「生分解」とは?

関連ニュース

マーケットリサーチセンター、「薬剤溶出ステントの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」調査レポートを販売開始 - 11月19日(火)12:00 

2019年11月19日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「薬剤溶出ステントの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測」レポートの販売を開始いたしました。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:薬剤溶出ステントの世界市場:市場規模、シェア、成長、動向、予測■英文タイトル:Drug-eluting Stents Market (Product: Polymer-based and Polymer-free; Drug: Sirolimus, Everolimus, Paclitaxel, Zotarolimus, Biolimus, and Others; Generation: 1st Generation, 2nd Generation, 3rd Generation, and 4th Generation: Scaffold: Cobalt-Chromium, Platinum-Chromium, Nitinol, Biodegradable, and Others; Application: Coronary Diseases and Peripheral Vascular Diseases; End User: Hospitals and Ambulatory S...more
カテゴリー:

第8回高校生国際ESDシンポジウムにAPPも出展参加 - 11月12日(火)17:15 

2019年11月12日 エイピーピー・ジャパン株式会社 第8回高校生国際ESDシンポジウムに6か国から220人 APPジャパンも出展参加、高校生らと交流図る 【2019年11月12日】 国際的な紙パルプ製造企業グループであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の日本法人エイピーピー・ジャパン株式会社(本社:東京、代表取締役会長:タン・ウイ・シアン)は11月7日、筑波大学東京キャンパスで開かれた「第8回高校生国際ESDシンポジウム」に参加、出展しました。インドネシアで毎年続けている1万本植樹活動や、紙の製造工程のパネル、コピー用紙などの紙製品、インドネシアの農家の女性が作った布製品などを展示し、参加した高校生らにインドネシアにおける森林環境問題や生分解性の食品容器用板紙製品などについて説明したり、高校生からの質問に答えたりしました。 このシンポジウムには、国内外の高校27校の生徒や教員、関係団体など計約220人が参加。冒頭、文部科学省初等中等教育局参事官(高等学校担当)付の安彦広斉氏と、インドネシア大使館教育文化担当のアリンダ・ザイン氏が挨拶。国内からは筑波大学付属坂戸高校、筑波大学附属高校、筑波大学附属駒場中・高等学校、明治学園中学高校、静岡県立三島北高校、山梨県立甲府第一高校、愛媛大学附属高校など21校、海外からはインドネシア環境林業省付属高校、ボゴール農科大学...more
カテゴリー:

東芝、信州大と遺伝子治療関連で共同研究開始 - 11月11日(月)16:56 

 東芝は11日、次世代のがん治療として注目される遺伝子治療に関し、信州大と共同研究を始めたと発表した。がん細胞の増殖を抑えたり、死滅させたりする遺伝子を運ぶための微小な容器に使える「生分解性リポソーム」に関連した技術を開発する。
カテゴリー:

「プラスチック廃棄物管理および再生プラスチックの世界市場:サービス別、ポリマー別2024年予測」調査レポート刊行 - 11月07日(木)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「プラスチック廃棄物管理および再生プラスチックの世界市場:サービス別、ポリマー別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】世界のプラスチック廃棄物管理市場は今後2024年に379億ドルに拡大すると予測されます。当レポートでは、2024年に至るプラスチック廃棄物管理および再生プラスチックの世界市場予測(市場規模US$、量ベースTons)、サービス別市場(集積/輸送、リサイクル、焼却、埋め立て/処分)、ポリマータイプ別市場(PP、LDPE、HDPE、PVC、PUR、PS、PET、その他)、発生源別市場(住宅、インダストリアル、商業/企業、その他)、再生プラスチック用途別市場(パッケージング、ビルディング/建設、繊維/衣服、自動車、家具、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】プラスチック廃棄物管理および再生プラスチックの世界市場:サービス別、ポリマー別2024年予測Plastic Waste Management Market by Service (Collection, Recycling), By Polymer Type (PP, LDPE), By So...more
カテゴリー:

NEDO、海洋生分解性プラスチック問題を解決する先導研究プログラムを開始 - 11月07日(木)08:30 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の技術戦略研究センター(TSC)は、2019年7月から先導研究プログラムの一環として「海洋プラスチックごみ問題を解決する海洋分解性プラスチックの技術開発」プログラムを始めたと公表した。この研究開発プログラムは2019年7月から1年間、先導研究として実施し始めている。
カテゴリー:

GSアライアンス株式会社が100%天然バイオマス(石油使用量0)の生分解性セルロース系樹脂を開発 - 11月13日(水)10:30 

人口爆発が原因の1つともなっている地球温暖化、極端な気候変動、資源枯渇などの環境問題や、海洋のマイクロプラスチック問題を含む世界的なプラスチックゴミ問題による地球環境破壊は深刻化しており、生態系を破壊する壊滅的なレベルになりつつあります。2050年には海中に漂うプラスチックゴミの量が魚の量を上回る可能性があると言われており、既に我々人体にマイクロプラスチックが環境中、大気中から入りつつあるという報告...
カテゴリー:

変圧器の絶縁油、植物系生分解性パーム油を採用 .. - 11月12日(火)14:40 

変圧器の絶縁油、植物系生分解性パーム油を採用 日立産機がアモルファス油入変圧器
カテゴリー:

GSアライアンス株式会社の植物、木、廃木材、紙、古紙などのリサイクル材料を複合化させた100%天然バイオマスの生分解性樹脂(石油0)がグリーンプラ、バイオマスプラ認証を取得 - 11月11日(月)12:00 

地球温暖化、資源枯渇などの問題や、海洋のマイクロプラスチック問題を含む世界的なプラスチックゴミ問題による地球環境破壊は深刻化しており、生態系を破壊する壊滅的なレベルになりつつあります。2050年には海中に漂うプラスチックゴミの量が魚の量を上回る可能性があると言われており、既に我々人体にマイクロプラスチックが環境中から入りつつあるという報告もあります。このような状況において、プラスチックリサイクルの推...
カテゴリー:

セブンカフェ、生分解性ポリマーストローを全国展.. - 11月07日(木)12:26 

セブンカフェ、生分解性ポリマーストローを全国展開 カネカと共同開発、海水中で6カ月以内に90%以上分解
カテゴリー:

プラスチック製ストローの代替品、どれなら使う? - 11月04日(月)13:38 

外食・食品業界ではプラスチック製ストロー廃止の動きが進んでいるが、その代替品10種類についてFOODBEASTがランキング形式にまとめている(FOODBEASTの記事)。 順位は以下の通り。1位・2位・4位・8位は繰り返し使用型のストロー、6位・7位・9位・10位は使い捨て型のストローとなる。 ステンレス製ストロー 竹製ストロー 飲み口付き蓋 ガラス製ストロー ストローなしで直飲み 麦わら製ストロー 紙製ストロー シリコン製ストロー パスタ製ストロー 生分解プラスチック製ストロー 繰り返し使用型の中ではシリコン製ストローがゴムみたいな味(匂い)、ガラス製ストローが割れやすさにより低評価となっている。竹製ストローは長期間の使用で摩滅することで、ステンレス製ストローに1位の座を譲っている。ただし、シリコン製ストローを味の変化で低評価したにもかかわらず、ステンレス製ストローでは製品によってシリコン製のチップが付属して口当たりがよくなることも高評価ポイントにしている。なお、ViceのEve Peyser氏は昨年、代替ストロー比較記事でステンレス製ストローの金属的な味や冷たさが大嫌いだと述べていた。 最低評価の生分解プラスチック製ストローは、従来のプラスチック製ストローと変わりない使用感が得られるものの、実際に生分解するには専用の商用コンポスト施設が必要だという。そのため、普通に捨てて...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「生分解」の画像

もっと見る

「生分解」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる