「現役続行」とは?

関連ニュース

キングカズ(52)「現役続行します」ファン「うおおおおおお」イチロー(45)「現役続行します」 - 03月18日(月)11:45  livejupiter

ファン「あっ大丈夫っす…」 焼豚さあ… ...
»続きを読む
カテゴリー:

勝村政信が思わず涙…震災直後の新番組MCに「何もできなかった」と告白 - 03月16日(土)11:50 

日本代表をはじめ、多くのサッカー関係者に利用されていたが、東日本大震災の影響で営業中止を余儀なくされていたスポーツ施設“Jヴィレッジ”を、3月16日にテレビ東京系で放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜24:20~)で特集。大きな変化を遂げ、8年ぶりに復活を果たした施設の“イマ”を伝える。1997年に福島県の双葉郡、広野町、楢葉町に跨る広大な敷地に、日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。元サッカー日本代表で番組アナリストの都並敏史は「近代日本サッカー躍進の原点」、秋田豊は「トレーニングの聖地」と評する日本サッカーの重要拠点の一つだ。2006年のドイツワールドカップ前には、ジーコジャパンが国内最終調整を行い、人口8千人ほどの町に1週間で6万人ものファン・サポーターが集結した。今回、ブレインスカウター・サトミキこと佐藤美希が、営業を再開したJヴィレッジを取材。震災発生当時から勤めるスタッフに話を聞き、新設された日本初の巨大施設やリニューアルされたJヴィレッジホテルに潜入。さらに、日本屈指の美しさを誇っていた緑の芝が完全復活。靴を脱いでピッチの上に立ちその感触を確かめる。また、スタジオでは番組MCの勝村政信が震災当時の思いを告白。この2月で放送400回を迎えた同番組だが、第1回収録が行われたのは震災直後の3月25日だった。この日の...more
カテゴリー:

勝村政信「YASUDAの話ができるなんて…」伝説のスパイクメーカー復活に感動 - 03月09日(土)21:37 

メイド・イン・ジャパンの老舗スパイクメーカーとして人気を博しながら、日韓ワールドカップを目前に倒産した「YASUDA」が昨年5月、16年ぶりに復活。テレビ東京系で3月9日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜、24:20~)で、ブランド復活への道のりを特集した。YASUDAは、1932年に安田靴店として創業。いち早くサッカースパイクに目をつけ、その4年後、1936年に開催されたベルリンオリンピックでは、YASUDAのスパイクを履いた日本代表が優勝候補のスウェーデンを撃破。選手たちを足元から支えた。戦後は不動の人気を獲得し、国内随一のブランドへと成長したが、70年代から徐々に海外ブランドにシェアを奪われ窮地に。2002年、日韓ワールドカップを目前に倒産したが、16年の時を超えて復活を遂げた。それから16年、ある一人の男によってYASUDAが復活。その立役者となったのが、この日のゲストでYASUDA代表取締役社長の佐藤和博だ。元社員でもなく、メーカーで働いた経験もない男が、どのようにして伝説のスパイクを蘇らせたのか?佐藤とYASUDAの出会いは中学2年生の頃。当時、埼玉県の大宮駅近くにあったフタバスポーツにスパイクを買いに行った際、そこの店長から「幅広の典型的な日本人の足にピッタリ」「これを履いたら絶対に上手くなる」と勧められたのがYASUDAのスパイクだった。それ...more
カテゴリー:

【インタビュー】SC相模原で現役続行を決意した稲本潤一「サッカーをやめるなんて考えられなかった」 - 03月09日(土)09:30 

 あの稲本が相模原にやってくる――。そんなニュースはSC相模原に関わる全ての人を歓喜させた。かつて日本中を沸かせた “ワンダーボーイ”は、J3、そして SC相模原という新しい場所での挑戦を、心の底から
カテゴリー:

日本初の全天候型ピッチを新設!震災から復活のJヴィレッジがスゴイ - 03月16日(土)11:51 

日本代表をはじめ、多くのサッカー関係者に利用されていたが、東日本大震災の影響で営業中止を余儀なくされていたJヴィレッジ。3月16日にテレビ東京系で放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜24:20~)が、8年ぶりの復活を果たした施設の現在の姿を伝えた。1997年に福島県の双葉郡、広野町、楢葉町に跨る広大な敷地に、日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターとして開設された“Jヴィレッジ”。元サッカー日本代表で番組アナリストの都並敏史が「近代日本サッカー躍進の原点」、秋田豊が「トレーニングの聖地」と評した日本サッカーの重要拠点の一つだ。2006年のドイツワールドカップ前には、ジーコジャパンが国内最終調整を行い、人口8千人ほどの町に1週間で6万人ものファン・サポーターが集結した。しかし、2011年3月11日。東日本大震災が発生。大きな揺れと共に巨大な津波が襲い、およそ20km離れた場所に位置する福島第一原子力発電所の事故を誘発。予備電源を備えていた同施設の体育館は津波の被害から逃れた方々の避難所となり、その後は原発事故対応の前線基地に姿を変えた。かつて日本代表が練習していたグラウンドは作業関係者の駐車場となり、その他のすべての練習グラウンドも資材置き場や放射性物質の除染場として使われることに。震災前、そこは「フィールドには芝の神が宿るから」と職員であっても簡単には立...more
カテゴリー:

西岡剛、BC栃木入り ロッテ、阪神で活躍 - 03月12日(火)12:08 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、プロ野球・阪神を自由契約となり現役続行の意思を示していた西岡剛内野手(34)の入団を発表した。背番号は「1」。栃木県小山市で18日に記者会見する予定。
カテゴリー:

懐かしい!伝説のスパイクメーカー「YASUDA」復活への道のり - 03月09日(土)10:20 

テレビ東京系で3月9日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜24:20~)で、日韓ワールドカップを目前に倒産し、昨年復活を遂げたメイド・イン・ジャパンのスパイクメーカー「YASUDA」を特集する。YASUDAは、1932年に安田靴店として創業。いち早くサッカースパイクに目をつけ、1936年に開催されたベルリンオリンピックでは、YASUDAのスパイクを履いた日本代表が優勝候補のスウェーデンを撃破。選手たちを足元から支えた。戦後は不動の人気を獲得し、国内随一のブランドへと成長したが、70年代から徐々に海外ブランドにシェアを奪われ窮地に。2002年、日韓ワールドカップを目前に倒産したが、16年の時を超えて復活を遂げた。今回、伝説のスパイクメーカーの特集とあって、収録が始まるやいなや番組MCの勝村政信と番組アナリストの都並敏史は「YASUDAのスパイク良いですねー! カミナリラインとかジャイールラインとか……」と大盛り上がり。スタジオにはYASUDA復活の立役者・佐藤和博をゲストに招き、その復活への道のりを紐解いていく。一人の男の情熱が人々を巻き込み、多くのYASUDAファンのチカラによって成し遂げられた復活の物語は必見だ。そして、ブレインスカウター・サトミキこと佐藤美希が、復活したYASUDAスパイクの生産工場を取材。カンガルー革などの素材に触れ、熟練の職人が一つ一つ...more
カテゴリー:

“萌え英会話”でおもてなし メイドカフェが外国人観光客に大人気 - 03月09日(土)08:11 

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。今回、修造が訪れたのは東京・秋葉原のとあるビル。「お帰りなさいませ、ご主人様!ご主人様のご帰宅をお待ちしていました!」(hitomiさん)©TOKYO応援宣言出迎えてくれたのは、メイドカフェで働くhitomiさんだ。hitomiさんはメイド歴14年でお店の経営にも携わる、いわば“レジェンド”。メイドカフェではおなじみという、“ある技”を考案した人物でもあるという。「萌え萌えきゅ~ん!」その名も「愛込め」。食べ物や飲み物にポーズともに愛情を込める、今ではどの店でも見られる定番の技だ。©TOKYO応援宣言来たる2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、hitomiさんはこのメイドカフェの文化を海外にも発信していきたいと考えている。「秋葉原は今、すごく海外の人が増えていて、そういう面で秋葉原という街が東京2020に向けて、色んなことが出来るなと思っています。日本を代表する“ポップカルチャー”の1つとしてメイドカフェを提供したいと思いますし、日本にこういう新しい文化があるというのを楽しんで欲しいなという気持ちがありますね」(hitomiさん)◆新人...more
カテゴリー:

「現役続行」の画像

もっと見る

「現役続行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる