「生分解」とは?

関連ニュース

【読まれています】子どもたちの夏休みの自由研究.. - 08月10日(月)09:40 

【読まれています】子どもたちの夏休みの自由研究にどうぞ!分かりやすい動画もあります。三菱ケミカルが牛乳で生分解プラの作り方教えます!身近な物で環境問題を学ぼう|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
カテゴリー:

ペンシルベニア州立大が自己修復するソフトロボット用材料! イカのタンパク質を模倣 - 08月02日(日)10:00 

ソフトロボットのアクチュエータは、繰り返しの運動に耐え、摩耗が修復しやすいものが求められている。 こうしたなかペンシルベニア州立大学の研究チームは、イカに含まれるタンパク質を模倣して、自己修復可能な材料を開発した。このタンパク質由来の合成ポリマーは、生物と同じように目に見えるサイズの傷から微細な傷までを自己修復する。 リアルタイムで傷が修復 研究チームは、遺伝子複製技術によってアミノ酸配列を反復し、生物のように自己修復性を持つ合成ポリマーを作り出した。 既存の自己修復材料は、強度と修復時間に課題があった。これに対して、研究チームが開発した合成ポリマーは、高強度なうえに修復時間は1秒だ。水と熱を加えることで修復し、光を使用することも可能とのこと。 100%生分解性でリサイクルも可能 研究チームが開発の合成ポリマーは100%生分解性で、リサイクル可能なバージョンもあるようだ。酢を加えると分解およびリサイクル可能な粉末になる。 リアルタイムに自己修復するソフトロボットのアクチュエーターが開発可能なほか、個人用保護具などに組み込めばすぐさま穴を防ぐことができ、こうした性能はすでにアメリカ陸軍にも注目されているようだ ロボットの消耗部品がメンテナンス不要となれば、稼働率とコストの面でのメリットが大きいと考えられ、早期実用化が期待される。 参照元:Soft robot actuators he...more
カテゴリー:

丸紅、循環型食器「edish」の実証実験開始。使用後は飼料や肥料になる“食器のアップサイクル”実現へ - 08月06日(木)14:17 

丸紅株式会社は食品廃材を原料とし、何度でも生まれ変わることができる“循環型食器”「edish」(エディッシュ)の実証実験を8月11日から開始すると発表した。今後事業化を検証し“食器のアップサイクル”で「食」を起点にした循環型社会の実現を目指すとしている。 エディッシュは同社のビジネスプランコンテストから誕生した、環境に負荷をかけない循環型食器。これまでほとんど用途がなかった食物の皮や芯などの食品廃材を独自の技術で食器に成型し、飲食店に提供する。使用後は食器を回収し、工場で粉砕・乾燥。その後、飼料や肥料などへ加工し、畜産事業者や肥料事業者に提供するというアップサイクル・プロセスの実現を目指す。また、料理を食べ終わった後、客が自らエディッシュを回収BOXに入れてもらうことで、環境に配慮した循環型社会への参加意識も醸成していく。 今回の実証実験では、外食チェーンの株式会社ゼットンの協力により8月11日から10月31日まで、ユーザーの検証および循環サイクルの検証を実施する予定。飲食店や客からのフィードバックによる細かなサービス改善を重ねながら事業化を検討していく「オープン型」の実証実験と定義している。 第一弾は、小麦ブラン(小麦の皮)を原料として、“つぶして回収する”という特徴をもったボウル容器と平皿、深皿の計3種類を製品化。回収後には、公園内での肥料化を目指す。実験の実施店舗は、葛西臨海...more
カテゴリー:

地球や、人。機能性の先のことまで考えられた「マスク」5選 - 07月27日(月)19:00 

散歩中に、「マスク」が落ちているのを見かけたことはありませんか。考えてみれば数ヶ月前には、道端にこんなにもガムやタバコの吸い殻のようにマスクが落ちていることなんてなかったように思います。「涼しい」「機能的」「オシャレ」「安い」。今、世の中に生まれたたくさんのマスクの中からどれを選択するかはそれぞれの人の自由です。でも、道端に落ちている使い捨てマスクを同じように見かけたことがあって、モヤモヤした気持ちになったことがあるならば、機能性はもちろん、使い捨てではなく「誰かや、何かのためになるもの」をマスク選びの基準の一つにしてみてもいいのかもしれません。紹介するものの中には、現在では手に入れることができない商品もありますが、なんとなくこの記事を流し読みすることによって、一人でも多くの人が、次にマスクを選ぶ時に「何か」を考えるきっかけになればと思っています。「バクテリア」で作る、人にも環境にも優しいマスクこれまで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、DIYのフェイスシールドやマスクなどさまざまなアイデアが生まれてきたが、その多くにプラスチックが使われているということに懸念を抱いていたデザイン会社「Sum Studio」のElizabethとGarrett。感染拡大防止と持続可能性のどちらもクリアするアイテムが作れないかと、2人は自粛期間中に自宅で実験。そして生まれたのが、この「Xylinu...more
カテゴリー:

「生分解」の画像

もっと見る

「生分解」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる