「理化学研究所」とは?

関連ニュース

第1回 LLM 勉強会 - 06月03日(土)14:04 

第1回 LLM 勉強会2023年5月15日(月)に国立情報学研究所にて初回となる LLM 勉強会を開催しました。 プログラム 勉強会の趣旨、国の動向など [資料] 黒橋禎夫(国立情報学研究所) 現状の LLM のサーベイ [資料] 河原大輔(早稲田大学) 菅原朔(国立情報学研究所) 栗田修平(理化学研究所) 各機関での試みの紹介 河原大輔(早稲田大...
カテゴリー:

東工大、富士通ら和製ChatGPT開発へ - 05月24日(水)16:03 

東京工業大学や富士通などは22日、スパコンの「富岳」を用いて生成AIを開発すると発表した。日本語の文章データを中心に学習させた技術を2023年度中に構築。2024年度に国内企業や大学などに無償で提供することを目指すという。開発には理化学研究所や東北大学も参加、生成AIの基盤となる大規模言語モデルを独自に開発するという。日本の産学が連携して国外企業に対抗する考えであるようだ(富士通リリース、日経新聞、産経新聞、クラウド Watch)。 クラウド Watchの記事によると、このプロジェクトでは東京工業大学は全体総括と大規模言語モデルの並列化および高速化を担当。東北大学は学習用データの収集とモデルの選択を、富士通は大規模言語モデルの高速化を担当する。理化学研究所は大規模言語モデルの分散並列化・通信高速化、大規模言語モデルの高速化を担当するとのこと。 NOBAX 曰く、「富岳」を使って23年度中に開発し、24年度から国内企業などに無償で提供する。「GPT-3」の1750億に近い1000億程度のパラメーター数を持つ大規模言語モデルなどを構築する。理化学研究所や東北大学も参加し、サイバーエージェントとも連携する。 AIの学習にはオンライン百科事典の「ウィキペディア」使うらしいですが 信頼性はどうなんでしょう 小林昌樹さんの「調べる技術」によると、国会図書館には 247万点の全文検索可...more
カテゴリー:

世界最速のスパコントップ500でAMDが大躍進中、1位はフロンティアが守り富岳は2位 - 05月23日(火)16:55 

世界のスーパーコンピューターの性能を半年ごとにランキングにする「TOP500」の2023年6月分が発表され、アメリカ・オークリッジ国立研究所の「Frontier(フロンティア)」が1位を守り、理化学研究所計算科学研究センターの「富岳」は2位でした。
カテゴリー:

「富岳」で大規模言語モデル開発へ 分散並列学習法を研究 成果はGitHubなどで公開予定 - 05月23日(火)12:45 

理化学研究所と富士通、東京工業大学、東北大学が、スーパーコンピュータ「富岳」で大規模言語モデルの分散並列学習手法の研究を始める。
カテゴリー:

和製ChatGPT開発へ向け最強メンバーが集結。富士通・東工大・理研・サイバーエージェントなど - 05月23日(火)06:47  poverty

スパコン「富岳」で生成AI基盤技術を開発 東工大など 東京工業大と富士通などは22日、スーパーコンピューター「富岳」を使って、生成人工知能(AI)の基盤技術を開発すると発表した。 国産の生成AIの開発や国内のAI関連技術の向上、国際競争力強化につなげる狙いがある。 日本語の文章データを中心に学習させた技術を23年度中に構築し、 24年度に国内企業や大学などに無償で提供することを目指す。 https://www.sankei.com/article/20230522-QIBNFPWORZK3XBS5JY2ALNY7LE/ 開発には、富岳を運用する理化学研究所...
»続きを読む
カテゴリー:

スパコン速度、米「フロンティア」3連覇 「富岳」は生成AI技術開発へ - 05月24日(水)20:18 

スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が日本時間22日、独ハンブルクで開かれた国際会議で発表され、米オークリッジ国立研究所の「フロンティア」が2022年11月の前回に続きトップとなり、3連覇を果たした。同機は22年5月、史上初めて毎秒100京回(京は1兆の1万倍)を意味する「エクサ級」を達成している。理化学研究所の「富岳(ふがく)」は2位を守った。また東京工業大学などは富岳を使い、生成AI(人工知能)の基盤技術の開発を24日に開始すると発表した。
カテゴリー:

ジャップ製スパコン「富岳」世界1位 - 05月23日(火)18:27  poverty

スパコン「富岳」世界1位 2部門で7期連続 5/23(火) 1:20配信 関西テレビ https://news.yahoo.co.jp/articles/ce42226d4b2bd76cdc6adf3b5b6849f598042b88 神戸市の理化学研究所にあるスーパーコンピューター「富岳」が、性能を競う2部門で7期連続世界1位を達成しました。 理化学研究所と富士通が開発した「富岳」は、新型コロナへの感染対策の検討や災害予測などにも活用されています。 今回「富岳」はアプリケーションを動かした際の処理能力とビッグデータの処理に使う能力の2部門で、7期連続の世界1位を獲得しました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

スパコン性能ランキングTOP500の2023年6月版、前回と変わらず1位「Frontier」、2位「富岳」 | IT Leaders - 05月23日(火)13:40 

スーパーコンピュータ性能ランキングのTOP500は2023年5月22日、ランキング最新版(2022年6月版)を公開した。LINPACKベンチマーク値の上位10システムについては順位の変動はなかった。1位は、米オークリッジ国立研究所とHPEの「Frontier」(1194.00PFLOPS〈ペタフロップス〉、毎秒119京4000兆回)で、前回(2022年11月版)の1102.00PFLOPSから微増した。1194PFLOPSは1.194EFLOPS(エクサフロップス)であり、現時点でエクサフロップス級のスパコンはFrontierだけである。2位は理化学研究所と富士通の「富岳」(442.01PFLOPS、毎秒44京2010兆回)で、システム構成とベンチマーク値は前回と同じ。なお、富岳はHPCとGraph500の両ベンチマークで7期連続1位となった。
カテゴリー:

【日本版ChatGPT】東工大等スパコン「富岳」で生成AI基盤技術を開発…Wikipedia・ブログ記事等で学習 - 05月23日(火)11:06  newsplus

東京工業大と富士通などは22日、スーパーコンピューター「富岳」を使って、生成人工知能(AI)の基盤技術を開発すると発表した。国産の生成AIの開発や国内のAI関連技術の向上、国際競争力強化につなげる狙いがある。日本語の文章データを中心に学習させた技術を23年度中に構築し、24年度に国内企業や大学などに無償で提供することを目指す。 【中略】 そこで東工大などのチームは、日本語の文章データを中心に使って生成AIの基盤となる 「大規模言語モデル」を開発する。 インターネット上に公開されている日本語のニ...
»続きを読む
カテゴリー:

【AI】「富岳」で和製生成AI 東工大や富士通、23年度中に - 05月22日(月)22:24  bizplus

東京工業大学や富士通などは22日、スーパーコンピューター「富岳」を使って2023年度中に高度な生成人工知能(AI)を開発すると発表した。日本語を中心とした基盤技術を構築し、24年度から国内企業などに無償で提供する。米オープンAIの「Chat(チャット)GPT」などが世界で注目を集める中、日本の産学が連携して自前技術で対抗する。 開発には理化学研究所や東北大学も参加する。生成AIの基盤となる大規模言語モデルを独自に開発する。AIの学習にはオンライン百科事典の「ウィキペディア」などで公開されている日本語のデータなどを使...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる