「生命居住可能領域」とは?

関連ニュース

系外惑星の大気から水蒸気検出、生命存在可能な圏内 - 09月12日(木)12:30 

ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気から初めて水蒸気を検出したとの研究結果が、科学誌ネイチャー・アストロノミーに11日掲載された。気温も生命の存在が可能な範囲だという。 この系外惑星「K2-18b」は質量が地球の8倍で、「スーパーアース(巨大地球型惑星)」に分類される。しし座内の地球から110光年離れた赤色矮星(わいせい)を周回している。米航空宇宙局(NASA)のケプラ...
カテゴリー:

【宇宙】地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 - 09月12日(木)06:58  newsplus

地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 AFP 2019年9月12日 4:33 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ] https://www.afpbb.com/articles/-/3244090 大気中に水の存在が確認されたスーパーアース「K2-18b」の想像図(2019年9月11日提供)。(c)AFP PHOTO /ESA/HUBBLE/M.KORNMESSER NASAのハッブル宇宙望遠鏡(2009年5月13日撮影、資料写真)。(c)NASA VIDEO / AFP 【9月12日 AFP】(更新)ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、...
»続きを読む
カテゴリー:

ついに31光年先という近くに人間が居住可能な惑星が発見される 急いで移住しろ - 09月08日(日)22:59  poverty

https://www.afpbb.com/articles/-/3238161 【8月2日 AFP】生命が生存できる可能性のある惑星を持つ恒星系が、天文学者の国際チームにより発見された。研究を主導したスペインの天体物理学者が1日、発表した。 【関連記事】地下深部に広大な「生命体の森」 国際研究で発見  スペイン・カナリア諸島(Canary Islands)にある天体物理学研究所(Institute of Astrophysics)のラファエル・ルケ(Rafael Luque)氏によると、地球から31光年という、 宇宙的観点からみると比較的近い位置にある赤色矮星(わいせい)「GJ 357」を公転...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙】地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 約110光年離れた天の川銀河内のしし座にある赤色矮星 - 09月12日(木)11:02  newsplus

【9月12日 AFP】(更新)ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に発表された。  論文によると、この惑星「K2-18b」は質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍で、液体の水が存在できるハビタブルゾーン内で恒星の周りを公転している。  K2-18bは、米航空宇宙局(NASA)のケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡が発見した数百個の「スーパーアース(巨大地球型惑星)」の一つ。これまで4000個余り...
»続きを読む
カテゴリー:

巨大地球型惑星に水蒸気 初確認 - 09月12日(木)02:58 

【AFP=時事】(更新)ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー...
カテゴリー:

「生命居住可能領域」の画像

もっと見る

「生命居住可能領域」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる