「独禁法違反」とは?

関連ニュース

VISA日本法人に公取委立ち入り 独禁法違反の疑い 米本社関与か - 07月17日(水)13:24  newsplus

 公正取引委員会は17日、独占禁止法違反の疑いで、クレジットカード国際ブランド最大手「VISA」(ビザ)の日本法人への立ち入り検査を始めた。ビザの決済システムを使うカード会社に、ビザ製の別のシステムも使うよう不当に要求した疑いがある。ビザの米本社も関与していたとみられるという。関係者への取材でわかった。  公取委は、ビザの要求は独禁法が禁じる「拘束条件付き取引」などに該当し、市場の競争をゆがめる恐れがあるとみている。競争原理が働かずにカード会社の負担が増え、負担の一部が小売店や消費者に転嫁される恐...
»続きを読む
カテゴリー:

博報堂に罰金2億円 東京オリンピック談合 - 07月11日(木)11:46  news

東京五輪・パラリンピックを巡る談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)罪に問われた広告大手博報堂と、 グループ会社元社長横溝健一郎被告(57)の判決が11日、東京地裁であった。 安永健次裁判長は博報堂に求刑通り罰金2億円、横溝被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。一連の談合事件で、企業側の判決は初めて。 五輪談合、博報堂に罰金2億円 グループ会社元社長も有罪―企業側初の判決・東京地裁 https://www.jiji.com/jc/article?k=2024071100135 ...
»続きを読む
カテゴリー:

NVIDIA、独禁法違反でフランス・欧州・米司法省が調査 - 07月02日(火)09:47  poverty

https://xenospectrum.com/nvidias-alleged-antitrust-violations-in-france/ VIPQ2_EXTDAT: checked:checked:1000:512:donguri=0/4: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪談合、博報堂に罰金2億円 グループ会社元社長も有罪 企業側初の判決・東京地裁 - 07月11日(木)12:55  newsplus

 東京五輪・パラリンピックを巡る談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)罪に問われた広告大手博報堂と、グループ会社元社長横溝健一郎被告(57)の判決が11日、東京地裁であった。安永健次裁判長は博報堂に求刑通り罰金2億円、横溝被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。一連の談合事件で、企業側の判決は初めて。<下へ続く>  安永裁判長は、横溝被告が森泰夫元大会組織委員会次長(57)=有罪確定=の意向に沿って他社と受注調整を試みたと指摘。弁護側は談合の認識を否定していたが、...
»続きを読む
カテゴリー:

独占禁止法違反の改善状況を第三者が監視 公取委、新運用開始へ - 07月03日(水)18:34 

 公正取引委員会は3日、独禁法違反の疑いがある事業者に対する行政処分の一つで、事業者側に改善計画を提出させる「確約手続き」について、各事業者が選任した第三者が改善状況を監視する新たな運用を始めると発表した。同様の制度は既に欧州で導入されている。3日に記者会見した藤本哲也事務総長は「独立性のある専門家
カテゴリー:

EU、Microsoftに独禁法違反の「予備的な異議告知」 Teamsの365バンドルで - 06月26日(水)07:01 

EUの欧州委員会は、Microsoftがオンライン会議用アプリ「Teams」の提供をめぐり独禁法に違反したとする予備的な異議告知を送ったと発表した。Microsoftには懸念に回答する機会が与えられている。
カテゴリー:

こんなの見てる