「産学連携」とは?

関連ニュース

「酒楽。」と産学連携(教育) クラウドファンディング MakuakeとCampfireだけの限定販売! - 02月23日(日)00:00 

20代同世代の日本酒を知らない!日本酒のことをもっと知ってほしい!       日本酒のブランディングからテストマーケティングを学んで、            同世代に発信!                                 3月16日までの限定販売!!
カテゴリー:

SCRUM-Japan第三期プロジェクト、FoundationOne Liquidの利用契約/中外・FMI - 02月18日(火)04:00 

 ファウンデーションメディシン社(FMI)および中外製薬は、国立がん研究センターと、国内最大規模の産学連携全国がんゲノムスクリーニングプロジェクト「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトにおいて、リキッドバ…
カテゴリー:

「引きこもり」「アニマルカフェ」など、日本の“今”を外国人ならではの視点で徹底分析!産学連携活動「日本式」が、日本ならではの魅力を公式サイトで発信 - 02月15日(土)10:00 

伝統的な「和」だけではない、現代日本の真の姿を世界に向けて伝えたいとの想いから活動はスタート。ヨーロッパ、アジア、アフリカからの留学生が、日本人でもなかなか発見できない「日本式」という日本独自の社会提案をおこない、取材・執筆した記事の数々を紹介しています。
カテゴリー:

早大史上最大!産学連携イベント 3月10日(火)開催 - 02月13日(木)18:13 

2020-02-13 早稲田大学 「早稲田オープン・イノベーション・フォーラム2020」 イノベーション創出・ベンチャー育成に向けた産学連携マッチングの場を提供 学校法人早稲田大学(東京都新宿区:総長 田中愛治、以下「早大」)は、2020年3月10日(火)に、早稲田アリーナ(早稲田大学戸山キャンパス内)にて、「早稲田オープン・イノベーション・フォーラム2020 (WOI’20)」を開催します。 本フォーラムは、早大が掲げる「早稲田オープン・イノベーション・エコシステム」構想に賛同する産業界、ベンチャー・スタートアップ企業、研究者・技術者や学生が、一同に会します。国内外でイノベーションを率いる産業界リーダーによる講演、メルカリ代表取締役CEO山田進太郎氏を迎えてスタートアップ・ベンチャーをテーマとしたパネルディスカッション、技術デモンストレーションを含む120ものブース展示を予定。最先端の技術シーズや産学連携成果を介して、新たなイノベーション創出・育成につながる産学連携のマッチングの場を提供いたします。 【開催概要】 特設WEBサイト: https://waseda-oif.jp/ 開催日:2020年3月10日(火)10:00~18:00(開場9:30予定) タイトル:早稲田オープン・イノベーション・フォーラム2020 会場:早稲田アリーナ(東京都新宿区戸山1丁目24-...more
カテゴリー:

「大学を活用した新たな価値創出と組織活性化」第3回を開催 - 02月10日(月)13:30 

金沢市近郊 私立大学等の特色化推進プラットフォーム 社会人のためのスキルアッププログラム2019(企業編) 「大学を活用した新たな価値創出と組織活性化」(全5回) 受講費無料    石川県内の私立大学等12校による「金沢市近郊私立大学等の特色推進プラットフォーム(幹事校:金沢工業大学)」では、地域の大学が連携し、企業や地域が今よりもっと発展するための「大学を効果的に活用する!」方法を全5回にわたってご紹介しています。  第3回は地域をフィールドとした「教員・学生の活動と企業連携」をテーマとして、金沢工業大学との共同研究を通して、地域課題である地産地消の促進が企業のビジネスに発展している企業の取組事例紹介のほか、金沢工業大学・金沢星稜大学・北陸学院大学・北陸大学から地域をフィールドとして行っている地域連携・産学連携の教育研究活動の事例をご紹介いたします。   日 時:令和2年2月28日(金)15:00~16:30 場 所:金沢工業大学 扇が丘キャンパス 12号館アントレプレナーズラボ1階 主 催:金沢市近郊私立大学等の特色化推進プラットフォーム 定 員:50名(定員になり次第募集終了)   内 容: ●大学と企業の連携事例紹介  株式会社エコシステム 代表取締役社長  高田 実様  「SDGsを志向した教育研究と、それに密接に連携した取組事例」 &nbs...more
カテゴリー:

ティアフォー、松尾豊氏の研究組織、BAIが協働し、自動運転AIの研究を加速 - 02月20日(木)13:00 

株式会社ティアフォーは、東大教授である松尾豊氏の研究組織(松尾研)と、株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス(BAI)とともに、世界最高水準の自動運転AIの開発を目指した研究を開始した。 「認知」に絞った研究 このたび3者により開始された共同研究では、各者のコア技術を活用し、自動運転におけるコンピュータの「認知」「判断」「操作」のうち、「認知」のためのAI技術に焦点をあてる。 同研究にティアフォーが有する自動運転データセットを用い、3次元空間の物体検出および物体追跡におけるディープラーニング技術の応用に取り組むとのことだ。 ティアフォーは、研究結果を「Autoware」に導入し、オープンソースソフトウェアとして一般公開する予定だという。これにより、同社の自動運転技術の強化と、最先端のAI研究に取り組む産学連携体制の構築を目指すとのこと。 AI研究の加速と産学連携体制構築 ティアフォーは、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェア「Autoware」開発を主導するディープテック企業であり、その技術は国内外で数百の企業に導入されている。同社創業者兼CTOの加藤真平氏は、日本のAI研究が世界に後れを取っていることや人手不足である現状を指摘。今後、技術競争が激化するであろう自動運転の領域において、日本が世界と互角に渡り合うためには産学連携が鍵を握るとし、このたびの松尾研...more
カテゴリー:

eスポーツ普及へ 福岡で発足、産学連携の研究組.. - 02月16日(日)06:12 

eスポーツ普及へ 福岡で発足、産学連携の研究組織 #西日本新聞
カテゴリー:

「引きこもり」「アニマルカフェ」など、日本の“今”を外国人ならではの視点で徹底分析!産学連携活動「日本式」が、日本ならではの魅力を公式サイトで発信 - 02月15日(土)10:00 

伝統的な「和」だけではない、現代日本の真の姿を世界に向けて伝えたいとの想いから活動はスタート。ヨーロッパ、アジア、アフリカからの留学生が、日本人でもなかなか発見できない「日本式」という日本独自の社会提案をおこない、取材・執筆した記事の数々を紹介しています。
カテゴリー:

金沢工業大学が取り組む科学技術イノベーションと産官学連携による地方創生を総括。 - 02月12日(水)13:30 

 金沢工業大学では「KIT地方創生里山都市フォーラム~研究力で進めるこれからの地方創生~」を令和2年2月25日(火)14時00分から16時50分まで金沢工業大学 扇が丘キャンパス 12号館4階イノベーションホールで開催します。    金沢工業大学では平成28年度の私立大学ブランディング事業に採択され、平成30年4月には白山麓キャンパスに地方創生研究所KIT Innovation Hubを開設。地域課題解決にむけ様々な研究プロジェクトに取り組んで参りました。当フォーラムでは、金沢工業大学が取り組んできた科学技術イノベーションと産官学連携による地方創生について総括した上で、今後の展開について議論する場にできればと考えています。   「KIT地方創生里山都市フォーラム~研究力で進めるこれからの地方創生~」   ■日時 令和 2年 2月 25日(火)  14時00分~16時50分(受付:13時30分~)   ■会場 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 12号館4階イノベーションホール   https://www.kanazawa-it.ac.jp/about_kit/ogigaoka.html  *キャンパスマップOの建物4階   ■参加お申込み 以下のwebページでお申し込みください https://wwwr.kanazawa-it.ac.j...more
カテゴリー:

リーブ21社長がSDGsの取り組みを語る ~YouTube「岡村社長の発毛塾」vol.35でコメントを発信~ - 02月07日(金)18:00 

正真正銘自分の髪 リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下「リーブ21」)は、令和元年 10月10日からYouTube公式チャンネル「岡村社長の発毛塾」をスタートし、抜け毛・薄毛・脱毛など髪に関連することや育毛&健康のための豆知識などを動画で毎週発信中。令和2年2月3日配信のvol.35ではSDGsへの取り組みを初めてコメントしました。岡村社長は、2030年までにできることを積み重ねて、より良い未来を築き上げていくSDGs活動が確実に広がっていると話しています。大阪府の発表では、府域で発生する汚れの原因のうち、約8割が生活排水によるものです。中でも、未処理の生活雑排水による汚れが全体の約4割を占めています。(2019/09/26)リーブ21では、毎日使用するシャンプーにスポットを当てて、植物原料や合成添加物不使用などの環境にやさしい商品だけでなく、河川や海洋の浄化作用など水質改善にまで踏み込んだ商品を開発することで、生産者と消費者双方の「SDGs目標12:つくる責任つかう責任」に貢献できると考えています。そのため、リーブ21では、2030年のSDGs目標達成に向けた具体的取組として、「環境改善」に合致した商品を生産・販売する活動から普及・定着させていくことが重要だと認識しています。リーブ21は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるまでに、産学連携や共...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「産学連携」の画像

もっと見る

「産学連携」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる