「甲殻類」とは?

関連ニュース

「水産飼料の世界市場 ~2025年:魚類・甲殻類・軟体類」 - 調査レポートの販売開始 - 10月10日(木)15:00 

2019年10月10日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「水産飼料の世界市場 ~2025年:魚類・甲殻類・軟体類」 (MarketsandMarkets発行) の販売を10月10日より開始いたしました。【 商品情報 】水産飼料の世界市場 ~2025年:魚類・甲殻類・軟体類Aquafeed Market by Species (Fish, Crustaceans, and Mollusks), Ingredient (Soybean, Corn, Fishmeal, Fish Oil, and Additives), Lifecycle (Starter Feed, Grower Feed, Finisher Feed, and Brooder Feed), Form, Additive, and Region - Global Forecast to 2025● 発行: MarketsandMarkets● 出版日: 2019年10月03日● ページ情報: 165 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/mama273143-aqua-feed-market-by-end-consumption-fish.html当レポートでは、世界の水産飼料の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、バリューチ...more
カテゴリー:

甲殻類の新種発見「テレオタナイスマダラ」と名付ける 沖縄・西表島 - 09月27日(金)17:41  news

 北海道大大学院理学研究院の研究グループは27日、沖縄県・西表島のマングローブから甲殻類の新種を発見したと発表した。エビの仲間で、研究グループは「テレオタナイスマダラ」と名付けた。  研究グループは、西表島の後良川河口に広がるマングローブの林を調査。泥の中から、ブラジル、エルサルバドル、オーストラリア、インドの他に報告がなかったタナイス目甲殻類のマダラタナイス科に属する新種を発見した。  角井敬知講師は「生態系保護を考える上で、大きな生物だけでなく、小さな生物にも目を向けてもらえればうれしい...
»続きを読む
カテゴリー:

人類の食習慣を変えなければ気候変動問題は解決しないとの指摘 - 10月03日(木)06:00 

Anonymous Coward曰く、 気候変動に関する書籍「WE ARE THE WEATHER」の著者であるJonathan Safran Foer氏曰く、畜産業はすべての飛行機、自動車、鉄道よりも多くの温室効果ガスを排出しているという。 家畜のげっぷやおならからはメタンが排出されるほか、糞尿からはメタンと亜酸化窒素が排出される。メタンは二酸化炭素と比べて86倍、亜酸化窒素は310倍も強力な温室効果があるという。 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書によると、地球を救うために必要なほかのすべてを実行したとしても、動物製品の消費を削減しなければ、パリ気候協定の目標を達成することは不可能だと主張する。同氏によれば、人が地球の危機に取り組むためにできることのうち、食事を植物ベースに変えるのは簡単だと主張している。 なお、New York Timesの最近の記事によると、温室効果ガスへの影響への影響の大きな食材は1位が牛肉で続いて子羊、次に養殖甲殻類、豚肉、家禽、養殖魚などが続くとしている(the Guardian、Slashdot)。 すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 関連ストーリー: 国連IPCC報告書、近い将来5~7倍のペースで海水温は上昇していく...more
カテゴリー:

「甲殻類」の画像

もっと見る

「甲殻類」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる