「物価安定」とは?

関連ニュース

【経済】日銀「予防緩和」検討、節目は105円 政府にも期待感 - 07月31日(水)22:20  newsplus

日銀は2%の物価安定目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれがあれば「予防的な金融緩和」に踏み切る方向にかじを切った。世界の中央銀行に緩和の足音が忍び寄るなか、強まる円高圧力への警戒感から追加緩和のハードルを下げた。最近は1ドル=107~108円台で安定する円相場が105円を突破すれば「予防措置」の発動へ緊迫感は高まる。 2019年の円相場は1月に瞬間的に104円台をつけたのを除くと11… 日本経済新聞 2019年7月31日 22:00 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48037010R30C19A7EN2000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「躊躇なく」の文言、従来より金融緩和に前向き=黒田日銀総裁 - 07月30日(火)18:41 

日銀の黒田東彦総裁は30日、金融政策決定会合後の記者会見で、「物価安定目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れが高まる場合には、ちゅうちょなく、追加的な金融緩和措置を講じる」との文言を公表文に入れたことについて「かなり踏み込んだ言い方。金融緩和に向けてかなり前向きになったとは言える」と述べた。こうした文言を公表文に入れた背景には、保護主義を中心に海外経済のリスクが高まっており、それが日本の経済・物価に与える影響により注意が必要な状況になっているためだと説明した。
カテゴリー:

「物価安定損なわれるなら追加的な緩和措置」日銀、苦肉の超低金利維持 決定会合で決定 - 07月30日(火)21:14 

 日銀は30日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度に誘導する現行の超低金利政策「長短金利操作」の維持を賛成多数で決めた。決定文には、「物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれが高まる場合には、躊躇(ちゅうちょ)なく、追加的な金融緩和措置を講じる」との
カテゴリー:

日銀、超低金利政策を維持「躊躇なく追加措置」決定会合 - 07月30日(火)12:56 

 日銀は30日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度に誘導する現行の超低金利政策の維持を賛成多数で決めた。米欧の中央銀行がそろって金融緩和の方向にかじを切る中、日銀は物価安定目標の実現が危ぶまれる場合には「躊躇(ちゅうちょ)なく、追加的な金融緩和措置を講じる」との文言を
カテゴリー:

「物価安定」の画像

もっと見る

「物価安定」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる