「目標額」とは?

関連ニュース

Apple Watchユーザーは要チェック! 電池の持ちを1.5倍にするストラップ「Batfree」 - 03月25日(月)10:20 

Apple Watchユーザーならウォッチを充電するのがほぼ日課になっていることだろう。便利だが、バッテリーの持ちが短いのが難点だ。 そこを補うストラップが、このほどクラウドファンディングKickstarterに登場した「Batfree」。ワイヤレスでApple Watchを充電し、バッテリーの持ちを27時間延ばすことができる。 ・ボタン一つで充電開始 Batfreeはバッテリーがビルトインされたバンドで、Apple Watch2、 3、4それぞれのサイズに合うタイプが用意されている。 内蔵するバッテリーの容量は600mAh。ウォッチのバッテリーがピンチ!となったときに、バンドの側面にあるボタンを押すとウォッチの充電が始まる。 ・防水規格IP68クリア Batfreeはウォッチを埋め込むようなデザインだが、クラウン部分は表に出る設計なので、Apple Watch 4のECG機能などはそのまま使える。 またストラップそのものはシリコン製で防水規格IP68をクリア。水深10メートルまで対応し、ウォッチをはめたままエクササイズをすることが多い人にも向いている。重さは100グラムなので、重くてかさばるということはなさそうだ。 ・今なら5000円から Kickstarterでの出資額は今なら45ドル(約5000円)から。すでに資金調達の目標額は達成していて、4月13日まで出資を受け付け、締め...more
カテゴリー:

AmazonでLEDフラッシュライト見てると時間を忘れるよな。で、いりもしないのになんか買っちゃう - 03月24日(日)00:15  news

撮影時に明るさが足りないと、写真やビデオのクォリティは一気に下がってしまう。 だが、ライトは持ち歩くにはかさばる…。そう考えている人に今回紹介したいのが「Crack Light」。 パネル状、そして重さわずか19グラムのLEDライトで、デジカメ、スマホの両方で使用できる。 板状の薄さ、そして19グラムという軽さを実現できたのは、ずばりこのライトはバッテリーを搭載していないから。 USB口の付いたケーブルでスマホやカメラとつなげるようになっていて、そうしたデバイスのバッテリーで作動する。 スマホやデジカメと一体化さ...
»続きを読む
カテゴリー:

一瞬で浮き輪やエアマットが膨らむ!超軽量小型スマートエアポンプ「FLUXBAG」 - 03月23日(土)09:00 

夏に向けてキャンプや水遊びの計画を立てている人も多いだろう。 アウトドアで使う浮輪やエアマットを膨らませるのは、なかなか面倒だ。空気ポンプは時間がかかり、体力がいる。電気ポンプは電源の有無や騒音も気になる。 そこで、ドイツのHILFE Industries社が、一瞬で浮き輪やエアマットが膨らむ超軽量小型スマートエアポンプ「FLUXBAG」開発した。 ・一瞬で浮き輪やエアマットが膨らむ FLUXBAGの使い方は簡単だ。FLUXBAGにフッと一息吹き込んで袋の口を閉め、ノズルを差し込んで体重をかければ、すぐに浮き輪やエアマットが膨らむ。 サイズは100リットル容量と140リットル容量の2サイズ。重さは120グラムと超軽量で、畳むと手の平にサイズになり、持ち運びにとても便利だ。 さらに、キャンプの時の洋服入れとして使ったり、テントの外に物を入れて保管したりもできる。ビーチ枕としても使ってもいい。 ・軽量で強度が高く、防水性に優れたリップストップナイロン製 素材は高品質のリップストップナイロン。軽量で強度が高く、防水性に優れている。 開発チームは形状や表面の粗さ、素材の弾性を最適化し、ノズルにシリコーンコーティングを施して、高い空気圧を可能にした。 さらに、空気の逆流を防ぐ内臓逆止弁を追加したことで、大きなエアベッドやプールなどを膨らませることにも成功した。FLUXBAGは、この機能を備え...more
カテゴリー:

一生使える!? カーボンファイバー製のウクレレとギターがKLOSから - 03月21日(木)09:00 

楽器の取り扱いは注意が必要だ。ぶつけたりして破損するのはもちろん避けたい。そして木製の楽器であれば温度管理にも気を配る必要がある。 そこで米国のスタートアップが開発したのが、ボディがカーボンファイバー製のウクレレとギター。車に踏まれても壊れず、持ち運びも簡単。そして音が湿度などの影響を受けないというメリットがある。 ・ウクレレはわずか620グラム ウクレレもギターも基本的にボディは木材でできている。KLOSはこれをカーボンファイバーに置き換えた。カーボンファイバーといえば航空機にも使われるほどタフな素材で、このウクレレとギターは“一生使える”と開発元はアピールする。 しかもカーボンファイバーは軽いのも売りで、ウクレレの重さはわずか620グラムだ。また、ギターはフルサイズながら、ネック部分を取り外せるようになっていて、旅行時にコンパクトにして持ち運ぶことができる。 ・湿度に左右されない ウクレレもギターもポピュラーな楽器だけにあらゆるシーンで使用されるが、環境によって音色が変わるという悩みを伴う。これは木が湿度に反応するためだが、カーボンファイバーだと左右されない。音そのものも美しいと開発元はアピールする。 ウクレレもギターもハンドメイドで、左利き用も製造するとのこと。また、色は青や緑、紫など6色が用意されている。 KLOSは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資...more
カテゴリー:

羽がしなやかに動く! リモコンで鳥のように空を飛ばせる「MetaFly」が楽しそう - 03月16日(土)17:30 

ドローンやラジコンヘリなどを飛ばすのが大好き、という人は要チェックだ。これまでにない新しい “飛ばすもの”がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。 鳥や昆虫のようなデザインをした「MetaFly」。実際に、鳥のように羽を動かして空を飛ぶおもちゃだ。 ・羽がウェーブのように動く 翼があるので鳥のように見えるが、頭の形や細長い足はトンボや蝶など昆虫のようでもある。 専用のリモコンで操作して飛ばすことができるようになっている。ただし、MetaFlyはプロペラで飛ぶドローンなどと異なり、本物の鳥や昆虫のように羽や体を動かして飛ぶ。 しかも羽がウェーブを描くように動き、蝶のようにジグザグに宙を舞うことができる。カメラなどは搭載しておらず、純粋に飛ばすことを楽しむためのものだ。 ・ぶつかっても壊れない サイズは、羽を広げると29センチとそこそこの大きさながら、重さはわずか10グラムほど。開発元は狭い部屋でも飛ばすことができるとしていて、万が一壁などにぶつかっても壊れないよう、羽や足などはゴム製となっている。 リモコンとは100メートルの範囲で連携し、最高スピードは時速18キロ。飛行時間は最大8分で、12分でフル充電できる。 斬新な“飛ばしもの”に心惹かれた人は多く、Kickstarterでは登場後すぐに資金調達の目標額を達成。現在は69ユーロ(約8600円)の出資で入手...more
カテゴリー:

癒しを求めている人に! 大きな炎を揺らめかせられる「SPIN」が人気 - 03月24日(日)18:00 

焚き火などの炎をみてなぜか心が落ち着いた、という経験はないだろうか。炎には癒しの効果があるといわれ、キャドルセラピーなどが広く支持されているのは、そうしたことの表れだろう。 家でろうそくを灯すのもいいが、ろうそくよりも大きな炎を楽しみたいという人に今回紹介したいのが「SPIN」。松明ほどの炎を、屋内外で安全に揺らめかせることができる。 ・大きな炎を身近な所に 炎を見て落ち着くのは世界みな同じらしく、開発元のドイツのスタートアップがSPINをクラウドファンディングサイトKickstarterに登場させたところ、あっという間に目標額を達成。現在、世界から2300人ほどが出資するという人気ぶりだ。 多くの人をひきつけているSPINの魅力の一つは、大きな炎を安全に楽しめること。直径12センチ、長さ54センチのシリンダー状の超耐熱ガラスの中で火を燃やすようになっていて、このサイズの炎を屋内外で身近な所に置けるというのは他ではできない。 ・炎が竜巻のように回転! また、ベース部分が螺旋状になっていて、これにより炎が竜巻のように回転するのもポイント。炎が自然にくるくると動くので、思わず見入ってしまうこと間違いなしだろう。 耐熱ガラスは透明で、ムードランプ的にも使えそうだ。また、平らな所に置いて使うだけでなく、長さ92センチの専用のポールを使って松明のように設置することも可能となっている。 燃料は...more
カテゴリー:

阿久根のブルトレ、香川へ移設資金 ネット調達、目標額達成 - 03月23日(土)20:50 

 香川県善通寺市のうどん店経営、岸井正樹さん(57)が、阿久根市の阿久根駅隣に放置されているブルートレイン車両を自店敷地内で宿泊施設に使うためクラウドファンディングで募っていた資金が、目標額700万円に達した。「保存したい一心で始めた活動。鉄道を愛する人の力が集まった」と感謝する。
カテゴリー:

デジカメやスマホでの撮影に便利!ライト「Crack Light」はわずか19グラム - 03月21日(木)22:00 

撮影時に明るさが足りないと、写真やビデオのクォリティは一気に下がってしまう。だが、ライトは持ち歩くにはかさばる…。そう考えている人に今回紹介したいのが「Crack Light」。 パネル状、そして重さわずか19グラムのLEDライトで、デジカメ、スマホの両方で使用できる。 ・電源は連結デバイスから 板状の薄さ、そして19グラムという軽さを実現できたのは、ずばりこのライトはバッテリーを搭載していないから。 USB口の付いたケーブルでスマホやカメラとつなげるようになっていて、そうしたデバイスのバッテリーで作動する。スマホやデジカメと一体化させられるので違和感なく使うことができそうだ。 ・しなる薄さ ライトのビームアングルは120度で、カラー温度は6000k。ちなみにこのライトは防水性となっていて、薄いのでしならせることもできる。 また、ディマーも別に用意されていて、これを使うと明るさを3〜100%で調整できる。写り映えを微妙にコントロールしたいときに便利だろう。 Crack Lightは英国を拠点とするスタートアップBlind Spot Gearが開発。これまでもライトツールのプロジェクトを複数成功させた実績があり、今回もクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したところあっという間に目標額を達成。現在の出資額はCrack Light単体が30英国ポンド(約4500円)〜...more
カテゴリー:

アプリからワイヤレスで好きな写真を飾れる電子ペーパーフォトフレーム - 03月16日(土)18:00 

近年、どこにでも持ち歩くスマホで撮影する機会が増えた。しかし撮影しても見返すことは少なかったりする。これはフィルムを現像してプリントしていた時代と決定的に違う点だろう。 しかし、やはり撮った写真を普段目にできるところに飾りたい、と考えている人もいるはず。そこで今回紹介したいのが、スマホの写真をワイヤレスで送信して飾れる電子ペーパーのフォトフレームだ。 ・8インチサイズ 電子ペーパーなので、写真は当然モノクロになる。今時モノクロ?と思うかもしれないが、カラーにはない味わいがあり、ノスタルジックさや芸術性も醸し出す。 フレームはWi-Fiに対応し、スマホのアプリで写真を選ぶとデータがワイヤレスでフレームに送られる。フレームの大きさは162×112ミリ、写真を飾る部分は8インチサイズで、解像度は1024×768となる。 ・フル充電で1年もつ アプリでは飾りたい写真を選んで明るさを調整したり、トリミングしたりすることが可能。日替わりや週替わりで写真を変えるのもありだろう。 電子ペーパーなのでバッテリーの消耗が少ないのもこのフレームの売り。フル充電すると1年ほどもつという。 ドイツのスタートアップが開発したこのフレーム、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中で、出資額は198ユーロ(約2万5000円)〜となっている。フレームのカラーはシルバーとゴールドから選べる。...more
カテゴリー:

小学校の『部活』をやめる名古屋市で、運動の機会をどうつくる?「鬼ごっこも、スポーツになる」 - 03月16日(土)11:32 

2020年度限りで小学校の部活が廃止される名古屋市で、子どもたちがスポーツに触れる機会を確保しようとする動きが起きている。スポーツ業界や地域コミュニティに携わる市民らが、任意団体「SAVE SPORTS, CREATE COMMUNITY.」(SSCC)を立ち上げ、3月14日に市内でキックオフイベントを開いた。 名古屋市の小学校の部活、2020年度末で廃止に名古屋市は現在、全261校の市立小学校で、野球やバスケットボール、合唱などの部活動をしているが、教員の負担軽減のため見直しを決めた。名古屋市によると、小学校の部活は今後、民間に運営を任せたい方針。新たに設置する人材バンクなどを活用しながら、外部の指導者を配置し、教員は携わらなくなる。「部活」のままか、あるいは名称を変えて、学校教育の枠内で継続するのか、または学校から切り離して地域のスポーツクラブに移行させるのか、詳しい方向性は定まっていない。試行を重ねた上で、新しい「部活」の形態を固めるという。こうした流れを踏まえて、SSCCは、新しい「部活」の受け皿となるスポーツ団体や地域のスポーツクラブなどの支援を目指している。共同発起人の碇和生さんはキックオフイベントで、「部活という公的な器がなくなると、住んでいる地域や家庭環境に左右され、スポーツに関わる機会がなくなってしまう子どもが出るかもしれない」と、団体創設の経緯などを説...more
カテゴリー:

もっと見る

「目標額」の画像

もっと見る

「目標額」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる