「用意周到」とは?

関連ニュース

なんでいつもこうなるんだ…人はなぜ、負けパターンに縛られるのか?春日武彦✕穂村弘対談 - 11月27日(金)11:30 

「俺っていつもこうなんだよ」「毎回同じパターンだよ」自分の人生の中でこのように思うことがあるかもしれません。そんな“負の呪縛”を断ち切るためにはどうしたら良いのでしょうか?精神科医の春日武彦さんと歌人の穂村弘さんの11回目となる対談は、なかなか答えが出ないこのテーマについて話し合っていきます。 春日武彦✕穂村弘「俺たちはどう死ぬのか? 」 過去の連載一覧はこちら↓ “いつものパターン”を断ち切るために 春日 小学6年生の時に、図工でペン画を描くことがあったのね。好きなものを描けっていうんで、どうしようかなと思ったんだけど、まわりのみんなはうさぎ小屋のうさぎとか、校庭の植物を描いたりしているわけ。でもさ、ペン画でそんなもん描いたってしょうがないじゃん。 絵筆とかと違って細かく描き込めるんだから、やっぱり、精密でメカニカルなものを描かなきゃ。で、学校にオートバイで通っている先生がいるのを知っていたから、俺は校舎の裏にある駐車場に行って、ホイールのところを精密に描き込んだバイク画を完成させたの。 我ながらなかなか上手く描けたなと大満足で、まわりのみんなもえらい感心してさ。学校に貼りだされて、俺は非常に鼻高々だったわけよ。その後、返してもらってから家で母親に見せたのね。 穂村 出たー、先生のお母さんネタ(笑)。どういう反応だったの? 春日 全然認めてくれないのよ。 穂村 うん、予想通りの...more
カテゴリー:

ほこりかぶった書類に刻まれた神髄 用意周到な小柴さん - 11月14日(土)18:00 

 えもいわれぬ表情だった。勝ち誇ったような笑みというべきか。1987年3月、東京・本郷の東京大にある小柴昌俊さんの研究室を訪ねたときのことだ。小柴グループが超新星から届いた素粒子「ニュートリノ」を観測…
カテゴリー:

「Apple M1」搭載MacBook Airを1週間使ってみた - こいつは、あらゆる面で「静かでクール」なヤツだ! - 11月27日(金)11:00 

M1 MacBook Airを1週間使い改めて感じたことは、Appleがじっくり練り上げたであろう移行プロセスの用意周到さだ。基盤にあるユニバーサルバイナリというかMAB(Multi Architecture Binary)の機構は、それこそ四半世紀近い技術と実践の裏付けがあるわけで疑うべくもなく、M1でもまったく問題なく運用されており、その意味での安心感もある。
カテゴリー:

「用意周到」の画像

もっと見る

「用意周到」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる