「物価安定」とは?

関連ニュース

輸出・生産減が内需にリスク、消費増税も需要減に=原田日銀委員 - 05月22日(水)11:56 

日銀の原田泰審議委員は22日、長崎県金融経済懇談会で講演し、輸出や生産の減少が雇用や消費に波及するリスクがあると指摘。10月に予定されている消費増税も景気を後退させ、需要減が物価を引き下げる可能性があると懸念を示した。そのうえで、景気が悪化し、2%の物価安定目標の長期的な達成も困難になれば、躊躇(ちゅうちょ)なく金融緩和を強めるべきだと主張した。
カテゴリー:

追加緩和、今すぐ検討しているわけではない=黒田日銀総裁 - 05月15日(水)12:43 

黒田東彦日銀総裁は15日午前の衆院財務金融委員会で、物価安定目標に向けたモメンタムが損なわれた状況になれば追加緩和の検討を行うという従来の考え方を繰り返した。その上で「追加緩和はモメンタムが失われる状況になった時の話で、今すぐ追加緩和を検討しているということではない」とした。前原誠司委員(国民)の質問に答えた。
カテゴリー:

米国の「最も健全な10年」に学ぶ経済とIT投資、GAFA時代の源流を探る - 05月22日(水)07:10 

経済政策の目的は多岐に及ぶが、三大目標といえば、雇用創出、物価安定、生産性向上だろう。ただし、これらを同時に達成するのは容易なことではない。その点で、“The soundest decade(最も健全な10年)”と称されるクリントン政権下の米国経済は、IT投資をテコに三大目標を全てクリアした稀有な例だ。今回はフィリップス曲線のトレード・オフ問題を解説しながらITの果たした役割を考察しよう。
カテゴリー:

政策枠組みの持続性強化で意見、追加緩和の必要性言及も=日銀会合意見 - 05月10日(金)10:20 

日銀は10日、4月24─25日に開催した金融政策決定会合における主な意見を公表した。会合では、2%の物価安定目標達成に時間を要する中、金融政策枠組みの強化に関して意見が出た。また、追加緩和も「相応の妥当性がある」などとし、その必要性に言及する委員もいた。一方で、金融緩和の副作用を懸念する声も引き続き出ている。
カテゴリー:

「物価安定」の画像

もっと見る

「物価安定」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる