「看板政策」とは?

関連ニュース

片山さつき地方創生担当相「次元違う政策」で地方応援 - 10月21日(日)08:00 

【新閣僚に聞く】 --看板政策の地方創生にどう取り組むか 「安倍晋三首相からは『次元の違う地方創生』と言われた。地方創生の根幹に、出産する女性が都市部に集中し、地域からいなくなるという究極の危機感がある。女性が地域に定住し、生きがいを持てる社会制度をつくりたい」 --具体策は 「国家戦略特区を活用した最先端都市『スーパーシティ』が地方にできれば、生産性が上がる。人工知能やビッグデータを駆使して都市全体をマネジメントすれば起爆剤になり地方創生につながる」 --地方の大学や雇用の考え方は 「国内外から学生が集まる『キラリと光る地方大学づくり』を通じて専門人材を育成し、地域の産官学連携を促す。地方創生推進交付金を活用し(都市部から地方に移住する)UIJターン対象者の起業と就業を支援する」 --予算への対応は 「予算の数字は細かい桁まで政権のメッセージだ。私はひたすら『地方の応援団』であり、平成31年度予算案で『次元の違う地方創生』への決意を示したい」 --男女共同参画も担当している 「女性国会議員は衆院で1割、参院で2割にとどまる。各政党に取り組み強化をお願いする。女性活躍と働き方改革はセットだ。大蔵官僚時代に夜明けまで残業し、新聞紙をかぶってソファで寝た経験が何度もある人間として実感している」(永原慎吾)
カテゴリー:

【野田佳彦元首相】結果を出せない安倍長期政権 - 10月09日(火)17:03  seijinewsplus

第4次安倍改造内閣が発足しました。万人が称賛する人事などありえませんが、それにしても政権浮揚力に欠けた改造でした。12人の初入閣組は総じて小粒感が否めず、しかも清新さも感じられません。総裁選の論功行賞と滞貨一掃が、人選の最大の理由なのでしょう。 10月下旬に臨時国会が召集される見通しです。政権を国民に代わってチェックするのが野党の重要な使命ですから、まずは新大臣たちの所信を聞き、大臣としての資質があるかどうかを厳しく質していかねばなりません。放言癖のある人や専門外の担当に就いた人も見受けられますの...
»続きを読む
カテゴリー:

「看板政策」の画像

もっと見る

「看板政策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる