「特別抗告」とは?

関連ニュース

河井案里被告側が2度目の保釈請求 - 08月07日(金)13:17 

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪で起訴された参院議員、河井案里被告(46)の弁護人は7日、東京地裁に2回目の保釈請求をした。最初の請求は7月15日に却下され、準抗告や最高裁への特別抗告も棄却されていた。
カテゴリー:

【あれから22年】1998年7月25日、ヒ素混入カレー事件発生 - 07月26日(日)17:46  news

毒カレー食べた娘、今も当時語らず 和歌山の事件22年 7/26(日) 8:44 和歌山市で4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になったカレー毒物混入事件から25日で22年を迎え、地元の 住民が事件現場で手を合わせた。 午前8時ごろ、空き地となった事件現場にカレー事件被害者の会副会長の杉谷安生さん(73)が「亡くなった 方や遺族に私は何もすることができない。せめてお花だけでも」と花を手向けた。  1998年7月25日、同市園部の夏祭りでヒ素が混入されたカレーを食べ、高校1年生の女子生徒ら4人が 亡くなった。当時、高校2年生だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

和歌山カレー事件林真澄の息子(32)、施設で育ち現在は運送マン。事件のことで婚約者に結婚を破談される - 07月25日(土)13:44  poverty

 18年7月、運送会社で働く長男は、トラックを止め、スマートフォンに流れた速報に見入った。オウム真理教事件の教祖、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚らの死刑執行が報じられていた。  「次は私かも」。いつもは強がってみせる母も、その直後の面会では弱音を吐いた。母の死刑が執行されれば、事件当時のようにマスコミが殺到してくるかもしれない。「日常がまた壊される」。恐怖がよみがえった。  平たんとはほど遠い人生を歩んできた。両親の逮捕後に入った児童養護施設ではいじめを受け、先生には「カエルの子はカエルや...
»続きを読む
カテゴリー:

女子高生ら4人が亡くなった「和歌山毒物カレー事件」から丸22年。で、犯人は誰なの結局? - 07月27日(月)06:23  poverty

毒カレー食べた娘、今も当時語らず 和歌山の事件22年 和歌山市で4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になったカレー毒物混入事件から25日で22年を迎え、地元の住民が事件現場で手を合わせた。 午前8時ごろ、空き地となった事件現場にカレー事件被害者の会副会長の杉谷安生さん(73)が 「亡くなった方や遺族に私は何もすることができない。せめてお花だけでも」と花を手向けた。 1998年7月25日、同市園部の夏祭りでヒ素が混入されたカレーを食べ、高校1年生の女子生徒ら4人が亡くなった。 当時、高校2年生だった杉谷さんの長女も...
»続きを読む
カテゴリー:

【和歌山】毒カレー食べた娘、今も当時語らず 和歌山の事件22年 - 07月26日(日)09:51  newsplus

 和歌山市で4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になったカレー毒物混入事件から25日で22年を迎え、地元の住民が事件現場で手を合わせた。  午前8時ごろ、空き地となった事件現場にカレー事件被害者の会副会長の杉谷安生さん(73)が「亡くなった方や遺族に私は何もすることができない。せめてお花だけでも」と花を手向けた。  1998年7月25日、同市園部の夏祭りでヒ素が混入されたカレーを食べ、高校1年生の女子生徒ら4人が亡くなった。当時、高校2年生だった杉谷さんの長女もカレーを食べ、激しい嘔吐(おうと)などに襲われ、数日...
»続きを読む
カテゴリー:

「特別抗告」の画像

もっと見る

「特別抗告」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる