「特許申請」とは?

関連ニュース

ウォルマートがドローン間で情報共有する特許申請 〜「完全なデータ共有」にブロックチェーン活用 - 08月16日(金)16:10 

米小売最大手ウォルマート(Walmart)がブロックチェーンベースのドローン協調システムに関する特許を申請していることが、米国特許商標庁(USPTO)のウェブサイトで明らかになった。
カテゴリー:

米ウォルマート、ブロックチェーン基盤のドローン通信システムの特許申請 - 08月15日(木)17:01 

米大手小売りウォルマートは、ブロックチェーン技術を基盤としたドローンの通信システムの特許を申請した。ブロックチェーン技術を使うことで、重要な情報の改ざんを防ぐことができるとしている。
カテゴリー:

MPEG LAがCRISPR特許ライセンスに関して声明を発表 - 07月29日(月)22:21 

デンバー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 独自のCRISPRライセンスを提供するというブロード研究所とミリポアシグマの発表(プレスリリース)、カリフォルニア大学が行った一連の特許申請をきっかけとする米国特許庁の新たな特許インターフェアレンス手続きの開始(インターフェアレンス番号106,115)、このインターフェアレンス手続きへの関与を求めるミリポアシグマによる米国特許庁への申し立て(USPTOポータルで申請番号15/188,911を入力)など、最近の出来事に関してMPEG LAに寄せられた質問に鑑み、MPEG LAは本日以下のような声明を発表いたしました。 「MPEG LAの考えでは、CRISPRの利益を最大化するためには、あらゆる利害関係者が参加できて特許環境に関する市場の混乱や不確実性への対処が可能な特許プールの選択肢が市場に必要です。そのような結果を築き上げることが可能な中間段階は、好ましいことでしょう。CRISPR特許の使用許諾に関係するあらゆる当事者の中で、MPEG LAは独立性と中立性の面で独自の地位にあります。当社は、どの特定の利害関係者と
カテゴリー:

まるでワイングラス! コーヒーの味と香りを最大限に引き出すコーヒーグラス「AVENSI」 - 07月28日(日)07:00 

世界で最も消費されている飲み物の1つであるコーヒー。あなたは、コーヒーの味と香りを楽しんでいるだろうか。 味として感じる90%は嗅覚からきているという。ワイングラスとスピリットグラスは、味と香りを楽しむために設計されているが、私たちがいま使っているコーヒーカップはオールドデザインで、コーヒーの味と香りが十分に引き出されていない。 そこで今回登場したのが、ワイングラスとスピリットグラスからインスピレーションを得たコーヒーグラス「AVENSI」だ。 ・コーヒーの味と香り、風味を最大限に引き出す AVENSIは、コーヒーの味と香り、風味を最大にするように設計された次世代のコーヒーグラス。内側の科学的形状と洗練された外側のデザインが融合した、ガラス細工の傑作だ。 コーヒーは温度によって風味が異なるという。摂氏65度でナッツやカラメル、チョコレートのような味がするが、摂氏45度では滑らかで甘く、柑橘類やブルーベリーの味がする。しかし、従来のマグカップではコーヒーが熱すぎたり、はやく冷めてしまったりして、温度ごとの風味を見逃しがちだ。 現在特許申請中の AVENSIは、この課題を克服してくれる。AVENSIは二重壁構造の下部をもち、コーヒーを長時間一定温度に保てるため、各温度の風味を存分に楽しめる。さらに、グラスを回したときにコーヒーの表面積が最大になるグラス形状が、香りを最大限に引き立ててく...more
カテゴリー:

中国アリババ、ブロックチェーンのドメイン名管理システムの特許を米国で申請 - 08月16日(金)12:38 

中国ネット販売大手アリババは、「ブロックチェーンシステムにおけるクロスチェーンインタラクション向けドメイン名管理スキーム」と題された特許申請書を米国に提出した。8月15日に申請した。
カテゴリー:

AIを使って農家の人相からその農家が育てた野菜の糖度を推定するシステム、特許申請却下 - 08月13日(火)17:20 

特許庁の「AI関連技術に関する特許審査事例について」ページで公開されている資料によると、過去に「農家の顔画像からその農家が栽培した作物の糖度を推定するシステム」の特許申請が行われていたそうだ。 この「発明」は、「人相とその人が育てた野菜の糖度に一定の関係性があることを用いて、人物の顔画像からその人物が野菜を栽培した際の野菜の糖度を推定するシステムを提供する」というもの。ニューラルネットワークを用いて農家の顔画像とその農家が栽培した野菜の糖度の関係を学習させ、学習させたニューラルネットワークを使って画像から糖度を求める、という仕組みなのだそうだ。 しかし、特許申請の際の説明には「人相とその人が育てた野菜の糖度に一定の関係性がある」ことを示す根拠がなかったためにこの申請は却下されたという。 なお、特許申請の際の説明に具体的な根拠がない場合でも、出願時の技術常識に鑑みてそれが妥当であると認められた場合は特許申請も認められるそうだ。 また、そのほか「身長と顔画像から体重を推定するシステム」や「ヒトX細胞の形状変化データからアレルギー発症率を予測するシステム」も、同様にデータと結果の関連性を示す根拠がなかったために却下されているという。 すべて読む | YROセクション | パテント | 人工知能 | idle | 関連ス...more
カテゴリー:

A&Dは、最小表示0.1mgの分析用電子天びん「GX-A/GF-Aシリーズ」9モデルを新発売いたしました。 - 07月29日(月)10:00 

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、最小表示0.1mgの分析用電子天びん「GX-A/GF-Aシリーズ」9タイプを新発売し、既発売の最小表示0.001g/0.01g/0.1gの汎用電子天びん「GX-A/GF-Aシリーズ」と合わせて、全35モデルのラインナップを取りそろえました。なお、この新発売を機に「GX-A/GF-Aシリーズ」を新たに「APOLLO」と名付けました。【1.新発売の最小表示0.1mgの分析用電子天びん9モデル】●GX-Aシリーズ(校正用分銅内蔵型)6モデル・ひょう量:122g、220g、320g・最小表示:0.1mg・計量皿寸法:Φ90mm・標準価格:¥150,000~¥270,000(税抜)●GF-Aシリーズ(ベーシック型)3モデル・ひょう量:122g、220g、320g・最小表示:0.1mg・計量皿寸法:Φ90mm・標準価格:¥140,000~¥170,000(税抜)【2.GX-A/GF-Aシリーズの主な特長(業界初)】●生産ラインの組み込み時に ISD:衝撃検出機能(Impact Shock Detection) 特許取得済 ・計量皿に衝撃が加わった時に4段階の警告表示とブザーでお知らせ ・生産ライン:ワークの衝撃の度合いを簡単にチェック  ⇒ 設置時の作業効率アップ・設置後の天びんの故障を防ぐ ・研究用途:天...more
カテゴリー:

「特許申請」の画像

もっと見る

「特許申請」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる