「生涯現役」とは?

関連ニュース

安倍ちゃん「若い人たちが60歳を超えてもリタイアすることなく、生涯現役で働ける社会をつくる」 - 12月12日(木)12:17  poverty

いつまで働くのか…「70歳定年」の是非  政府が目指すサラリーマンらの70歳までの雇用延長。来年の通常国会では、高齢者の就業機会確保の努力義務を課す高年齢者雇用安定法改正案が提出される見通しだ。 しかし、経済界から早くも牽制(けんせい)する意見が出てきた。 関西経済連合会は11月、「一律的な雇用延長の義務化」に反対する意見書を発表し、内閣府や厚生労働省など関係省庁に送付した。 「人生100年時代」といわれる長寿社会が訪れる中、高齢者の職の確保をどうするか。大きな焦点となってきた。 https://s...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】浅香光代 芸歴80年「私は怒ってんのよ」現在の時代劇俳優へ“形”ができていないことに苦言 - 12月10日(火)19:31  mnewsplus

女優の浅香光代(91)が10日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。現在の時代劇俳優が着物の着こなしや立ち振る舞い、所作などの“形”ができていないことにげきを飛ばした。  7歳で演劇の世界へ足を踏み入れた浅香は、14歳で「浅香光代一座」を旗揚げ。戦後の女剣劇ブームを作り上げた。芸歴80年を超えた現在は、日本時代劇研究所の名誉顧問を務め、月1回ほど、次世代へ剣劇などの指導を行っている。  浅香は「私は怒ってんのよ。誰かちゃんとしたの(人)が言ってやらないと」と、現在の時代劇への憤りを...
»続きを読む
カテゴリー:

“3度目の五輪”で地元へ恩返しを。元カヌー選手が、キルギス共和国の文化を広める理由 - 12月04日(水)15:31 

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。今回、修造が訪れたのは東京の北西部、新宿から電車でおよそ一時間のところにある羽村市。そこで修造を待っていたのは、羽村市役所に勤める笹本弘子さんだ。バルセロナ、アトランタ五輪にカヌースラロームの選手として出場したオリンピアンでもある。修造も同じ時期に出場しており、笹本さんは2020年、“3度目の参加”を狙っているという。©テレビ朝日案内されたのは、羽村市役所の一角。そこには、ユーラシア大陸のほぼ中央に位置し、人口およそ620万人のキルギス共和国の旗や衣服、写真が飾ってあった。©テレビ朝日実は羽村市では、キルギス共和国の男子柔道チームが、2020年東京五輪の事前キャンプを行うことが決まっているのだ。そのため、市は笹本さんを中心に、キルギス共和国の音楽家を招いてコンサートを開催したり、キルギス料理の料理講座を開いたり、羽村市民にキルギス共和国の文化を広めている。©テレビ朝日◆「羽村に恩返しをしたい」「羽村市でこのプロジェクトを成功させたい」その情熱の奥底には、笹本さんの生い立ちが大きく関係していた。東京・杉並区で生まれた笹本さんは、幼い頃から喘息を患い、3...more
カテゴリー:

シニア活躍支援 企業価値向上を JEED - 12月04日(水)05:11 

 高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、生涯現役社会に向けたシンポジウムを開いた。  化粧品製造販売業の㈱ポーラ(東京都品川区)は、シニア活躍支援の事例発表を行った。同社は定年延長ではなく、1年ごとの契約更新制度を導入。60歳以降は毎年評価することで、それぞれの期待役割に基づいて処遇を決定し、モチベーションを向上させている。  登壇した同社経営企画部の佐藤幸子マネージャーは、「60歳以……[続きを読む]
カテゴリー:

観客も“生涯現役”の選手。日本の留学生が驚いたドイツ独自のスポーツ文化 - 12月02日(月)18:04 

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。©テレビ朝日2019年10月、ドイツで世界の超人たちが集結して行われた世界体操。現地でキャスターを務めていた修造は、ひとりの女性と出会った。普段は現地の大学で学びながら、大会期間中メディアの仕事をサポートしていた松野杏奈さんだ。彼女は、ドイツで学んだ“あること”に衝撃を受け、「日本に持って帰りたい」という。杏奈さんが話す、日本に持って帰りたい“あること”とは? それは、彼女がドイツに来た理由と大きく関わっていた…。◆一生涯続けられる“スポーツの魅力”きっかけは10年前。当時、日体大の体操部に所属していた杏奈さんは、体操の大会に出場するためにドイツを訪れた。その際、ドイツの体操をする環境に強く魅了され、「ここで勉強したい!」と思ったそう。「私自身、日本で競技スポーツをしていたんですけど、やっぱりどこかで勝ち負けに左右されてしまうものがありました。ドイツに来て、“楽しく一生涯続けられるスポーツの魅力”をすごく感じました」(杏奈さん)ドイツは小さい子どもから高齢者まで、スポーツを楽しむための環境が整っている。「週末に息子の応援に家族で駆けつけた一方で、お父...more
カテゴリー:

ノーベル化学賞のグッドイナフ氏 「生涯現役の手本」 東北大・笠谷元教授が祝意 - 12月12日(木)10:04 

10日夜(日本時間11日未明)に吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)らと共にノーベル賞授賞式に臨んだジョン・グッドイナフ米テキサス大オースティン校教授(97)は、かつて東北大を訪れたことがある。当時教え
カテゴリー:

【芸能】浅香光代(91歳)「私は怒ってるのよ!」 時代劇の衰退に胸痛める 絶賛する俳優は海老蔵 - 12月10日(火)12:08  mnewsplus

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/12/10/0012947743.shtml 2019.12.10 女優の浅香光代(91)が10日、フジテレビ系「ノンストップ!」で現在の仕事ぶりを公表。時代劇の人気衰退を残念がり「私は怒ってるのよ!」とミッチー節をとどろかせた。 91歳の浅香は、99年には亡くなった野村沙知代さんとのバトル「ミッチー・サッチー騒動」で話題を呼んだが、現在は日本時代劇研究所の名誉顧問として、時代劇の文化を後世に伝え、俳優を養成する仕事に携わっている。具体的には、剣劇の腕前を生かした殺陣の指導を行っており、...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢社員どう戦力化?生涯現役実現シンポ - 12月04日(水)08:28 

 高齢者の継続雇用や定年延長をテーマにした「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」が3日、大阪市中央区のドーンセンターで開催された。高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催。企業の人事担当者ら約300人が参加し、熱心に聞き入った。
カテゴリー:

“ホッケー練習場”がある家がいくつも…島根県奥出雲町は“世界に誇るホッケーの町” - 12月03日(火)19:41 

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。今回修造が訪れたのは、人口1万2000人ほどの島根県奥出雲町。テニスコートのような場所だが…©テレビ朝日「ここは町立のホッケー場です。奥出雲町はホッケーが大変盛んな町なんです」教えてくれたのは、奥出雲町体育協会の職員・元山貴光さん。そう、この町は “ホッケーの町”なのだ。◆ホッケー場の建設がきっかけで“ホッケーの町”へ奥出雲町が“ホッケーの町”と呼ばれるようになったきっかけは、昭和57年に開催された島根国体。この大会のために奥出雲町にホッケーのコートが建設されたことで、ホッケー競技が町全体に広まった。それから40年間、親世代は子どもにホッケーを伝え続け、いまでは地元の中学や高校が全国大会上位の常連となるまでに。「日本代表、サムライジャパン(男子)、さくらジャパン(女子)とあるんですけど、地元の横田高校出身の子が12人、代表候補に入っているんですよ」と元山さんは話す。©テレビ朝日◆自宅にはホッケーの練習場もこの町では学生はもちろん、年齢を重ねた大人もホッケーを楽しみ、60歳近い町民がホッケーに興ずることも。元山さん自身もまた、ホッケーが身近にあることが...more
カテゴリー:

純粋なスポーツのため 生涯現役 #西日本新聞 - 12月01日(日)17:01 

純粋なスポーツのため 生涯現役 #西日本新聞
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「生涯現役」の画像

もっと見る

「生涯現役」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる