「珠洲市」とは?

関連ニュース

奥能登の公立4病院「12億も赤字です…このままでは潰れてしまいます…」 岸田「知らん」 マジのガチで被災地を見捨てる模様 - 07月13日(土)02:39  poverty

公立4病院、赤字12億円超 奥能登、岐路に立つ地域医療 石川 https://news.yahoo.co.jp/articles/715793d39b9db51d85b62b7cab714029b5bc0691 能登半島地震で甚大な被害を受けた石川県の奥能登地域(輪島、珠洲両市、穴水、能登両町)の公立4病院が、 昨年度決算でいずれも大幅な赤字となり、赤字額が計12億円を超えることが9日、同県への取材で分かった。  被災で過疎化に拍車が掛かり、さらなる赤字も見込まれる中、復興に向けて地域医療をどう確保するかが課題となっている。  県によると、昨年度決算での赤字額は、珠洲...
»続きを読む
カテゴリー:

【4日で支援者100人突破!!】ふるさと納税にも大人気☆奥能登珠洲市に残したい『さかな屋』がここにあり!CAMPFIREでクラウドファンディング開始。 - 07月09日(火)20:00 

蛸島港で水揚げされる新鮮な魚と天然の塩だけで作る干物、加工品を手掛ける、さかな屋 甚五朗は、令和6年能登半島地震により被災した店舗兼加工場の再建プロジェクトを「CAMPFIRE」にて、2024年6月25日(火)より開始しました。目標金額は700万円。再建するための資金として使用します。
カテゴリー:

美術家・鴻池さん 能登被災者とカーテン制作/青森県美で13日から展示 - 07月07日(日)10:38 

能登半島地震で被災した石川県珠洲市で、手芸を通して心に日常を取り戻す人たちがいる。布に触れ、針を動かすうちに「前を向こうと思えた」という。仮設住宅のカーテンと、絵画のような手芸作品を作る二つの企画を進める美術家の鴻池朋子さんは「多くの人の手を経てきた糸や布のパワーが、五感に届いたのかもしれません」と話す。鴻池さんは珠洲市など各地で手芸プロジェクトを手がけてきた。カーテンは、仮設住宅90戸に1枚ずつ設置するために制作。布の調達や縫製、刺しゅうに全国の知人約40人が手弁当で参加した。珠洲市で手芸店…
カテゴリー:

能登半島地震、97年に防災計画を作ったまま更新していなかったことで被害が深刻に - 07月06日(土)06:34  news

https://www.chunichi.co.jp/article/923128 非常食は初日に底をついた 避難者は想定の12倍、甘かった能登半島地震被害想定 略 被害想定とは、今回の震源に最も近い「能登半島北方沖の地震」が「冬の夕方」に発生した前提で、死者7人、避難者2781人、建物の全壊120棟の被害を見積もった。珠洲市は計画の想定避難者768人に基づき、千人の3日(1日3食)の9千食分を備蓄していた。  だが、実際の避難者は県内全域で想定の12倍に上る最大3万4千人。珠洲でも9倍の約7千人だった。各市町の備えの指針となった県の地域防災計画は1997...
»続きを読む
カテゴリー:

馳浩知事「この夏白山に登る」記者「えっ2年前にも大雨の影響で戻れなくなったのに」馳浩「休日だから公務じゃないし山の日に登りたい」 - 07月04日(木)21:41  poverty

石川県の馳浩知事は、白山に登る予定があることを明らかにしました。 2年前には登山をしたものの大雨の影響でふもとから戻れず、災害対応に直接あたることができなかった苦い経験もある中、8月11日の山の日に登る予定を立てています。 石川県・馳浩知事「山の日に登りたい。白山に登って毎年のように環境省からも登山道の整備に来ていただいていますし、昨年末、通信環境も整備していただいていますし、知事としてそういったことを確認しておく必要があると思いますし」 馳知事は、3日の記者会見で登山の予定があるかを聞かれた...
»続きを読む
カテゴリー:

能登半島珠洲市の倒壊家屋に外来種が住み着く - 07月12日(金)09:19  news

https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/1457126 ...
»続きを読む
カテゴリー:

縁紡いだ移動式ランドリー、兵庫へ帰還 石川・珠洲で5900人利用 - 07月09日(火)10:30 

 能登半島地震の被災地・石川県珠洲市で稼働してきた移動式ランドリーが8日、兵庫県養父市内に帰還した。1月24日から6月24日までの半年間、珠洲市立の上戸小学校と宝立小中学校の2カ所に順次設置され、被災者ら延べ約5900人が利用した。【浜本年弘】
カテゴリー:

傷ついたふるさとを若者が帰れる場に 高卒後起業、模索続ける大学生 - 07月07日(日)08:00 

 地震で傷ついたふるさとのために何ができるのか。大阪公立大学2年の浦純華さん(20)は、遠く離れた石川県珠洲市を思いながら、日々過ごしている。 生まれ育った仁江地区は、中心市街地から山を越え、日本海に…
カテゴリー:

「政治はサイエンスにあらず」集約化に反論、被災地・珠洲市長の訴え - 07月05日(金)15:30 

 能登半島地震の復興のあり方をめぐり、人口減や自治体の財政難などを踏まえ、集約化を求める声が、土屋品子復興相や財務相の諮問機関といった政府関係者から出始めている。当初、反発していた石川県の馳浩知事もト…
カテゴリー:

「隆起した海岸に宅地を」住民が市に要望 土砂災害で長期避難指定 - 07月04日(木)11:00 

 能登半島地震で多数の土砂崩れが起き、長期避難世帯に指定されている石川県珠洲市仁江(にえ)地区。住民が隆起した近くの海岸を造成し、そこに宅地をつくれないかと市に要望していることがわかった。 3日、泉谷…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる