「看板政策」とは?

関連ニュース

都構想巡り大阪・自民党内に亀裂 府連会長と市議が初協議 - 05月18日(土)20:49 

 自民党大阪府連の渡嘉敷奈緒美会長が、大阪維新の会の看板政策「大阪都構想」の住民投票の容認方針を表明したことに、都構想に反対する大阪市議団や堺市議団が反発し、18日に意見交換の場が持たれた。だが方針は「府連の決定」とする渡嘉敷氏と「会長の意見に過ぎず、合意形成すべきだ」とする市議団側の双方が主張を譲
カテゴリー:

改正電波法公布 「5G」通信網の整備本格化へ - 05月14日(火)22:01 

 政府は14日、電波利用料の増額などを柱とする改正電波法の公布を閣議決定した。公布は17日の予定。携帯電話事業者は高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の年内実用化に向け、基地局開設などの準備を本格化させる。地方創生を看板政策に掲げる安倍晋三政権は、成長戦略の基盤となる通信網整備を通じて都市と地方の格差をどれだけ早期に縮小できるかが課題となる。
カテゴリー:

メキシコ国境壁建設にICBM経費転用 - 05月13日(月)16:36 

 米紙ワシントン・ポスト電子版は12日、トランプ大統領の看板政策であるメキシコ国境の壁建設費に転用する国防予算約15億ドル(約1650億円)に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や空中警戒管制機(AWACS)のプロジェクト費が含まれていると報じた。国防総省の文書を入手したとしている。
カテゴリー:

大阪都構想、来年秋にも住民投票へ 自民&公明、大敗で“腰砕け” 松井市長はニンマリ - 05月13日(月)11:30 

地域政党「大阪維新の会」の看板政策で、大阪府と市の二重行政を解消する「大阪都構想」の住民投票が、来年秋にも実施される見通しになった。これまで都構想に反対してきた…
カテゴリー:

公明、住民投票容認 4年以内住民投票確実 大阪都構想 「賛否保留」 - 05月11日(土)20:49 

 大阪市を廃止し、東京23区のような特別区に再編する「大阪都構想」について、公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(衆院議員)が11日記者会見し、構想の是非を問う住民投票の実施を2023年4月までに容認する方針を発表した。都構想は大阪維新の会が掲げる看板政策。公明の方針を受け、維新の松井一郎代表は来年秋にも
カテゴリー:

改正電波法公布 「5G」通信網の整備本格化へ - 05月14日(火)22:11 

 政府は14日、電波利用料の増額などを柱とする改正電波法の公布を閣議決定した。公布は17日の予定。携帯電話事業者は高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の年内実用化に向け、基地局開設などの準備を本格化させる。地方創生を看板政策に掲げる安倍晋三政権は、成長戦略の基盤となる通信網整備を通じて都市と地方の格差をどれだけ早期に縮小できるかが課題となる。
カテゴリー:

住民投票是か非か きしむ自民府連 大阪都構想 - 05月13日(月)20:40 

 地域政党「大阪維新の会」の看板政策で、大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の是非を問う住民投票の実施について、自民党大阪府連の渡嘉敷奈緒美新会長(衆院議員)が容認を表明したことに府連内で反発の声が上がっている。都構想に一貫して反対してきた地元府議・市議らと協議をせず、11日の会長就任記者会見で突然
カテゴリー:

国境の壁建設にICBM経費転用 トランプ氏、公約重視 - 05月13日(月)15:48 

【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は12日、トランプ大統領の看板政策であるメキシコ国境の壁建設費に転用...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【大阪】来秋にも都構想再投票 松井氏表明、自公が協力 - 05月12日(日)15:49  newsplus

公明党大阪府本部と自民党大阪府連は11日、大阪維新の会の看板政策で、大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」の是非を問う住民投票を容認する方針を表明した。2015年に続き、再度の住民投票の実現が確実となり、維新代表の松井一郎市長は1年半後をめどに実施したい考えを示した。 4月の統一地方選で維新が住民投票の実施を訴えて躍進したことを受けた対応で、公明府本部代表の佐藤茂樹衆院議員が会見し、「(23年4月までの)大阪府知事と大阪市長の任期内の住民投票実施に協力する。最後は住民の皆さまにご判断い...
»続きを読む
カテゴリー:

【幼児教育・保育無償化】対象のうち住民税非課税世帯の0~2歳児は、最大で月4万2千円の保育料が無償に - 05月11日(土)05:31  newsplus

毎日新聞 2019年5月11日 東京朝刊  幼児教育・保育を無償化するための改正子ども・子育て支援法が10日の参院本会議で、自民、公明両党と国民民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決・成立した。10月1日に施行され、安倍政権が掲げる「全世代型社会保障」の看板政策が始まる。政府や保育施設を直接指導する地方自治体は、子どもが安全・安心に過ごすための「保育の質」の確保策をさらに推進することが求められる。  無償化の対象は、認可保育所や幼稚園などに通う3~5歳児と、住民税非課税世帯の0~2歳児。 https:/...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「看板政策」の画像

もっと見る

「看板政策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる