「田辺誠一」とは?

関連ニュース

- 09月18日(水)20:50 

【📺今夜21:00】『#刑事7人』最終回 東山紀之、まさかの「セクシーサンキュー!」披露🕺🏻💕《💐クランクアップレポート》 ▶ #東山紀之 #田辺誠一 #倉科カナ #白洲迅 #塚本高史 #吉田鋼太郎 @keiji_7nin @tanabe1969 @shirasu_staff @tsukamoto_mg @kohtalohkohtalo
カテゴリー:

髙嶋政宏、2年ぶりに『刑事7人』登場!最終回で、東山紀之らの前に立ちはだかる - 09月11日(水)10:39 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たち7人が超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。同作のシーズン5がついに最終回を迎える9月18日(水)の放送に、髙嶋政宏がスペシャルゲストとして出演することが決定した。©テレビ朝日2015年の番組開始から2017年のシーズン3まで、天樹らを熱いリーダーシップで率いてきた沙村康介が帰ってくる。一丸となって追ってきた敵の黒幕が、チームのメンバー・山下巧(片岡愛之助)だったという衝撃の結末で幕を閉じたシーズン3。そのラストで、所轄署に異動になった沙村が、今回、久しぶりに登場することになった。◆沙村が天樹らの前に立ちはだかる!©テレビ朝日出世した沙村は、捜査一課の管理官として天樹ら専従捜査班の前にあらわれる。そして、あろうことか、専従捜査班を事件の捜査から外すと宣言。それでも自分たちの手で犯人を挙げようとする天樹らの行く手を、権力を振りかざしてことごとく阻む沙村…。「沙村さんが今まで一番嫌いだった人種になってしまった」と、専従捜査班のメンバーはショックを隠しきれない。はたして、沙村の真意とは…?さらに、専従捜査班のメンバー・水田環(倉科カナ)の過去が暴かれるなど、スリリングな展開が繰り広げられる最終回は見逃し厳禁だ。◆髙嶋政宏(沙村康介・役) コメント――2年ぶりに『刑事7人』の現場に戻ってきていかがですか?事前に監督と飲みに...more
カテゴリー:

東山紀之『刑事7人』撮了 まさかの「セクシーサ.. - 09月09日(月)05:31 

東山紀之『刑事7人』撮了 まさかの「セクシーサンキュー!」で締め(写真 全2枚) #東山紀之 #田辺誠一 #倉科カナ #白洲迅 #塚本高史 #吉田鋼太郎 #テレ朝 #ドラマ #ジャニーズ #刑事7人 @tanabe1969 @keiji_7nin
カテゴリー:

東山紀之もポーズ!“刑事7人”全員集合、満面の笑顔&私服姿の激レアオフショット公開 - 09月04日(水)10:09 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たち7人が超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』の第8話が、9月4日(水)に放送される。ドラマも終盤に差し掛かり、ますます見逃せない展開が続くなか、現場からなんともレアなオフショットが到着した。©テレビ朝日北大路欣也演じる東都大学の堂本教授は、職場がほかのメンバーがいる警視庁とは離れているため、そもそも7人全員が揃うこと自体が珍しい。さらに、メンバーのこの笑顔…!ドラマのなかでは難事件を前に厳しい表情を見せることの多い7人が、東山を中心に「イェーイ」と言わんばかりのポーズで記念撮影をしたオフショットを特別に公開。いつもはビシッとスーツで決めた東山ら刑事チームと手術着や白衣姿の北大路が、とてもカジュアルな私服姿で集合。全員集合、満面の笑顔、私服姿…と、三拍子揃った激レアオフショットとなった。©テレビ朝日9月4日(水)放送の第8話では、上半身裸、トランクスに靴下と革靴だけを着用した男の遺体が発見される。専従捜査班の野々村拓海(白洲迅)は、現場にいた老婆からその男が“工藤”という警察官だと聞かされる。しかし指紋照合の結果、その男は“工藤”ではなく“一戸”という元警察官だということが判明する。さらに、殺害現場近くの公園から被害者の血痕の付着したニセモノの警察官の制服が見つかり…。一戸という男は“工藤”と名乗って警察官になりすまし...more
カテゴリー:

『刑事7人』、緊迫の最終回!かつての仲間・沙村(髙嶋政宏)が、天樹(東山紀之)らの前に立ちはだかる - 09月18日(水)10:32 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たち7人が超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。同作のシーズン5が、9月18日(水)に最終話を迎える。©テレビ朝日腹部を刺された男の遺体が見つかり、専従捜査班が臨場。天樹(東山紀之)は、男のポケットから水田環(倉科カナ)の父の名刺を発見。17年前に転落死した環の父と被害者には何か関係があるのか。本格的な捜査開始を前に、かつての仲間・沙村康介(髙嶋政宏)が現れる。しかも、管理官となった沙村は専従捜査班をこの件から外すと宣言。捜査から締め出されながらも、真相を追って駆け回る専従捜査班だが、天樹に魔の手が忍び寄る。◆最終話 あらすじ©テレビ朝日廃工場で腹部を刺された男の遺体が見つかり、専従捜査班の天樹悠(東山紀之)と海老沢芳樹(田辺誠一)が現場に急行する。先に着いていた青山新(塚本高史)は、被害者の岡崎誠(井上康)が数字の羅列が書かれた紙片を握りしめて事切れていたという。さらに天樹は、岡崎のポケットから『外交官水田純平』と書かれた名刺を発見する。捜査会議が始まる前、部屋に入ってきて上座に着いた幹部の姿に天樹らは衝撃を受ける。かつての仲間・沙村康介(髙嶋政宏)だったのだ!しかも管理官という立場で、この捜査の指揮を取るという。さらに、あろうことか「この事件から専従捜査班を外す!」と宣言。片桐正敏(吉田鋼太郎)は反論するが、一蹴さ...more
カテゴリー:

東山紀之、『刑事7人』クランクアップで「セクシーサンキュー!」 現場を笑いで包む - 09月09日(月)11:21 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした7人の刑事たちが、超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。現在放送中の同作シーズン5が、先日クランクアップを迎えた。©テレビ朝日その日、朝早くからスタートした撮影が終わったのは夜10時過ぎ。東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎の6人が揃って専従捜査班のセットでクランクアップとなった。スタッフがセットに詰めかけるなか、助監督の掛け声とともにキャスト一人ひとりに監督から花束が手渡され、キャスト陣は以下のようにコメント。※吉田鋼太郎「本当にやりがいを感じ、ますますこのドラマが好きになりました」※塚本高史「まだ終わった感じがしないんですが、これが終わるということは夏が終わるということ…次回もよろしくお願いします!」※白洲迅「去年以上に、“いじり”という名の愛を一身に受けながら、気づいたら終わっていました」※倉科カナ「スタッフの皆さんも楽しそうだったし、私たちも演じていてホントにあっという間でした。もう終わるのか…という感じです」※田辺誠一「一本一本がしっかり骨太なドラマで、みんなで作っていくのが本当に楽しかったです」そしていよいよ主演・東山紀之の番になると、キャスト・スタッフが見守るなか監督とハグした東山は「僕からは一言だけ…セクシーサンキュー!」と叫ぶ。これには塚本がすかさず「後輩のグループね(笑)!」とツッコみ、セット...more
カテゴリー:

東山紀之:「刑事7人」クランクアップで「セクシーサンキュー!」 - 09月09日(月)05:30 

 俳優の東山紀之さん主演の連続ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第5シリーズが、このほどクランクアップを迎えた。東山さん、田辺誠一さん、倉科カナさん、白洲迅さん、塚本高史さん、吉田鋼…
カテゴリー:

被害者は二度殺された…天樹(東山紀之)、奇妙な解剖結果に衝撃。国境を越え、真相に迫る - 08月28日(水)11:38 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たちが超凶悪犯罪や未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。8月28日(水)に、同作シーズン5の第7話が放送される。©テレビ朝日「被害者は二度殺された――!」。ナイフで首をえぐられた遺体の死亡推定時刻は2つ…。この不可解な殺人事件の容疑者として、会社の共同経営者と妻のストーカーが浮かび上がる。そしてなんと、10年前にオーストラリアで起きた未解決殺人事件で被害者と容疑者2人が繋がっていたことも判明。専従捜査班の天樹悠(東山紀之)が、国境を越えて事件の真相に迫る!◆第7話あらすじ東京郊外の廃倉庫で、ナイフで首をえぐられた男の遺体が見つかり、専従捜査班が捜査を開始する。現場には争った形跡がなく、カバンのなかに入った500万円ほどの札束も手付かずで残っていた。さらに、凶器と考えられるナイフには指紋がなく、現場に足跡も残っていなかったため、金目当てではなく、怨恨の線が濃厚だと思われたが…。解剖を終えた東都大学の法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、死後硬直と直腸温度から割り出した死亡推定時刻に、普通では考えられないほど大幅な開きがあるため、「仏さんは二度死んでいる」と宣言。天樹悠(東山紀之)らは、その奇妙な結果に衝撃を受ける――。そんななか、海老沢芳樹(田辺誠一)の調べによると、被害者の松永修一(生島翔)は、共同経営者の尾中勝也(阿部亮平)と経営上...more
カテゴリー:

「田辺誠一」の画像

もっと見る

「田辺誠一」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる