「特定商品」とは?

関連ニュース

岡三オンライン証券、iDeCoの評判は?手数料や具体的なファンドも - 12月03日(木)17:26 

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金で、掛け金や収益、給付金などに対する税制メリットがあるiDeCoは、老後の資産形成を考える多くの方が利用しています。 今回は、岡三オンライン証券の評判やiDeCoで購入できるファンド、手数料などについて紹介しますので、参考にしてください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 岡三オンライン証券のiDeCoの特徴とメリット 1-1.運用商品のラインナップが豊富 1-2.岡三iDeCoファンドナビでポートフォリオを提案してくれる 岡三オンライン証券のiDeCoの注意点とデメリット 2-1.信託報酬がやや高い商品が多い 2-2.運用にかかる手数料がやや高い 岡三オンライン証券のiDeCoの評判は? 岡三オンライン証券のiDeCo対応商品例 4-1.日本インデックス225DCファンド 4-2.DCニッセイ外国株式インデックス 岡三オンライン証券のiDeCoに必要な手数料 5-1.iDeCo加入時の手数料 5-2.運用時の手数料 5-3.給付時・還付時の手数料 まとめ 1.岡三オンライン証券のiDeCoの特徴とメリット 岡三オンライン証券のウェブサイトを見る 岡三オンライン証券のiDeCoには...more
カテゴリー:

NISAで買う投資信託のおすすめは?投資目的別に主なファンドを紹介 - 12月03日(木)10:19 

NISAを利用すれば、年間120万円までの投資信託における譲渡益や分配金に税金がかからないというメリットを享受できます。ただ、NISA対象の投資信託は数多く、どのようなファンドを選べばいいのか迷っている人も多いでしょう。この記事では、NISAでの運用に適しているファンドについて紹介します。 ※この記事は2020年11月30日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 NISAとは 1-1.NISAの概要 1-2.新NISAとは NISAの投資信託選びのポイント 2-1.低コストの投資信託を選ぶ 2-2.分配金を多くだすものは避ける 2-3.運用実績があるものを選ぶ NISA向けの投資信託 3-1.インデックスファンド(初心者) 3-2.バランスファンド(リスクを抑えたい投資家) 3-3.アクティブファンド(積極的に値上がり益を狙う投資家) まとめ NISAとは NISAは”Nippon Individual Savings Account”の略で、「ニーサ」と呼ばれています。通常、投資信託を購入した場合、ファンドを売却して得た利益や分配金に対...more
カテゴリー:

国内初、メルペイで貸付投資可能に。Fundsがメルカリ サステナビリティファンド#1募集開始 - 12月01日(火)10:33 

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社は11月30日、フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリに、個人が間接的に貸付し資産運用ができるファンド「メルカリ サステナビリティファンド#1」を公開した。メルカリとスマホ決済サービス「メルペイ」を一つのサービスとして提供することによって、モノとお金の流れをよりなめらかにし、メルカリで不要品を売って得た売上金を使ってメルペイで新たな商品を購入。使わなくなったタイミングで、再度メルカリで売るサイクルを構築できる。 メルカリで不要品を売って得た売上金をFundsでの資産運用にも利用することができるようになり、メルカリ、メルペイの利用の体験が広がる。 同ファンドは同ファンドの利回りは2.0%(予定/年率/税引前)、運用期間は約10ヶ月。出資金はメルカリ社に貸し付けられ、同社グループのメルペイ事業の事業資金として利用される。メルペイ残高でのみ投資が可能で、投資に際しては、Fundsでの口座開設に加えメルペイでの本人確認・ 銀行口座の登録が必要。 また、本ファンドでは一定の金額の投資が完了した人を対象に、メルカリポイントを還元するキャンペーンも実施する。投資金額に応じて最大9000円分のメルペイ上のポイントを還元するキャンペーンも実施中だ。 Fundsは個人が1円から企業への貸付投資ができるオンライン...more
カテゴリー:

クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延は?投資リスクの対策も解説 - 11月30日(月)11:17 

ソーシャルレンディングは投資対象として、多くの人々に知られるようになってきました。そのなかでも、クラウドクレジットは社会的な課題を解決し利益を得る社会的インパクト投資と、比較的高い利回りが特徴的なソーシャルレンディングサービスです。 しかし、新興国への投資には日本国内での投資とは異なるリスクがあります。実際に投資を始める前にリスクを把握し、必要な対策を講じておくことが大切です。 そこで今回は、クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延などの注意点と投資リスクについて解説します。クラウドクレジットでの投資を検討されている方はご参考下さい。 目次 クラウドクレジットとは クラウドクレジットの貸し倒れと返済遅延 2-1.クラウドクレジットで過去に貸し倒れは起きていない(2020年5月時点) 2-2.クラウドクレジットでは返済遅延や元本割れが起きている クラウドクレジットの投資リスクへの対策 3-1.投資資金を集中させず、分散投資を行う 3-2.利率が高すぎない案件を選ぶ まとめ 1.クラウドクレジットとは クラウドクレジットは海外案件に特化したソーシャルレンディングサービスです。社会的な課題を解決し利益を得る社会的インパクト投資とコモディティや未上場企業の株式を指すオルタナティブ投資を扱っています。 クラウドクレジットには主に新興国や南米、ヨーロッパなどの企業や個人を対象にしたファンド...more
カテゴリー:

FOLIO ROBO PROの実績・評判は?メリット・デメリットや他ロボアドとの比較も - 11月27日(金)16:26 

投資に関心を持つ人が増える中、AIによる高度な資産運用を自動で行えるロボアドバイザーサービスの利用者が増えています。特にプロ仕様のAI技術を活用した「FOLIO ROBO PRO」は短期でもリターンを狙うことができ、メディアなどでも注目されています。 そこでこの記事では、FOLIO ROBO PROの特徴やメリット・デメリット、過去の運用実績について詳しくご紹介します。投資知識に自信がない方や、手離れの良い投資サービスを探している方は参考にしてみてください。 目次 FOLIO ROBO PROとは 1-1.プロ仕様のAI技術を活用した「進化型」ロボアドバイザー 1-2.積極的な運用による高パフォーマンスの実績 1-3.入出金以外の作業が不要 FOLIO ROBO PROのメリット 2-1.プロの運用ノウハウとAI技術による高度な運用 2-2.短期・長期のどちらでもリターンが狙える 2-3.投資家を保護する体制 2-4.振込手数料無料の「リアルタイム入金」が使える FOLIO ROBO PROのデメリット 3-1.最低投資金額10万円 3-2.NISA口座に対応していない 3-3.他サービスとは併用できない FOLIO ROBO PROの運用実績 FOLIO ROBO PROの口コミ・感想 FOLIO ROBO PROの始め方 まとめ 1 FOLIO ROBO PROとは FOL...more
カテゴリー:

SMBC日興証券、iDeCoの評判は?おすすめ商品や手数料、キャンペーン情報も - 12月03日(木)10:26 

個人で加入・運用できる私的年金制度で、税制の優遇措置を受けられるiDeCoに関心が寄せられています。多くの金融機関がiDeCoに対応していますが、SMBC日興証券もその1つです。 今回は、SMBC日興証券でのiDeCoの評判や対象の金融商品、手数料などについて紹介しますので、参考にしてください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 SMBC日興証券のiDeCoの特徴とメリット 1-1.2つのプランから選択できる 1-2.購入可能な銘柄が多い 1-3.ツールが充実している SMBC日興証券のiDeCoの注意点とデメリット 2-1.標準コースでは毎月の手数料がネット証券より高い 2-2.郵送でしか加入申し込みできない SMBC日興証券のiDeCoの評判は? SMBC日興証券のiDeCo対応商品3選 4-1.SMBC・DCインデックスファンド(S&P500) 4-2.SMBC・DCインデックスファンド(日経225) 4-3.イノベーション・インデックス・AI SMBC日興証券のiDeCoに必要な手数料 5-1.口座開設時の手数料 5-2.運用時の手数料 5-3.給付時・還付時の手数料 SMBC日興証券のiDeCoに関するキャ...more
カテゴリー:

CRE Fundingの評判は?メリット・デメリットや利回りを他社と比較 - 12月02日(水)11:24 

日本には10以上のソーシャルレンディングサイトがありますが、数あるソーシャルレンディングサイトの中でも、2020年2月に運営を開始した「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」は特徴的なサービスとなっています。 このCRE Fundingは、どのような特徴を持ったソーシャルレンディングサービスなのでしょうか。投資を検討する際に注目しておきたい特徴や注意点について解説していきます。 目次 CRE Fundingとは?運営会社は? 1-1.東証一部上場企業の株式会社シーアールイーが案件を組成 1-2.サイトの運営は株式会社FUEL CRE Fundingのメリット・特徴は? 2-1.物流不動産の案件に投資できる 2-2.マスターリースと保証を設定している 2-3.キャッシュバックなどのキャンペーンが実施されることも CRE Fundingに投資する時のデメリット・注意点は? 3-1.CRE Fundingの利回りは2.5~3%前後とやや低め 3-2.保証がついていても100%安全ではない 3-3.募集総額はまだ小規模 まとめ 1.CRE Fundingとは?運営会社は? CRE Fundingのウェブサイトを見る ソーシャルレンディングサイトへの投資の妥当性を判断する時に重要なのが、運営元の会社情報を把握することです。信頼できる運営元であれば倒産リスクを避けられま...more
カテゴリー:

Microsoft 365の生産性スコア機能に批判。社員の労働監視とデータの共有化などで - 11月30日(月)12:00 

Microsoft365に搭載された機能に、プライバシーと誤用のリスクがあるとして批判が出ている。大元はThe Guardianによるもので、この機能は「生産性スコア(productivity score)」とよばれ、マネージャーが個々の従業員を監視する用途で利用可能だとしている(The Guardian、9to5Mac、iPhone Mania)。 この機能は2019年に導入されており、マネージャーはメールやチャット、ネットワークへの接続時間などのデータをチェックできるのだという。この機能を活用すれば、グループチャットの会話への参加が少ない、メールの送信が少ない、または共有ドキュメントでの共同作業に失敗している従業員などを発見できる。従業員側からOFFな設定するとはできるが標準設定ではONとなっており、研究者によると、Microsoftは他社との社員の働き具合の比較のため、この機能で得られたデータをMicrosoftなどと共有することを推奨しているとしている。その結果、Microsoftは膨大な従業員データにアクセスできるとしている。 tamaco 曰く、なんというかネットワーク管理者がアラート(たいがいはウイルスメールや裏系サイトアクセスでアラート。たまにやばいアダルト系のファイルを社用PCに展開とかどうしようもないやつも・・)で使用者に忠告メール出すときのような感じ...more
カテゴリー:

SBI証券で人気の「SBI・バンガード・S&P500」を徹底分析。コストや利回りは? - 11月27日(金)19:30 

投資の世界には、さまざまな投資信託商品があります。現在特に人気を集めているのが、SBIグループが提供している「SBI・バンガード・S&P500」です。今回は「SBI・バンガード・S&P500」の特徴やコスト、利回りなどについて徹底分析しますので、投資信託の銘柄選びの参考にしてください。 ※この記事は2020年11月26日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 SBI・バンガード・S&P500の概要 1-1.バンガード社とは? SBI・バンガード・S&P500の特色 2-1.米国株式市場の値動きに連動する投資成果を目指す 2-2.S&P500指数に連動するETFに投資する 2-3.組入外貨建て資産の為替ヘッジを行なわない SBI・バンガード・S&P500で資産運用する際のコスト SBI・バンガード・S&P500の利回りは? 4-1.投資信託の場合はトータルリターンで利回りを把握する 4-2.SBI・バンガード・S&P500のトータルリターン まとめ 1.SBI・バン...more
カテゴリー:

ナスダック連動投資信託・ETFのメリット・デメリットは?具体的な銘柄や注意点も - 11月24日(火)12:16 

投資信託やETF(上場投資信託)は、分散投資でリスク軽減が期待できる投資方法です。さまざまな指数に連動する金融商品があり、中でもナスダックに連動しているものを購入したいと考えている方もいるでしょう。ナスダックとは米国の証券市場の名で、約3,000社が上場している規模の大きな市場です。 今回は、ナスダックに連動する投資信託とETFのメリットや注意点を見ていきます。 SBI証券でナスダック連動投資信託・ETFを探す ※記事中の情報はすべて2020年9月18日時点のものです。最新情報はご自身にてご確認をお願い致します。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 ナスダックの特徴 ナスダック連動の投資信託・ETFの特徴や注意点 2-1.ナスダック連動の投資信託のメリット 2-2.ナスダック連動の投資信託のデメリット・注意点 2-3.ナスダック連動のETFのメリット 2-4.ナスダック連動のETFの注意点 ナスダック連動の投資信託・ETFの銘柄3選 3-1.NEXT FUNDS NASDAQ-100® 連動型上場投信 3-2.上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし 3-3.インデックスファンドNASDAQ100 ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「特定商品」の画像

もっと見る

「特定商品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる