「環境団体」とは?

関連ニュース

EU、可燃性ペレットを使うバイオマス電力を再エネから除外する方針 - 06月21日(月)14:35 

欧州連合(EU)の欧州委員会が、同地域における再生可能エネルギーの3分の2近くを占めるバイオマス発電に関して、再生可能エネルギーから除外する提案を検討しているという(日経新聞)。 規制の対象として検討されているのは、木材などの可燃性ペレットを使用するバイオマス電力。環境団体や専門家からは、原生林由来の木材を使用して燃焼時にCO2を排出している上に、森林によるCO2吸収の機能を低下させるとして批判が強まっているという。記事によれば、こうした発電方式はEUのバイオマス総発電量の約18%を占めているとのこと。 新たな規制案では、現行の発電容量20メガワットを超える発電施設での利用条件を5メガワットに引き下げることや、質の高い木材を発電原料として使用するのは、他の原料を使い切った場合に限定するなどの案があるという。一方で、バイオマス発電への依存度の高いフィンランドやスウェーデンは改正しないよう求めている模様。 すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | EU | 電力 | サイエンス | 関連ストーリー: 改正地球温暖化対策推進法が成立。来年4月施行へ 2021年05月27日 JEPXの電力取引価格が高騰、契約によっては請求金額が前年同期比2倍以上になる可能性も 2021...more
カテゴリー:

27万人分の署名を手渡す環境団体=10日、衆院.. - 06月11日(金)12:49 

27万人分の署名を手渡す環境団体=10日、衆院第2議員会館 #気候変動 主要7カ国首脳会議(G7)直前の10日、環境団体や市民団体は脱石炭と脱原発を求める27万人分の署名を政府に提出しました。 提出に続き、国会前など全国122カ所でスタンディング
カテゴリー:

「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった - 06月03日(木)07:32 

2025年、アメリカ大統領に復活当選したドナルド・トランプは、あらゆる環境保護に否定的な政策を開始。その影響は日本にも及び、横須賀市の在留米軍は同市に対して「市の環境保護政策には協力しない」「電力の安定供給の観点から火力発電の稼働を数年早めるように」と通告した。市はどのように対応すべきか。6~7名の登場人物を設定し、議論が盛り上がるようなドラマを作り上げよ。環境問題への危機意識や、地域の問題に関心を持つ若い世代を対象に、パタゴニア日本支社が開催するクライメート・アクティビズム・スクール。冒頭の設定は、オンラインで開催された同スクールのプログラムのひとつである演劇ワークショップの課題だ。気候変動の問題について学ぶ場で、なぜ自分たちが演劇をやる必要があるのだろう?戸惑いながらも取り組みをはじめる参加者たち。講師役の劇作家・平田オリザさんは、ヒントを挙げてさらに参加者たちを悩ませる。「すごく意地悪な視点を持って、シナリオを考えるといいですよ」 気候変動の問題になぜ演劇でアプローチを?気候危機といわれる中で、状況を何とか改善するために行動したい。そのためのヒントを得るために集まった10代20代の参加者に平田オリザさんはこう語りかけた。「シンパシー(同情)はあっても、エンパシー(共感)がない。会話はあっても、対話はない。これが今の日本社会です」 「対話劇をつくろう シンパ...more
カテゴリー:

4つの事例でわかる「ESG」。軽視すれば、会社が潰れるかもしれない - 06月14日(月)09:29 

 環境への配慮や多様性を企業の経営方針に採り入れるESG(環境・社会・ガバナンス)は、欧米を中心に世界の潮流になっている。しかし、ただちに収益に結びつかないこの理念をどこまで優先するか、企業にとって悩ましい問題だ。一方で、ESGに消極的な企業に対しては、環境団体や投資家の視線が厳しくなっている。ESGを軽視した企業には、どんなリスクが潜むのか。最近の事例をもとに、4つのパターンを紹介する。 (小林豪)<この記事に書かれていること>1.環境対策が遅れる企業に、オランダの司法が下した判決とは?2.日本の環境NGOが、企業に対策を促した方法とは?3.女性取締役がいない企業は、社長選任もままならない?4.差別発言をしたDHC会長に、取引先や自治体の反応は? ロイターによると、オランダ・ハーグの裁判所は5月26日、欧州の石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルに対し、2030年までに19年比でCO2排出量を45%削減するよう命じる判決を言い渡した。シェルが今年発表していた気候変動に関する戦略には、「2030年までに20%以上」「2050年までに実質100%」のCO2排出量の削減目標が盛り込まれ、エネルギー業界では「野心的な部類に入る」とも言われていた。しかし、判決はシェルの戦略を「明確ではなく、さまざまな条件が付けられている。これは十分でない」と指摘。温暖化を抑えるためのパリ協定...more
カテゴリー:

漂着マスクが激増、海へ年15億枚? ペンギンの胃にも - 06月07日(月)12:00 

 新型コロナウイルス流行によるマスクの大幅な消費量の増加が、海洋プラスチックごみ問題に拍車をかけている。マスクの多くは実はプラスチック製だ。海に流れ出たマスクは1年間に15億枚との環境団体の試算があり…
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる