマンタシェ鉱物資源・エネルギー相は7日、石炭火力発電からの移行は段階的に進めると表明、再生可能エネルギーへの切り替えを急がない方針を示した。 同相は鉱業関連の会議で、中国が国外での新規の石炭火力発電所の建設を中止すると表明したことに関連して「いつまでも石炭を利用すると言っているわけではない。感情的にではなく、段階的に移行を進めたい」と発言。 「
カテゴリー:

電力逼迫、石炭不足が危機的水準に インド - 10月07日(木)14:10 

インドが今後数カ月間に電力不足に見舞われる可能性が出てきている。発電所の多くで燃料となる石炭の在庫が危機的水準に落ち込んだためだ。アジアの経済大国では中国もエネルギー危機に見舞われている。 インド中央電力庁(CEA)の5日の報告によれば、135ある石炭火力発電所のうち最大63カ所で石炭の供給が2日以下となっている。17カ所では、石炭の在庫がゼロの水準に落ち込んでいるという。 75カ所で石炭の量...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる