「現地視察」とは?

関連ニュース

女子高生の街・原宿が、オトナの街へ変化?|「ウィズ原宿」現地視察結果 - 07月03日(金)17:00 

消費者経済総研のプレスリリース(2020年7月3日 17時)。-消費者経済総研-
カテゴリー:

被爆建物の首相視察を 自民議連が要望 - 06月25日(木)13:57 

 被爆者救済や核兵器廃絶に取り組む自民党の議員連盟(会長・河村建夫衆院議員)は25日、西村明宏官房副長官を首相官邸に訪ね、広島市に残る最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠」を安倍晋三首相が現地視察するよう要望した。建物の保存費用の支援も求めた。
カテゴリー:

バンコク(タイ)での不動産投資のメリットとデメリットは?手順も解説 - 06月26日(金)00:13 

経済成長を続けているタイは、不動産投資の投資先として選ばれることも増えています。タイには多くの日本人が住んでおり、不動産会社が開催するセミナー以外の情報収集方法が多いこともタイ不動産投資の特徴です。 しかし一方で、タイの経済は先進国と比較して外需に影響されやすく、不動産購入時のローンのハードルが高いなどのデメリットにも注意が必要です。 この記事では、タイ不動産投資のメリット・デメリットと、物件購入の手順について解説します。 目次 タイ不動産投資の特徴 バンコク(タイ)不動産投資のメリット 2-1.日本と比較して投資用不動産が低価格 2-2.不動産価格が上がる可能性がある 2-3.タイの国内に日本人が多く、情報収集が比較的容易 2-4.現地の日本人エージェントに賃貸管理を任せられる バンコク(タイ)不動産投資のデメリット 3-1.タイの経済は海外の経済状況による影響を受けやすい 3-2.タイの現地の不動産投資ローンは使えない 3-3.タイと日本における商習慣の違いや言語の壁 4.バンコク(タイ)の物件購入・運用の手順 4-1.タイの情報を収集する 4-2.不動産エージェントを選ぶ 4-3.候補物件を視察する 4-4.購入申込書の提出・手付金の支払い 4-5.売買契約の締結・残金の支払い 4-6.登記手続き 4-7.運用開始 まとめ 1.タイ不動産投資の特徴 タイ不動産投資の特徴は...more
カテゴリー:

「現地視察」の画像

もっと見る

「現地視察」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる