「男女共同参画」とは?

関連ニュース

北九州:語り継ぐ「青空がほしい」 25日に市民劇 - 11月10日(土)12:33 

 1960年代に8ミリ映画「青空がほしい」で注目された北九州市戸畑区の婦人会の公害克服運動を描く市民劇が、25日に市立男女共同参画センター・ムーブで初上演される。運動は、筑豊地区を中心に活動し昨年死去した記録作家、林えいだいさん(享年83)が指導したことでも知られ、主婦らが舞台に立つ。脚本を手がけた
カテゴリー:

ワークライフバランス考えよう - 11月08日(木)10:50 

仕事と生活の調和を図りながら、性別や年齢問わず、誰もが働きやすい仕組みづくりに取り組むワーク・ライフ・バランスについて考えるセミナーが22日午後1時半から、佐賀市のグランデはがくれで開かれる。先着150人で、参加無料。 前福岡県男女共同参画センターあすぱるセンター長で、同県福津市副市長の松田美幸さんと、佐賀銀行人事企画部主任調査役の江口朋幸さんが講演する。 中小企業の経営者、人事、総務担当者向けに、ワーク・ライフ・バランスに取り組むメリットなどを指南する。
カテゴリー:

【朗報】大阪で12年間引きこもった日本最長の引きこもり、ついにアルバイトを始めて社会復帰! - 10月31日(水)17:03  poverty

さまざまな理由から社会との交流を断つ引きこもり。当事者や家族が、それぞれの幸せの形について考えるシンポジウムが11月25日、大阪市で開かれる。  参加する大阪府貝塚市の主婦、日花睦子(ひばなちかこ)さん(63)は、12年に及んだ次男(33)の引きこもりについて初めて講演する。  「甘え」「怠け」との批判を恐れてきたが、「話すことで誰かの励みになる」と登壇を決意した。(浜川太一)  日花さんは2年前に小学校教員を定年退職し、現在、同市で引きこもり当事者と家族の自助団体「コモド」を運営している...
»続きを読む
カテゴリー:

『怖くないんですか?』 DV夫の更生指導者に尋ねたら、ハッとする答えが返ってきた - 11月09日(金)14:10 

Ann🌷離婚調停中 (@mancheak)さんが、DV(家庭内暴力)加害者たちの更生に携わっている人と話した時のこと。 『怖くないのか』と、率直な質問をぶつけた結果 ・ ・ ・ DV更生の指導をしている人と話す機会があった。DV夫たちと向き合うなんて恐ろしすぎる。怖くないんですか?と聞いたら、にっこり笑って「怖くないですよ」と。「彼らは妻にしかやらないですから」ああ、DVってそういうことだよな。— Ann🌷離婚調停中 (@mancheak) 2018年11月7日 「彼らは妻にしかやらないですから」 ハッとさせられる言葉です…。 ゆえに、発覚が遅れてしまうものなのですね。 DV夫はだいたい外面がいい。だから妻は逃げ遅れるし、逃げ場がなくなる。— Ann🌷離婚調停中 (@mancheak) 2018年11月7日 最近では、夫から妻のみならず、妻から夫へのDVも増加しているといいます。 さらに、連日報道される子どもへの虐待事件も含めて考えれば…家族という枠組みの中に限って「暴力」の定義を見失ってしまう人は、我々が想像する以上に多く存在するのかもしれません。 ネットの反応 ●闇深 ●妻以外にしていたら、今頃牢屋の中だもんな。逮捕されないからこそ、妻は苦しいのだろうが ●夫婦間だけに限らない。家族へのDVをやらかす人間はだい...more
カテゴリー:

テーマソング「いつもそばにいるよ」リリースのお知らせ - 11月06日(火)11:00 

2018年11月6日 認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター ~犯罪被害者支援活動を必要とする方に届けたい~テーマソング「いつもそばにいるよ」リリースのお知らせ 特定非営利活動法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター(以下「センター」)は、犯罪や事故などによる被害者とその遺族への相談、支援活動およびその権利を擁護し、声を代弁することを目指して活動しています。このたび、シンガーソングライターユニット「STAYG(ステイジー)」によるセンターのテーマソング「いつもそばにいるよ」CDを、2018年10月27日(土)にリリースしました。一人でも多くの悩み苦しむ方の支援につなげていくために、犯罪被害者支援を必要とされている方にセンターの想いを届け、センターへのご相談のきっかけとなることを願っています。【背景・目的】大阪被害者支援アドボカシーセンターは1996年に活動を開始した、全国で3番目に古い民間被害者支援団体です。毎年300件以上の犯罪・交通事故などの被害者などに対して、1300回以上の支援(電話相談・面接相談・付添いなど)を行っていますが、知名度はまだまだ低く、支援を必要とする被害者などに支援が行き届かないことを常々もどかしく思っています。また一方で、犯罪被害者支援活動には、病院、警察、裁判などへの付き添いに要する経費、心のケアを行うカウンセリングの実施、相談員育成の研修費...more
カテゴリー:

「男女共同参画」の画像

もっと見る

「男女共同参画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる