「王将戦」とは?

関連ニュース

藤井聡太七段、バターライス注文(32日ぶり9回目) - 12月10日(火)12:25  poverty

藤井聡太七段、最年少タイトル挑戦へ“最後の道”北浜健介八段と対局中/将棋・棋聖戦二次予選 https://times.abema.tv/posts/7032336  将棋の藤井聡太七段(17)が12月10日、棋聖戦二次予選で北浜健介八段(43)と午前10時から対局を開始した。  藤井七段は今年度、王将戦挑戦者決定リーグ戦で、史上最年少でのタイトル挑戦にあと1勝と迫ったものの、最終戦で敗れて記録更新を逃した。屋敷伸之九段(47)が持つ17歳10カ月の記録を更新するには、この棋聖戦がラストチャンス。 挑戦までには、トーナメントの一本道を全て勝ち上が...
»続きを読む
カテゴリー:

神様いたら?藤井七段回答に驚き - 12月08日(日)21:10 

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(17)が8日、名古屋市内で行われたイベント「将棋プレミアムフェスin名古屋2019」に出席した。第69期王将戦の挑戦者決定リーグでは史上最...
カテゴリー:

【将棋】西山朋佳女流二冠、女流王座奪取で「三冠」 - 12月04日(水)17:54  mnewsplus

将棋の第9期女流王座戦五番勝負(リコー主催)の第4局が4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、挑戦者で後手の西山朋佳(ともか)女流二冠(24)=女王、女流王将=が里見香奈女流王座(27)に144手で勝ち、対戦成績3勝1敗で初の女流王座奪取、女流3冠を達成した。 西山新女流王座は棋士養成機関「奨励会」の会員(三段)で、参加資格のある女流タイトル戦はマイナビ女子オープン(称号は女王)・女流王座戦・女流王将戦の3つのみで、自身にとって“全冠制覇”となった。獲得タイトルは通算4期。里見前女流王座はヒュー...
»続きを読む
カテゴリー:

思うんだけど”王将”って弱すぎない?飛車に革命起こされるだろ。 - 11月27日(水)12:28  poverty

藤井聡太七段 勝てば「王将戦」 勝負メシは「餃子」 さらに... https://www.fnn.jp/posts/00427527CX/201911191834_THK_CX ...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井聡太七段、ヒューリック杯棋聖戦2次予選対局始まる - 12月10日(火)11:15 

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)と北浜健介八段(43)との第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)の2次予選2回戦の対局が10日午前10時、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。11月の王将戦挑戦者決定リーグ最終局ではあと1勝というところでタイトル挑戦を逸した藤井七段。挑戦の最年少記録更新の可能性を残すのは、勝ち残っている今期の棋聖戦のみとあって、今後が注目される。
カテゴリー:

囲碁・将棋チャンネルPRESENTS 『将棋プレミアムフェスin 名古屋2019』 藤井聡太七段&都成竜馬六段 合同取材会・イベント取材のご案内 - 12月06日(金)12:30 

株式会社囲碁将棋チャンネル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:倉元健児)が運営するCS放送「囲碁・将棋チャンネル」とインターネット会員サービス「将棋プレミアム」は、12月8日(日)に名古屋で開催されるイベント『囲碁・将棋チャンネルPRESENTS 将棋プレミアムフェスin 名古屋2019』の模様を、イベントが開始する15:00から終了する19:00まで、独占生中継します。メインイベントは現在「第69期大阪王将杯王将戦挑戦者決定リーグ戦」で善戦し、多方面から注目を集めた藤井聡太七段と、精悍な顔立ちで多くの女性将棋ファンを虜にしているイケメン棋士・都成竜馬六段との特別対局です。解説は藤井七段の師匠である杉本昌隆八段が、聞き手は様々なイベントや番組に出演し抜群の人気を誇る谷口由紀女流二段が務めます。今年は特別対局に新たな趣向を凝らした『師匠やお客様からの注文将棋』で、一味違った対局模様をお届けします。その他、『詰将棋対決』や『クイズ大会』など魅力的なイベント内容でお送りする予定です。将棋ファンならずとも必見の豪華将棋イベントにぜひご期待ください。本イベントの模様はCS放送「囲碁・将棋チャンネル」とインターネット会員サービス「将棋プレミアム」で生中継します。本イベントの終了後には、対局後の藤井聡太七段と都成竜馬六段の合同取材会を実施予定です。ぜひご取材にお越しの上、イベントの盛り上がり...more
カテゴリー:

将棋の西山朋佳女流二冠、女流王座奪取で「三冠」 - 12月04日(水)17:47 

 将棋の第9期女流王座戦五番勝負(リコー主催)の第4局が4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、挑戦者で後手の西山朋佳(ともか)女流二冠(24)=女王、女流王将=が里見香奈女流王座(27)に144手で勝ち、対戦成績3勝1敗で初の女流王座奪取、女流3冠を達成した。西山新女流王座は棋士養成機関「奨励会」の会員(三段)で、参加資格のある女流タイトル戦はマイナビ女子オープン(称号は女王)・女流王座戦・女流王将戦の3つのみで、自身にとって“全冠制覇”となった。獲得タイトルは通算4期。里見前女流王座はヒューリック杯清麗・女流名人・女流王位・倉敷藤花の女流4冠に後退した。
カテゴリー:

【勝負師たちの系譜】王将戦の挑戦者争いは“最も過酷なタイトル戦” 藤井七段に「最年少挑戦者のプレッシャー」か - 11月23日(土)15:00 

王将戦の挑戦者争いは、ある意味8つあるタイトル戦の中で、一番過酷と言えるかもしれない。挑戦者決定リーグに入れるのは、全棋士でわずか3人のみ。残留している4人を合…
カテゴリー:

「王将戦」の画像

もっと見る

「王将戦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる