「登山道」とは?

関連ニュース

【九州のアジサイ名所】絶景、史跡、季節の花と見事な競演!大分県「大辻公園 アジサイ園」 - 06月20日(水)09:00 

標高250mの大辻山(大分県豊後大野市)は、6月になると登山道にアジサイが咲き乱れる。特に山頂付近にある「大辻公園 アジサイ園」は見ごたえあり! 【写真を見る】風光明媚な山頂の広場。アジサイ、ツツジ、市街地の眺望と3つが重なる、まさに絶景だ 1988(昭和63)年にアジサイの植栽がはじまり、今では約3000株が観賞できる名所となった。 アジサイは登山道、山頂手前の「アジサイ園」内、ツツジも咲く山頂の史跡群で見られ、初夏の訪れを随所で感じられるのがいい。車で気軽に行けるのもうれしいポイント。 同地は安土桃山時代から江戸時代初期にかけて造られた墓碑や石塔群、中世の墓といわれる円墳状の盛り土など豊後大野市指定の史跡が多く残る場所。歴史情緒に浸りながら散策が楽しめるのもこの場所ならではだ。 [紫陽花DATA]本数:約3000株 / 見頃:6月中旬〜7月上旬 / 品種:不明 / イベント:なし [大辻公園 アジサイ園] 大分県豊後大野市三重町上田原2071 / 0974-22-1001(豊後大野市役所 商工観光課) / 終日開放 / 無休 / 約50台(無料) / 観覧無料 / 車=大分自動車道大分米良ICより約45分(九州ウォーカー・久保田学) 【関連記事】 ・【九州のアジサイ名所】アジサイ横目に爽快ドライブ!佐賀県「国見湖畔公園 」周辺 ・【九州のアジサイ名所】烏帽子岳の遊び場が鮮やか...more
カテゴリー:

マイナスイオンを浴びに出かけよう!渓谷トレッキングができる九州の山3選 - 06月11日(月)18:00 

新緑に彩られた涼やかな水辺の道を、せせらぎをBGMに歩く“渓谷トレッキング”。今回は、滝や川がある九州のハイキングコース3選を紹介する。 【写真を見る】金山 / 脊振山系の清流が流れる脇を登っていく。木漏れ陽が水面に反射し美しい ■ 【長崎県・諫早市】名水の地としても有名な「轟峡」 大小合わせて30以上の滝を有する「轟峡(とどろききょう)」。「太龍(たいりゅう)の滝」「楊柳(ようりゅう)の滝」「轟の滝」の3大滝を往復1時間30分弱で見られる「キャンプ村」から「かじか橋」までのルートがおすすめだ。 前半は上流から下流へ向かう緩やかな下り、後半はその逆となり途中、沢の付近に昇り降りする場所も階段が整備されており、歩きやすい。 轟峡観光案内所前の駐車場や轟峡観音堂の前など、コース中には日本名水百選にも選ばれている名水の「水汲み場」が点在。湧水で渇いた喉を潤そう。 [轟峡]0957-22-8325(諫早観光物産コンベンション協会) ■ 【福岡市・石釜】迫力満点の花乱の滝が名物「金山」 脊振山系を形成する山の1つで、福岡県と佐賀県の県境にそびえる「金山」。福岡県側は急斜面となっており、「花乱の滝」や「坊主ヶ滝」などの見応えのある滝が点在する。その2つの滝それぞれから登山道が伸びているが、比較的歩きやすく、渓流も楽しめる「花乱の滝」側からの登山がおすすめ。 登山口から「アゴ坂峠」分岐までは...more
カテゴリー:

御巣鷹の登山道に慰霊の風車 日航機墜落33年を前に - 06月07日(木)20:34 

1985年に520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故の現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」で、管理人の黒沢...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

<みちのく潮風トレイル>亘理・山元ルート 復興の道40キロ開通 - 06月06日(水)06:05 

東日本大震災の沿岸被災地を歩いて支援する環境省のプロジェクト「みちのく潮風トレイル」で、亘理、山元両町を通る約40キロが5日開通した。今回、尾根を歩くルートが初めて選ばれた。亘理町の尾根を歩く登山道は
カテゴリー:

【登山シーズン本番】「低い山」ほど 迷いやすい 新潟親子遭難の教訓 ★5 - 06月05日(火)07:00  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011461821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026 「低い山」ほど 迷いやすい 6月1日 20時11分 沢の斜面に、うつ伏せで重なり合うように倒れていた父と子。新潟県阿賀野市の五頭連峰に登山に出かけて3週間余り、遺体で見つかりました。2人が向かったと見られる山は、標高1000メートルにも満たない「低い山」でしたが「低い山こそ注意が必要」と指摘する声は多くあります。遭難経験者も語る「低い山に潜むリスク」についてです。 (ネットワーク報道部記者 佐藤滋 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ラク~に行けちゃう!夏のひんやり絶景スポット5選!! - 06月15日(金)18:42 

登山やハイキングをしながら見る景色もいいけど、暑い日は、できるだけ体力を使わず簡単におでかけを楽しみたい!そこで今回は、駐車場から近かったり、ロープウェイでスイスイと行けたりする、手軽な絶景スポットを5つ厳選してご紹介。山頂や水辺など、夏のおでかけにぴったりな涼スポットばかりだ! 【写真を見る】愛知にあるナイアガラの滝!? ダイナミックに滝が流れる壮大な光景だ ■ 愛知にあるナイアガラの滝!? “奥三河のナイアガラの滝”とも称される「蔦の渕(つたのふち)」(愛知県東栄町)は、幅約70m、落差約10mの滝で、大きな滝つぼが特徴的だ。滝の中に竜神が住むという伝説が残され、竜宮城へつながっているという言い伝えもある。いろいろな想像を膨らませながら景色を眺めるのも楽しいかも。 【ココから絶景を眺めよう!】「とうえい温泉 花まつりの湯」の裏側に遊歩道があり、そこから展望台に行くことができる ■ 夏だけ出合える絶景!山頂から眺める美しい御来光 伊吹山の麓から山頂近くまでをつなぐ道路で、絶景ビュースポットとして評判の「伊吹山ドライブウェイ(スカイテラス伊吹山)」(岐阜県関ケ原町)。伊吹山を望む日中の大パノラマはもちろん、早朝から営業する7月から8月まで期間は、山頂からの日の出も見逃せない。駐車場から山頂までは3つの登山道があるので、プチハイキングをしよう。 【ココから絶景を眺めよう!】スカイテラ...more
カテゴリー:

智将・竹中半兵衛に思いをはせる!岐阜の菩提山で戦国ハイキング!! - 06月11日(月)09:42 

岐阜県にある菩提山は、豊臣秀吉に仕えた智将・竹中半兵衛にまつわる、人気のハイキングコース。半兵衛の居城があった菩提山の登山道入口は4つあり、今回は菩提入口竹中氏陣屋跡からのルートを紹介する。 【写真を見る】半兵衛の秘伝書にちなんだ餅は、みやげの定番! ■ 戦国時代のロマンに浸りながら歩こう! 「竹中氏陣屋跡」は、一族が菩提山山頂にあった城から、拠点を移した陣屋跡。大きな堀の跡、白壁の正門、石垣が残るほか、半兵衛の銅像もある。入場無料で、駐車場やトイレが近いのもポイントだ。 1559年、標高402mに築かれた「菩提山城跡」は、必須の立ち寄りスポット。土塁や堀で区画された曲輪の跡が残り、当時の寝所や台所などの配置を見ることができる。そのため歴史的資料としても貴重な場所だ。望遠鏡は無料で利用でき、名古屋駅までを望む大パノラマを思う存分楽しめる。 「明神湖」は、不破北部ダムの建設でできた湖。西には岩手峠、南東には谷間にある岩手の民家が広がる。明神湖の近くには、「ウサギとカメの岩」と呼ばれる2つの岩があるので、訪れた際には探してみよう! 1579年、36歳の若さで亡くなった半兵衛を弔うため、子の重門が墓を移した、「禅幢寺(ぜんどうじ)」。その後、竹中氏とその家臣の菩提寺となっている。ここまで来たら、ゴールはもうすぐ! 【ハイキングDATA】難易度:★★★☆☆/最高地点:402m(菩提山城跡)...more
カテゴリー:

山頂まで40分以内!福岡の初心者向けハイキングコース5選 - 06月06日(水)17:00 

片道40分以内だから、体力に自信がなくても楽勝!気軽に楽しめる福岡の初心者向けハイキングコース5選を紹介する。頂上で味わえるおいしい空気と想像以上の眺めを求めて、初夏の山歩きを楽しもう。 【写真を見る】四王寺山 / 展望台では視界いっぱいに市街地が広がり、遠くに脊振山が見える ■ 【福岡・太宰府】歴史が残る山コースでロマンあふれるハイキング!「四王寺山」 年間24万人の登山家が足を運ぶ人気の山「四王寺山(しおうじやま)」。最高点がある大城山を中心に、岩屋山、水瓶山、大原山の4つの山で構成されている。日本100名城に選ばれた築城約1350年の大野城城址があり、石垣や城門跡などの史跡が点在する歴史深い山だ。 登山口は4か所。「県民の森センター」からスタートするコースは自然歩道が整備され、傾斜が緩やかで楽に登れるのでおすすめ。 [四王寺山]092-932-7373(福岡県立四王寺県民の森センター) ■ 【福岡・嘉麻】古の城主も眺めた絶景を30分足らずで手に入れられる「長谷山」 嘉穂アルプスなど、1000m未満の低山が点在する嘉麻市。なかでも標高311mの「長谷山」は、20~30分で絶景が得られる手軽なハイキングコースが魅力だ。 山頂へは笹原団地方面など3つのルートからアプローチできるが、中でも長谷寺を経由するコースがおすすめ。ロープをつたう足場の悪い斜面もあるが、ほとんどの行程で階段が整...more
カテゴリー:

【登山シーズン本番】「低い山」ほど 迷いやすい 新潟親子遭難の教訓 ★6 - 06月05日(火)18:16  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011461821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026 「低い山」ほど 迷いやすい 6月1日 20時11分 沢の斜面に、うつ伏せで重なり合うように倒れていた父と子。新潟県阿賀野市の五頭連峰に登山に出かけて3週間余り、遺体で見つかりました。2人が向かったと見られる山は、標高1000メートルにも満たない「低い山」でしたが「低い山こそ注意が必要」と指摘する声は多くあります。遭難経験者も語る「低い山に潜むリスク」についてです。 (ネットワーク報道部記者 佐藤滋 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【登山シーズン本番】「低い山」ほど 迷いやすい 新潟親子遭難の教訓 ★4 - 06月04日(月)15:59  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011461821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026 「低い山」ほど 迷いやすい 6月1日 20時11分 沢の斜面に、うつ伏せで重なり合うように倒れていた父と子。新潟県阿賀野市の五頭連峰に登山に出かけて3週間余り、遺体で見つかりました。2人が向かったと見られる山は、標高1000メートルにも満たない「低い山」でしたが「低い山こそ注意が必要」と指摘する声は多くあります。遭難経験者も語る「低い山に潜むリスク」についてです。 (ネットワーク報道部記者 佐藤滋 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「登山道」の画像

もっと見る

「登山道」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる