「環境負荷低減」とは?

関連ニュース

中部国際空港など、イオンモール常滑へのシャトルバスに燃料電池バス導入 - 07月05日(金)15:05 

中部国際空港とイオンモールなどで構成する「CHITA CATプロジェクト」は、中部国際空港とイオンモール常滑を結ぶ無料シャトルバスに燃料電池バスを導入し、6月26日より運行している。 この路線は、2015年12月より運行しており、平日12往復、土日祝日27往復運行し、月間28,00人以上が利用している。 今回の燃料電池バスの導入を通して、空港周辺エリアへの環境負荷低減、世界最先端の燃料電池技術の実用によるショーケース化、2019年3月19日に開業したセントレア水素ステーションの活用を目指す。また、中部国際空港を起点に、水素エネルギーの利活用のモデルケースとして広くPRすることを目指すとしている。 ⇒詳細はこちら 投稿 中部国際空港など、イオンモール常滑へのシャトルバスに燃料電池バス導入 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

令和元年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者を募集します - 07月01日(月)14:00 

経済産業省・国土交通省では、物流分野における環境負荷低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築に関し、顕著な功績のあった事業者に対して、大臣表彰・局長級表彰を行うため、令和元年7月1日(月曜日)から優良事業の募集をいたします。
カテゴリー:

サントリー 再生ペット製造ライン、来春増設 CO2排出量25%削減 - 07月01日(月)06:25 

 サントリーホールディングス(HD)が、再生ペットボトルの使用比率を高めている。同社はこのほど、2018年夏に稼働した環境負荷低減と再生効率の向上を両立させる技術「FtoPダイレクトリサイクル技術」を採用した再生ペットボトルの製造ラインを、20年春に増設することを決めた。
カテゴリー:

商船三井、国内初の個人投資家向けサステナビリティボンドを7月に発行 - 07月02日(火)19:08 

株式会社商船三井は6月29日、サステナビリティボンドを7月に発行すると発表した。第23回、24回目の無担保社債と個人投資家向けの3件を予定している。 サステナビリティボンドは、調達資金の使途を環境改善効果のある「リーンプロジェクト」および社会的課題の解決に資する「ソーシャルプロジェクト」双方への融資または再融資に限定して発行する債券。幅広いステークホルダーに理解を深めてもらうために、機関投資家、個人投資家の双方を販売対象としたもので、事業会社が個人投資家向けにサステナビリティボンドを発行するのは国内初の事例となる。 同社は経営計画「ローリングプラン2019」で、前年の経営計画に引き続き環境・エミッションフリー事業をコア事業とすること、SDGsに向けた取り組みを推進することを掲げており、17年4月に策定した「商船三井グループ環境ビジョン2030」では、環境課題に関し同社グループがめざす姿を明確にした。「環境規制への対応や環境負荷低減に向けた取り組みをビジネスチャンス、差別化の機会と捉え、優れた環境技術の積極的採用や新技術の開発に果敢に挑戦してきた。社会と共に持続的に成長することを目指す企業として、世界的ネットワークを有する海運会社ならではの活動に積極的に取り組んでいく」としている。 第22回(発行年限4年)、第23回(発行年限6年)の無担保社債は発行額各50億円、個人向け債「商船三井...more
カテゴリー:

低温暖化冷媒HFC-32を用いた空調機の特許権不行使を宣言 - 07月01日(月)14:00 

2019年7月1日 ダイキン工業株式会社 関連特許の無償開放によりHFC-32への転換をさらに加速 低温暖化冷媒HFC-32を用いた空調機の特許権不行使を宣言 ダイキン工業株式会社は、本日、HFC-32(R32)単体冷媒を用いた空調機の製造や販売等に関する特許の権利不行使の誓約※1を宣言しました。この誓約の対象となる特許について、書面による契約をすることなく無償で使用可能にすることで、従来使用されてきた冷媒よりも地球温暖化に対する影響が低いHFC-32の普及をさらに促進したいと考えています。 2016年10月に、モントリオール議定書のキガリ改正※2にてHFC冷媒による温暖化影響を段階的に削減していくことが合意され、この改正が2019年に発効しました。これを受け、キガリ改正批准国では低温暖化冷媒への転換に向け動き始めています。 HFC-32は、オゾン層を破壊せず、温暖化係数は従来使用されてきたR410Aの約三分の一※3であるなど、空調機の環境影響を抑制するための多くの特性を備えています。また、HFC-32は空調機の運転効率を高めることができ、冷媒自体も広く流通しており容易に入手可能です。単体冷媒であるため、回収・再生が容易であり、冷媒の新規生産量を削減することができます。これらの特性から、当社はHFC-32を、多くの地域における環境負荷低減に有効な冷媒であると考えていま...more
カテゴリー:

「環境負荷低減」の画像

もっと見る

「環境負荷低減」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる