「産経新聞」とは?

関連ニュース

囲碁女流名人戦挑戦者に謝六段 2期ぶり出場 - 01月17日(木)19:33 

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第31期女流名人戦」の挑戦者決定戦が17日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、謝(しぇい)依旻(いみん)六段(29)が小山栄美(てるみ)六段(49)を破り、2期ぶりに三番勝負出場を決めた。小山六段は第18期以来の三番勝負出場を逃した。
カテゴリー:

【捕鯨再開】「科学的な調査捕鯨は神話」「全ての鯨は一頭のスーパー・ホエール」 日本の伝統文化への理解がない海外の批判報道★3 - 01月17日(木)18:56  newsplus

◆ クジラは知能が高い動物 捕鯨再開は「野蛮」 批判報道を検証 日本政府がクジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を発表したことを受け、海外で日本バッシングが起きている。反捕鯨国の欧米、オセアニアの主要メディアは「野蛮」「愚かな行為」と全面的に非難。 IWC総会で反捕鯨国の政府代表団から出され、クジラの捕獲を一切認めないとする同様の主張が展開されている。 先入観に基づく感情的な表現やクジラを「聖なる動物」ととらえる価値観も目立ち、日本の伝統文化への理解がほとんど見られないのも特徴...
»続きを読む
カテゴリー:

【たばこ】「たばこ休憩」を不公平と思う人に欠けた視点。デスクにいる=仕事している?★2 - 01月17日(木)16:41  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00259897-toyo-bus_all&p=1 労務管理の現場において、たばこ休憩をする社員としない社員の不公平感が話題になることは少なくありません。また、下記のように、頻繁にたばこ休憩をする社員が懲戒処分を受けたという事例もあります。 大阪府は喫煙のため勤務時間中に職場を繰り返し抜け出したとして、健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分としたと明らかにした。2016(平成28)年4月からの2年間で、計約440回、100時間以上に上った。(2018年6月5日付 産経新聞) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨再開】「科学的な調査捕鯨は神話」「全ての鯨は一頭のスーパー・ホエール」 日本の伝統文化への理解がない海外の批判報道★2 - 01月17日(木)15:45  newsplus

◆ クジラは知能が高い動物 捕鯨再開は「野蛮」 批判報道を検証 日本政府がクジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を発表したことを受け、海外で日本バッシングが起きている。反捕鯨国の欧米、オセアニアの主要メディアは「野蛮」「愚かな行為」と全面的に非難。 IWC総会で反捕鯨国の政府代表団から出され、クジラの捕獲を一切認めないとする同様の主張が展開されている。 先入観に基づく感情的な表現やクジラを「聖なる動物」ととらえる価値観も目立ち、日本の伝統文化への理解がほとんど見られないのも特徴...
»続きを読む
カテゴリー:

消えゆく「黒電話」マーク…時代とともに変化 - 01月17日(木)14:40 

 多くの印刷物から電話番号を表す記号としてつけられてきた「黒電話」のマークが消えつつある。産経新聞でも昨年秋から黒電話マークを掲載しない方針が示された。デザインのモデルになっている受話器のついたダイヤル式の電話は家庭からすっかり姿を消したからだ。現在では個人で手軽に使えるスマートフォンが主流で、10~20代の若者世代は「マークは知っていても、実際に黒電話を使ったことはない」という声が大半を占めた。このまま黒電話マークは消えてしまうのだろうか。
カテゴリー:

【たばこ】「たばこ休憩」を不公平と思う人に欠けた視点。デスクにいる=仕事している?★3 - 01月17日(木)19:10  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00259897-toyo-bus_all&p=1 労務管理の現場において、たばこ休憩をする社員としない社員の不公平感が話題になることは少なくありません。また、下記のように、頻繁にたばこ休憩をする社員が懲戒処分を受けたという事例もあります。 大阪府は喫煙のため勤務時間中に職場を繰り返し抜け出したとして、健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分としたと明らかにした。2016(平成28)年4月からの2年間で、計約440回、100時間以上に上った。(2018年6月5日付 産経新聞) ...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初「月の裏着陸」中国が狙う 「宇宙制覇」最前線--野口東秀 - 01月17日(木)18:17 

 繰り返し強調しておくが、中国の歴代の政権は「宇宙強国」を目指してきた。 2022年には自前の宇宙ステーション「天宮」を全面運用し、2028年から2030年には搭載重量が140トンにも及ぶ新型ロケット「長征9号」を打ち上げる予定だ。「長征9号」の開発には、有人月面着陸や火星の表土や岩石を地球に持ち帰るサンプルリターン計画、大型宇宙ステーションの建造が念頭にあるとされる。 つまり、中国が目指しているのは、2030年代に米国と並ぶ「宇宙強国」の地位を確立することなのだ。「2つの100年」を前に「宇宙強国」の意味は、「軍民融合」が叫ばれる中国では、当然のことながら軍事面における「強国」と同列である。実際、習近平中国国家主席は2015年12月、「勝てる軍隊をつくる」として軍を再編し、「戦略支援部隊」を創設している。「戦略支援部隊」は、宇宙領域を担う「軍事航天部隊」と、サイバーを担う「網路信息戦部隊」に分かれている。中国の宇宙開発は軍が指揮しているわけで、「戦略支援部隊」の任務は、各軍種の作戦や統合作戦の支援、サイバー及び電子戦にある。 まさに(上)で指摘したように、中国軍が湾岸戦争とイラク戦争で必要性を痛感した衛星通信を重視しているのだ。 例を挙げれば、海洋偵察衛星は敵艦艇の位置把握に、測位衛星は航空機や艦艇が自己の位置を知るのに必要であり、ミサイルの精密誘導で不可欠なものである。 中国は...more
カテゴリー:

【時代】消えゆく「黒電話」マーク・・・。時代とともに変化 - 01月17日(木)16:20  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000560-san-cul 多くの印刷物から電話番号を表す記号としてつけられてきた「黒電話」のマークが消えつつある。 産経新聞でも昨年秋から黒電話マークを掲載しない方針が示された。デザインのモデルになっている受話器のついたダイヤル式の電話は 家庭からすっかり姿を消したからだ。現在では個人で手軽に使えるスマートフォンが主流で、10~20代の若者世代は 「マークは知っていても、実際に黒電話を使ったことはない」という声が大半を占めた。このまま黒電話マークは消えてしま...
»続きを読む
カテゴリー:

【たばこ】「たばこ休憩」を不公平と思う人に欠けた視点。デスクにいる=仕事している? - 01月17日(木)15:07  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00259897-toyo-bus_all&p=1 労務管理の現場において、たばこ休憩をする社員としない社員の不公平感が話題になることは少なくありません。また、下記のように、頻繁にたばこ休憩をする社員が懲戒処分を受けたという事例もあります。 大阪府は喫煙のため勤務時間中に職場を繰り返し抜け出したとして、健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分としたと明らかにした。2016(平成28)年4月からの2年間で、計約440回、100時間以上に上った。(2018年6月5日付 産経新聞) ...
»続きを読む
カテゴリー:

学生が考えた「和ごはん」とっておきレシピ 「全国学生和ごはんレシピ選手権大会」入賞7作品決まる - 01月17日(木)14:17 

[産経新聞社] 本コンテストは、 農林水産省が和食文化の保護・継承を目的に推進する「Let’s!和ごはんプロジェクト」の中での活動。昨年9月~11月、大学、短大、専門学校に在学中の学生を対象に2部門で作品を募集しまし...
カテゴリー:

もっと見る

「産経新聞」の画像

もっと見る

「産経新聞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる