「無料メルマガ」とは?

関連ニュース

「すぐ、簡単、費用、効果」で決めれば間違いない仕事の優先順位 - 05月19日(日)15:00 

店舗経営は日々、他店との競争を強いられている為、常に新しい販売対策案が求められる厳しい側面もあります。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者で経営コンサルタントの梅本泰則さんが、店舗経営以外でも活用できる、生み出された無数の対策案の中から短時間で優先課題を見つけ出す「4つの分類法」をレクチャーしています。 立てた対策の実行法 考えついた販売対策案は、どのように活かしていけばいいでしょうか。このメルマガの634号(2019年4月17日発行)は、「対策が分からないスタッフ」でした。今回は、その続編ともいうべきものです。 634号では、打つべき対策が分からないスタッフに、参考になる本を読むように勧めたと書きました。すると、どうでしょう。このお店のスタッフ3名が、素直に本を読んでくれました。しかも、それぞれ50個以上の販売対策案を考えてくれたのです。驚きましたね。出てきても一人20個くらいまでだろうという私の予想は、見事にはずれたのです。 その上、全部で150個を超える対策案はテーマごとに分類し、一覧表にしてあるではありませんか。いやあ、お見それしました。その分類テーマは、「商品」「企画」「情報」「集客」「セール」など何と20個もあります。 分類したのは良いけれど、これでは少し多すぎますね。あまり細かく分けると、かえって分かりづらくなります。そして...more
カテゴリー:

社長含め社員3名の会社が大手から顧客を取り戻した納得の理由 - 05月18日(土)20:00 

会社の規模だけではビジネスの成否は決まらない…。そんな、勇気づけられるようなエピソードが今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』に記されています。かつて大手企業から顧客を根こそぎ奪われ社員数3人にまで落ち込んだ会社は、どのようにしてお客さんを取り戻すことに成功したのでしょうか。その一部始終を、メルマガ著者で人気コンサルタントの中久保浩平さんが紹介しています。 小さな会社も大手に勝てる 文具・事務用品をはじめ、OA機器などの卸販売、小売業を営んでいるA社は社長含め社員数3名と、とても小さな会社ながらも地域にとても溶け込んでいて、お客様からとても愛されています。社長曰く、「意識してやっていないけど、結果そうなっている」とのこと。 しかしながらさかのぼること十数年前。この会社では大手の通販戦略のあおりをまともに受けていました。それまで抱えていた顧客を根こそぎ持っていかれていたのです。特に大得意先を持っていかれたのが大きく当然、売上は激減。当時20名いた社員はみな辞めざるを得ないこととなりいつ倒産してもおかしくない状態が続きました。 それでも社長は歯を食いしばり、地道に仕事をこなしていきました。そんな状態が数ヶ月、1年、1年半、2年…と経つに連れ以前の顧客がポツポツとこの小さな会社の元に戻ってきたのです。しかも、「これからはA社さんだけにするよ」という言葉まで付いて。 社長は、この事態を冷静に...more
カテゴリー:

【書評】中国政府が「クズ」と罵る、日本に憧れる中国人「精日」 - 05月18日(土)10:14 

「精日」と呼ばれる中国の方々がいるのをご存知でしょうか。日本人や日本社会を高く評価し自らの生活に取り入れる人々のことで、このような若者たちが増えている一方、中国政府は彼らを「中国人のクズ」と吐き捨てているのだそうです。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、そんな「精日」について詳細に解説した書籍をレビューしています。 偏屈BOOK案内:『精日 加速度的に日本化する中国人の群像』 『精日 加速度的に日本化する中国人の群像』古畑康雄 著/講談社 「精日=精神的日本人」と呼ばれる新しい中国人が、日中両国で注目されている。著者の取材で得た感触では、「もともと日本人ではないが、日本人や日本社会の生活様式、文化、価値観を高く評価し、自らの生活にも取り入れることで、できるだけ(彼らの考える)日本人に近づこうとする外国人(実際には中国人)」のことだという。聞き慣れない言葉だが、どこの誰が言い出したんだ。 著者が初めて「精日」という言葉を聞いたのは、2018の全人代における王毅外相の発言だった。「精日をどう思うか」という記者の質問に「中国人的敗類」と吐き捨てた。敗類とは、集団の中の裏切り者、堕落した者、人間のクズという意味で「中国人のクズ」、昔の日本の言葉で「非国民」のような表現である。 日本メディアは「精日=日本の軍服を着た親日派の若者」とい...more
カテゴリー:

本気でやろう。観光資源がないならグルメを作ればいいじゃない - 05月16日(木)23:55 

街で行列を見かければ「なんだろう」と気にし、ネットやテレビで行列ができている店が紹介されていればわざわざ並びに行く…。なぜ人はそこまで「行列」に惹かれるのでしょうか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で人気コンサルタントの佐藤きよあきさんが、そんな人間心理を解説するとともに、観光資源の少ない地方で行列を作り出す方法をレクチャーしています。 人はなぜ、“食べ物”の行列に並ぶのか? 人は、なぜ行列に並ぶのでしょうか。その先にある“期待”を実感・体感したいからです。それは、どんな“期待”なのでしょうか。ふた昔前なら、ゲームソフトやたまごっち。ひと昔前なら、商業施設やiPhone。では、いまの“期待”はどんなものでしょうか。 テレビやネットから聞こえてくるのは、アイドルのコンサートや握手会。世界遺産登録直後の観光地。そして、もっとも騒がれるのは、“グルメ”です。食のネタは視聴率が稼げるので、どのテレビ局でも度々登場します。ネットにおいても同じことです。アクセス数が安定して稼げるのです。それほど、人びとは食の情報に敏感なのです。 “行列”と聞くと、知らずにはおれぬ。行列の先に、どんな美味しいものがあるのかを知りたい。その味を体験したくなり、行列に並んでしまうのです。 驚くのは、遠くからでも、わざわざ足を運ぶ人が多いことです。“ついで”の訪問ではなく、その...more
カテゴリー:

なぜ、デキる店員は「タメ口を使っていいか」と客に確認するのか? - 05月16日(木)23:47 

友人同士で会話をするときなどに使われる「タメ口」でショップの店員さんから話しかけられたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、ビジネスシーンにおける「敬語とタメ口問題」について詳しく記しています。 敬語とタメ口の境目 敬語は、相手を敬う言葉として、いわゆる丁寧な言葉遣いとされます。対してタメ口、友達言葉などとも呼ばれる言葉は、もっと距離感の近い、友人同士で会話をする時に使われるような言葉遣いです。接客では特に、 敬語の正しい使い方 タメ口による不快感 の2点が、問題として挙げられることが多いでしょう。特に、タメ口でお客様を不快にさせてしまうという話は、本当によく聞きます。そうなってしまう原因は、まさに敬語とタメ口との境目の判断ができていないことだと思うのですが、この境目ってどこにあると思われますか? ここの判断を間違って、お客様を不快にさせてしまう販売員の多くは、「年齢」で判断している人が多いように思います。販売員自身よりも明らかに年齢が若い場合、もしくは同世代以下の年齢に見えるような場合にタメ口を使ってしまうわけです。若い販売員にありがちなことですが、意外と、ベテランの販売員にも見られる傾向です。 ただ、私個人の考えでは、「年齢」でタメ口を使うかどうかを判断する...more
カテゴリー:

パワハラもいじめ問題も。弁護士に相談しないのがもったいない訳 - 05月19日(日)08:00 

いじめにパワハラにセクハラ…学校や仕事に行きたくないと思ってしまうほどの問題を抱えた時、どうすればいいのでしょう? 今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、問題解決のための頼れる専門家「弁護士」に相談することのメリットや、費用の不安を軽減してくれる「保険」の存在を解説しています。 おまもり さて、本日はあまり馴染みがないお守りのお話。 長いゴールデンウィークが終わって、通勤や通学が再開され日常が戻ってきましたね。 ところが、日常が戻ってこないこともあるんです。 ゴールデンウィークや夏休みなど、長期の休暇のあとには会社や学校、友達の間で問題が起こりやすく、あるいは起こることを予測してしまい、苦しむ人が増えてしまうのです。 学校に行きたくない…(><。 会社に行きたくない…(><。 学校や会社でイヤなことがあったのだとしたら、休暇の間はソコから離れていられたのに、またソコに行かなくちゃならない…うーん、長い休み明けに問題が顕在化してしまうのも分かる気がします。 でね。こういう問題が起こったとき、どうしていますか? こういうとき、ちょっとだけ考えてほしいのが 専門家に相談する ことです。コトは、休暇明けに限らないのですが、日本では何らか問題が起こった場合、専門家に頼らなすぎじゃないかと感じます。 唯一の例外が 身体の問題の相談 ですね。これはす...more
カテゴリー:

会社に届いた個人宛の親展封書。開封したら会社は罪に問われる? - 05月18日(土)18:00 

「極秘文書」とまではいかないにしても、宛名の人以外に開封されることを否とする内容の場合に印す「親展」。そんな封書が会社に届いた際、誤って開封してしまったとしたらどのような罪に問われるのでしょうか。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で詳しく解説しています。 親展 今日は、溜まっていた仕事も動きだして、深田グループリーダーの就業規則の打合せに同行したときの話…。 深田GL 「今日は、就業規則の打合せで長丁場になりますが、よろしくお願いします」 O社部長 「こちらこそよろしく頼みます。就業規則では個人情報保護についても規定がはいっていますが、個人情報保護って、どんどんうるさくなって来ていますよね。どこまで気にしないといけないんでしょうか」 深田GL 「確かに、マイナンバーやストレスチェック、健康診断の扱いなど人事労務については、ますます厳しくなってますね」 O社社長 「そうなんですよ。たとえば、個人宛の親展扱いの郵便が届いた場合、開封したら罪になりますか?」 新米 「『親展』って、宛名となっている本人が自分で封を切って読んでほしいという扱いのことですよね?」 深田GL 「そうだよ。以前、ビジネス文書検定で勉強しただろう。極秘文書まではいかないにしても、宛名の人以外に見られたくない内容の場合に印しておくのがこの親展だ」 O社社長 「会社宛ならわかるけど、個人宛の封書が届く...more
カテゴリー:

自分の家に住めない。機能不全マンションを狙った悪徳商法の手口 - 05月17日(金)04:30 

リゾートマンションの相続等を巡り、遺産整理の際に数百万の滞納金が発覚したというケースは珍しくはありません。「遺産相続はしたいけれど滞納マンションの区分所有権は手放したい」といった心理を利用する悪徳商法も横行し始めているようです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者の廣田信子さんが、「区分所有権買い取り商法」の悪質極まりない実態を暴いています。 管理組合を中から崩壊させる恐ろしいビジネス こんにちは!廣田信子です。 先日の研究会で、越後湯沢のリゾートマンションで、1円でも売れないような高額の未収金がある物件を3年分の管理費・修繕積立金を自分たちに支払えば、区分所有権を買い取って上げるという、一般社団法人〇〇を名乗る団体の存在が話題になりました。 区分所有権の責任から逃れたい区分所有者は、このくらいのお金で片が付くなら手放したいと思うのです。 考えてみてください。数百万の滞納が付いたリゾートマンションを持ったまま親が亡くなったとしたら…売ることもできず、相続放棄したいと思っても、相続放棄だと、自宅や預貯金等の他の財産も放棄しなければならないのです。この負の財産だけを誰か引き取ってくれるなら、お金を払ってもいいと思うのは、あり得ることです。 しかし、新たな区分所有者となった一般社団法人は、過去の滞納分も、元の所有者から受け取った3年分の管理費等も、最初から管...more
カテゴリー:

京の都で伊勢参り。通が往く古よりのパワースポット、日向大神宮 - 05月16日(木)23:55 

京都で伊勢神宮をお参りできることをご存知でしょうか。伊勢神宮と同様に天照大御神を祀っている「日向(ひむかい)大神宮」という、京都の中でもあまり知られていないパワースポットがあります。 今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者の英 学(はなぶさ がく)さんが、そんな「京のお伊勢さん」とも呼ばれている奥ゆかしい神社を紹介しています。 京のお伊勢さん 京都に「京のお伊勢さん」と呼ばれる神社があるのをご存知ですか? その名は「日向(ひむかい)大神宮」と呼ばれる神社で伊勢神宮と同じ天照大御神を祀っています。しかし京都ではマイナーな神社で普段は観光客が比較的少ない場所なので是非訪れてみて下さい。 日向大神宮は京都最古の神社の一つです。5世紀末に遠く宮崎・日向の国(高千穂)から神様を迎えたことに始まると伝えられています。 日向大神宮は南禅寺や永観堂などが近いエリアに位置しています。しかし、観光エリアの中心から少し離れていて分かりづらい場所にあるので訪れる人はあまり多くありません。 日向大神宮の社殿は伊勢神宮と同じ神明造で建てられています。社殿はまた伊勢神宮と同じく外宮と内宮に分かれていて内宮には天照大御神が祀られています。まさに伊勢神宮と同じです。そして参拝の順序も伊勢神宮と同じように外宮・内宮の順にお参りします。 外宮・内宮をお参りしたあとは道なりに坂道を上がると「天の岩戸」があります...more
カテゴリー:

あえて売れ筋は売らない。北海道の書店「1万円選書」が人気の訳 - 05月16日(木)23:30 

Amazon等のネットショップに押され、リアル書店はかなり厳しい状況に置かれているようです。そんな中、北海道のとある小さな書店には注文が殺到しています。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、ネットショップには不可能な「差別化」を図り顧客の心を掴んで離さない「いわた書店」の戦略・戦術を分析し紹介しています。 顧客一人ひとりへの深い理解 今号は、注文が殺到している小さな「書店」を分析します。 ● いわた書店 戦略ショートストーリー 面白い本を探している方をターゲットに「店主である岩田社長が持つ独自の選書ノウハウ」に支えられた「自分に合った本と出合える」等の強みで差別化しています。 面白い本を選書してくれるだけでなく、店主である岩田社長が顧客一人ひとりに寄り添ってくれることが顧客から支持されています。 ■分析のポイント Amazonに代表されるネット企業に押される形でリアルな書店は厳しい状況のようです。 なぜ、厳しいのかというと通常、新書であれば、ネットで買っても、リアル書店で買っても価格差はありませんので、より便利なネットを選ぶ方が増えていることが一つの要因といえます。 要するに、リアルとネットで同じ本を同じ価格で置いているなら、ネットで買うということです。 ネット企業の躍進や顧客の購買行動の変化は、リアル書店にとっては、商売を難しくする...more
カテゴリー:

もっと見る

「無料メルマガ」の画像

もっと見る

「無料メルマガ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる