「独立行政法人」とは?

関連ニュース

国民生活センターが電熱ウェアの異常発熱に注意喚起、やけど事例も - 12月02日(金)12:07 

独立行政法人国民生活センターは11月30日、ウェアに内蔵する電熱線を発熱させて暖める「電熱ウェア」の異常発熱に注意を呼びかけた。同センターでは商品テストの結果、電熱線が接触していた場合に高温になることや、周囲の温度が高いと発熱部の温度が高くなる傾向があるとしている。
カテゴリー:

新価値創造展2022が12月1日にいよいよ開幕。 新技術・ソリューションが集結するビジネスマッチングの好機 - 12月01日(木)14:00 

2022年12月1日 新価値創造展事務局     独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構 所在地:東京都港区 理事長:豊永 厚志)は、全国の中小企業が持つ優れた製品・技術・サービスを展示し、オンライン上でビジネスマッチングを行う 「新価値創造展2022オンライン」を、12月1日(木曜)から12月23日(金曜)までの23日間にわたり開催いたします。詳細については別紙をご確認ください。   本展示会は、来場者や出展者同士の出会いによる異業種連携や、ユニークな発想による新商品の開発などを通じて「新価値」を見出すことで、中小企業の販路開拓や市場創出を支援することを目的としています。 12月1日から始まる「新価値創造展2022オンライン」では、ウェブサイト上で出展企業が有する製品・技術・サービスの関連情報を確認でき、問合せも行うことができるので、本オンライン展示会を事前に活用することにより、12月14日~16日開催のリアルの「新価値創造展」で効果的に現物確認、担当者からの説明を受けることができ、より確度の高い商談に繋がります。また、リアル展示会終了後、社内での情報共有や追加の情報収集等の問合せにも活用できるので、更なる商談の促進につなげられます。是非、事前の来場者登録の上、オンライン展示会へご来場ください。   <独立行政法人中小企業基...more
カテゴリー:

「母子保健セミナー~子どもの食と栄養の支援~」を共催 - 12月01日(木)11:00 

2022年12月1日 株式会社ニップン  株式会社ニップン(代表取締役社長:前鶴俊哉 本店:東京都千代田区)は、母子保健・保育関係者の皆さまを対象として、公益財団法人母子衛生研究会と「母子保健セミナー~子どもの食と栄養の支援~」を共催いたします。  子どもの食事において、食物アレルギーや栄養、偏食等に悩む保護者は多く、正しい情報が必要とされています。そこで本セミナーでは、専門家による食物アレルギーや子どもの食支援についての最新情報とアマニの食べ方について講演を行います。また、当社商品の紹介も行います。  当社は、当社グループの経営理念にあります、皆さまのウェルビーイング ( 幸せ・健康・笑顔 ) を追求し、本セミナーをはじめとし、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。   【「母子保健セミナー~子どもの食と栄養の支援~」 開催概要】 ■ 日時 : 2022年12月6日(火) 13:00~16:15(受付12:30~) ■ 開催会場 : IKE・Bizとしま産業振興プラザ 多目的ホール(東京都豊島区西池袋2-37-4) ■ テーマ : 【第1部】「食物アレルギーの治療・管理と保育所での対応」 国立病院機構相模原病院 臨床研究センター ア...more
カテゴリー:

回転機械の故障予兆を早期に検知できる「スマート保安技術第4号案件」を公開 - 11月30日(水)14:00 

 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 【NITE(ナイト)、理事長:長谷川 史彦、本所:東京都渋谷区西原】が事務局を務める「スマート保安プロモーション委員会」は、株式会社 酉島製作所の『小型無線式振動データ収集装置と振動データ監視・分析技術』について、 火力発電所の発電機等に付属するポンプやファンなどの回転機械の故障の早期検知に有効であると判断し、スマート保安技術として承認しました。本技術は、「スマート保安技術カタログ(電気保安)第4版」に掲載し、2022年11月30日よりNITEのホームページで公開しています。   スマート保安技術カタログ >>https://www.nite.go.jp/gcet/tso/smart_hoan_catalog.pdf (本技術は、要素 00002-P1(資料1.1)~保技 00002-P10(資料4)に掲載)    当委員会では、本技術の妥当性評価を行い、設備保全における経済的効率性と長期安定使用による適正化を図りつつ保安レベルを維持・向上することが十分可能であり、導入効果も期待できることを認めました。本技術により事業者は、回転機械からの高精度な振動データの収集(常時監視)とデータ解析による異常予測を、遠隔地からでも簡単に行えるようになります。また、振動データをトレンド管理することにより初期段階における異常を検知し、早期ある...more
カテゴリー:

国内初!防爆機器の認証機関を認定 - 11月30日(水)10:00 

   独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))は、2022 年 11 月 30 日、公益社団法人 産業安全技術協会(略称:TIIS)を、防爆機器の認証機関として国内で初めて認定しました。  防爆機器は、石油・化学プラントなど可燃性物質を扱う場所で、爆発を防ぐために設計された機器類です。世界36カ国が加盟 *1 する「防爆機器規格適合認証制度(IECEx)」 *2 に基づいて認証されることで、加盟国において受け入れられやすくなります。  この度、NITEが防爆機器の認証機関としてTIISを認定したことで、TIISはIECExの審査負担が大幅に軽減されます。更には、国内防爆機器メーカーは、自社製品がTIISからIECEx認証されることによって加盟国同士での受け入れが進み、製品の信頼性が向上するなど、国際的な競争力が強化されます。   <用語説明> *1: IECEx加盟国一覧(2022年11月現在) https://www.iecex.com/information/countries/ *2: IECEx(防爆機器規格適合認証制度)は、IEC(国際電気標準会議)の下で運用されている防爆機器に関する国際的な認証システムである。他国の認証機関が発行した試験報告書、品質報告書の受入を求めている。NITEは、今回の認証機関の認定に先立ち、試験報告書を発行する...more
カテゴリー:

防衛費財源に積立金 厚労相否定 - 12月02日(金)10:26 

加藤勝信厚生労働相は2日午前の記者会見で、政府が今後の防衛費増額に充てる財源として、厚労省所管の2つの医療系独立行政法人に積立金(利益剰余金)を国庫返納させ、活...
カテゴリー:

ECMO納入で現金受け取った疑い 病院技士長を逮捕へ 千葉 東金 - 12月01日(木)11:31 

新型コロナ治療に使う人工心肺装置=ECMOの納入を巡り地方独立行政法人が運営する千葉県の病院の技士長が、東京の会社に便宜を図った見返りに多額の現金を受け取ったとして、警察は取り調べを始めました。容疑が固まり次第、収賄の疑いで逮捕する方針です。
カテゴリー:

「自動車部品サプライヤー事業転換支援事業」オンラインセミナー詳細決定 - 11月30日(水)14:30 

2022/11/30 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 独立行政法人中小企業基盤整備機構 (理事長:豊永厚志 本部:東京都港区)では、経済産業省から、令和4年度「カーボンニュートラルに向けた自動車部品サプライヤー事業転換支援事業」を受託し、自動車の電動化により影響を受ける中堅・中小自動車部品サプライヤー向けの支援事業を本年8月から行っています。 この度、オンラインセミナー全3回のテーマが決まりましたのでご案内します。 お申込みは、下記オンラインセミナー・実地研修Webサイトにて受け付けます。   【オンラインセミナー】(主に、サプライヤーの経営者層向け) ・第1回 オンラインセミナー  ライブ配信 2022年11月29日(火曜)(実施済)     アーカイブ配信 申込締切 2022年12月23日(金曜)                              配信期限 2022年12月26日(月曜)   「自動車産業における事業環境変化と政策の方向性」   「脱炭素化時代の自動車産業とサプライヤーのチャレンジ」 ・第2回  オンラインセミナー   ライブ配信 2022年12月...more
カテゴリー:

VRで「松林図屛風」だって鑑賞できる! NFTも販売する、東京国立博物館を再現した「バーチャルトーハク」 - 11月30日(水)12:06 

博物館や美術館などに行きたいものの、移動の手間や感染リスクなどの理由でなかなか行けない……。そんな人もいるのではないでしょうか。 リアル以外の新たな鑑賞のあり方が求められる中、2020年に開設されたのが「バーチャル東京国立博物館(以下、バーチャルトーハク)」です。来場者は、バーチャル空間で美術品や国宝などを鑑賞できます。 東京国立博物館の一部をVRで再現 東京国立博物館は、1872年(明治5年)に開館した伝統のある博物館です。日本と東洋の文化財の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立文化財機構が運営しています。 そんな東京国立博物館の一部を、バーチャルSNS「cluster」の空間内にCGで再現したのが、バーチャルトーハクです。 実空間とは異なる、さまざまな文化財の鑑賞体験をより多くの人に伝える場として2020年に設立されました。 これまで実現できなかったキュレーションや展示演出、さらに国内外からの時空にとらわれることないアクセスを可能にし、新しいオンライン文化鑑賞体験を提供します。 バーチャルSNS「cluster」を活用 バーチャルトーハクで活用されているclusterは、スマートフォンやPC、VR機器などのさまざまなデバイスに対応しているメタバースプラットフォームです。 ユーザーはバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、...more
カテゴリー:

凸版印---東京国立博物館と日本美術に没入するメタバース展覧会を開催 - 最新株式ニュース - 11月30日(水)09:12 

<7911>  凸版印  2108  -3独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館などと、メタバース空間上に開設した「バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)」において、日本博事業の一環として、東京国立博物館所蔵の国宝89件をバーチャル空間で紹介する、東京国立博物館創立150年記念バーチャル展示「エウレカトーハク!89」を2023年1月17日より2023年3月31日まで開催すると発表。開催に
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる