「焙煎」とは?

関連ニュース

ネコの日に会いたい! キュートな看板ネコがお出迎えの横浜のバー&カフェ - 02月18日(日)16:00 

コーヒーやお酒を飲みながらネコを眺められる、ネコ好きにはたまらないお店をピックアップ。横浜市内にある看板ネコが評判のカフェ、バーを2店紹介しよう。 【写真を見る】ドラマや映画、PVの撮影にも使用される、横浜らしいバー「Bar StarDust」 ■ 「Bar Stardust」のおてんば娘・ニャンニャン 「Bar Stardust」は1954年にオープンした横浜を代表するバー。クラシックなジュークボックスや港の夜景に並んで、看板ネコのニャンニャンもお客さんから人気を集めている。 ニャンニャンはシュッとした顔立ちのべっぴんさん。カウンターの端っこや、入口脇のソファーが定位置で、カウンターの上で港の夜景を眺めるのがお気に入り。出かけたくなると、扉の前で外を眺めて、マスターにアピールしてはプラッと出かけ、プラッと帰ってくる自由気ままなネコだ。 来店してもいない場合もあるので、日本酒を入れた「Bar Stardust」のオリジナルアレンジのカクテル「神風」を飲みながらゆっくり待とう。 ■ 「石田珈琲」の甘えん坊ネコ・まめ 注文を受けてから生豆をローストする、オーダー焙煎のコーヒーショップ「石田珈琲」。扉を開けると、コーヒーの香ばしい香りだけでなく、運が良ければ看板ネコのまめも一緒に出迎えてくれる。まめくんは、二子玉川にあったネコのテーマパーク「ねこたま」出身。いつもは2階で過ごし、夕方にな...more
カテゴリー:

新作ドリンクから新定番フードまで!エクセルシオールカフェから春色メニューが登場 - 02月17日(土)13:17 

エクセルシオール カフェでは、3月1日(木)より、春限定のメニューや、新しくなった定番メニューなどを全国の店舗にて発売する。 【写真を見る】ロマネスコを使用し、ごろっとした見た目と食感が特長の「パスタ ロマネスコとベーコンのアーリオ・オーリオ~レモンを添えて~」(810円) ■ 「オレンジ・ブリュレラテ(ホット・アイス)」(460円~) ドルチェ感覚で楽しめる春限定のドリンク。優しい甘さのミルクに、同店こだわりのエスプレッソを加え、ほろ苦いブリュレソースを合わせた1杯。仕上げにホイップクリームとオレンジソース、オレンジピールをトッピング。甘く爽やかな味わいが心地よい見た目も春の華やかさを感じられるラテになっている。 ■ 「パスタ ロマネスコとベーコンのアーリオ・オーリオ~レモンを添えて~」(810円) カリフラワーの1種で、ごつごつとしたつぼみが特徴の野菜“ロマネスコ”を使用し、ごろっとした見た目と食感が特長のパスタ。アーリオ・オーリオソースにロマネスコとベーコンを合わせ、カットレモンを添えて提供される。レモンを搾ると爽やかな香りがプラスされ、味の変化を楽しめる。 ■ 「ティラミス~マルサラ酒使用~」(480円) イタリア定番のドルチェ“ティラミス”。自社焙煎のエスプレッソ豆を抽出したコーヒーと、イタリア産のマルサラ酒をスポンジに染み込ませ、口どけの良いマスカルポーネを使った...more
カテゴリー:

タリーズ新作「フラットホワイト」は素材と手作りのこだわりが詰まった一杯 - 02月16日(金)06:30 

タリーズコーヒーが、「フラットホワイト」と「ミルキーフラットホワイト」の2種類のエスプレッソドリンクを新発売します。 【画像】深いコクのエスプレッソとスチームミルクのシルキーな口あたり 国内焙煎されたフレッシュな「エスプレッソクラシコ」で、注文を受けてから丁寧に抽出されたエスプレッソと、無調整牛乳を使って一杯ずつ丹念にスチームされたミルクの絶妙なハーモニー。 同サイズの「カフェラテ」と比べ、エスプレッソとミルクの量が多いため、エスプレッソの濃厚でリッチな香りとコク、ミルクそのものの優しい甘味を堪能することができます。 ベルベッドのような口当たりのスチームミルクが黄金色のクレマと絡みあい、まさに至福のひと時。 「ミルキーフラットホワイト」は、「フラットホワイト」にコンデンスミルクでほのかに甘味づけした商品で、フラットホワイトよりもマイルドでミルキーな飲み心地が感じられます。 「フラットホワイト」はニュージーランドが発祥の地。1990年代にエスプレッソ文化が広がり、独特のコーヒー文化が根付きました。カフェでコーヒーを飲むことを好む若者たちを中心に「フラットホワイト」の波は広がり、アメリカでもブームになった歴史があります。 「フラットホワイト」という名称の由来については、ミルクの「ホワイト」、そしてスチームミルクを平らに注ぐ「フラット」が語源だという説も。深いコクと香り高いエスプレッソ、...more
カテゴリー:

人気はスタバ以上。顧客を「違いがわかる人」にするカフェの戦略 - 02月15日(木)14:37 

現在我が国では熾烈な「コーヒー戦争」が繰り広げられていますが、品質へのこだわりを貫き、地元の人たちからスターバックスを凌ぐほどの絶大な支持を集めているカフェがあります。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、茨城県の人気カフェ「サザコーヒー」の戦略・戦術を分析しています。 顧客を育てる 茨城県でスタバを凌ぐほどの人気を誇るカフェを分析します。 ● サザコーヒー 戦略ショートストーリー コーヒーにこだわりのある方をターゲットに「コーヒーへの一途な思い」に支えられた「とても飲みやすくておいしい」「居心地が良い」等の強みで差別化しています。 世界一のコーヒー「パナマ・ゲイシャ」や「徳川将軍珈琲」など、最高級の珈琲豆を使用したこだわりのコーヒーを提供することで顧客から支持を得ています。 ■ 分析のポイント 顧客を育てる サザ(サザコーヒー)は、地元の茨城では、スタバ(スターバックスコーヒー)を凌ぐほどの人気とのことですが、両社の戦略比較を通してその理由について考えてみたいと思います。 消費者がコーヒーを飲みたいと思った時にもし、サザとスタバが並んでいたとして、どちらへ行くかは、コーヒーを飲む際に何を重視するかが決め手になります。もし、サザの方が人気があるのであれば、サザにあって、スタバにないものを消費者が重視しているということでしょう。 では、...more
カテゴリー:

そのチョコ、「ただの板チョコ」とあなどらないで。 - 02月14日(水)15:18 

今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーントゥバーは、カカオ豆の買い付けから、選別、焙煎、摩砕、テンパリング、成形まですべての工程を一貫して自分たちの工場で行なっているチョコレートのこと。東京・蔵前に旗艦店があるサンフランシスコ発祥の〈ダンデライオン・チョコレート〉で、これまでに世界13ヶ国以上のカカオ農園で買い付けを行ってきたというグレッグ・ダレサンドレさんに話を聞いてきた。材料は、カカオ豆と砂糖だけ!一番シンプルな方法でチョコレートを作ろうとしたら、必要な材料はカカオ豆と砂糖の2つだけ。スペシャリティカカオは高価なため、市販のチョコレートの多くは、コモディティカカオを使用し、さらに油脂や香料、ミルクなどを加えている。ダンデライオン・チョコレートでは、シングルオリジン(単一原産地)のカカオ豆とオーガニックのきび砂糖以外には添加物を加えず、非常にシンプルなチョコレートを作っている。彼らが販売しているビーントゥバーは現在7種類。だけど2つの材料だけで味の違いなんて出せるんだろうか。今年で開催2回目になる「CRAFT CHOCOLATE MARKET 2018」にて、グレッグ・ダレサンドレさん。グレッグさんによると、チョコレートの味を決めるのは、カカオ豆の産地、種類、発酵のさせ...more
カテゴリー:

モンブランだけどカキ氷!?ほうじ茶×ミルク×マロンの新感覚スイーツに注目 - 02月18日(日)12:00 

2016年の春に唐人町に開業して話題を呼んだかき氷専門店が、満を持して2店舗目を2017年11月に天神エリアにオープンさせた。冬にも関わらず、店内は多くの人でにぎわいをみせる。その人気の理由を探ってみた! 【写真を見る】モンブランのかき氷には、国産のほうじ茶クリームとパウダー2種を使う ■ 71年の歴史を誇る「おいしい氷屋」の絶品かき氷 「おいしい氷屋」は、唐人町商店街にオープンしたかき氷専門店の2店舗目で、創業71年を誇るメーカー・九州製氷が手掛ける。氷を知り尽くした製氷会社が作るかき氷は、自社工場で72時間かけて凍らせた“博多純氷”を使用。ほかにも、熊本・阿蘇産の牛乳を使った自家製ミルクやてんさい糖で煮詰めた筑紫野産のあまおう、八女にある「星野製茶園」の八女抹茶など、九州産の食材にこだわる。 味わえるメニューは全14種あり、スタッフが200杯以上食べ歩いたのちに試行錯誤して完成させた。一番人気の「苺みるく」や「おいしいきなこ」(各750円)などのレギュラーメニューもいいが、かき氷の創作メニューも捨てがたい。特に「抹茶のマスカルポーネ」や「チョコレートスノー」(各800円)、そして「ほうじ茶モンブラン」がオススメ。今後は、ホワイトデーなどのイベントタイミングで限定メニューも販売する予定だ。 ■ かき氷!? 創作メニューの一つ「ほうじ茶モンブラン」(800円※4月までの限定販売)は...more
カテゴリー:

三浦半島のビーチのどこかに出現。完全予約制の「焚火カフェ」 - 02月17日(土)08:00 

冬のビーチは考えただけで寒々としてしまいますが、そんな寒さも吹き飛ばす暖かくてユニークな過ごし方があります。それは三浦半島のビーチで開催されるという完全予約制のカフェ「焚き火カフェ」。この言葉を聞いただけでワクワクしてしまった人におすすめです。一体どんな体験が待っているのでしょうか?   完全予約制&1日1組限定。三浦半島のビーチに現れる噂の「焚火カフェ」 ビーチで焚火と美味しいコーヒーを楽しむ時間を提供する「焚火カフェ」。 突然ですが、焚火好きですか? 即答で好き!と答える人けっこう多いと思います。特に女子人気は絶大なものが。 私の場合、考えてみればキャンプに行くのも焚火をしたくて行っているようなもの。もちろん美味しいアウトドア料理とか、満点の星空とか、いろいろとありますがそのすべては焚火とセットなわけで、焚火なしではキャンプの楽しさは語れません。 そんな自称焚火好きを名乗る私が「焚火カフェ」の存在を知ったのは、今から数年前のこと。なんでも三浦半島の海岸に現れる「焚火カフェ」があるんだそうな。あるときひょいと現れてはビーチを素敵な「焚火カフェ」にしてくれるのだとか。ただ、カフェといっても誰でも入れるオープンカフェではなく、予約者のみ利用可能。出張焚火カフェサービスみたいなものかな?と、ずっと気になっていました。というものの、いろいろと仕事やプライベートの用事がつまっていてなんとな...more
カテゴリー:

こだわりの一杯を求めて!新旧名店ぞろいのコーヒータウン久留米で行くべき店5選 - 02月15日(木)15:00 

実は、久留米は新旧個性にあふれた名店がそろうコーヒータウン。地域に根付く老舗から、新世代コーヒーマンが手がける実力店まで、大通りからディープな路地裏にも、バラエティに富んだ店が点在する。選りすぐりの豆と、こだわりの抽出法で淹れた“格別の一杯”を求めて、コーヒー巡りを楽しもう。 【写真を見る】豆の個性が発揮されるよう吟味して自家焙煎する ■ COFFEE COUNTY オーナーは、2014年の焙煎大会で日本2位に輝いた森 崇顕さん。豆の個性が最も華やぐポイントをギリギリで狙う、浅煎りから中煎りローストが中心だ。使用する豆の主な産地は、エチオピアやニカラグア、ホンジュラスなどで、訪れた農園から“直接仕入れる”というこだわりが光る。 「ホットコーヒー」(400円)などのドリンクメニューは、テイクアウトも可能。200g(1500円~)の豆を購入すると、コーヒーを1杯サービスされるのもうれしい。ワインボトルに豆の旨さを詰めたコーヒー「カフェヴィノ」(1730円)は贈り物にも最適だ。 [COFFEE COUNTY]福岡県久留米市螢川町10-5 / 0942-27-9499 / 11:00~18:00 / 火曜休み ■ 珈琲のばんぢろ 「福岡ばんぢろ」から暖簾わけされ、50年以上変わらない味を守り続ける老舗喫茶。古きよき時代の雰囲気を今に残す店内には、厳選された豆の香りに満ちている。「オリジナル...more
カテゴリー:

板野友美、マスク姿での工場ロケに「ざわちんかと…」視聴者困惑!? - 02月14日(水)18:00 

元AKB48の板野友美が、2月13日放送の『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系、毎週火曜23:25~)にリポーターとして登場。人生初の工場見学ロケに挑戦したが、視聴者を困惑させる“ある事態”が発生した。板野が向かったのは、福岡県田川市にある日本で唯一のチロルチョコ工場。この工場では年間約七億個作られ、しかも約70種類の味が販売されているという。1つの工場で、これだけの数をどのように作っているのか、“ソノサキ”を紹介した。板野は真っ白な作業着とマスクを着用し、工場内へ。チョコレートの原料・カカオマス(カカオ豆を焙煎し、ペースト状にして固めたもの)を見せてもらった後、製造工程も見学。カカオマスを砕き、砂糖や全粉乳と混ぜて作られていく様子を見ながら、出来たてのまだ固まっていないチョコを味見し、「めちゃくちゃ滑らかで美味しいです」と感激していた。このチロルチョコは、2代目社長・松尾喜宣氏が、爽やかなチョコレートを作りたいという想いから生まれたもので、オーストリア・チロル地方が商品名の由来となっていることも判明。さらに今回は、45円で売られていて話題のチロルプレミアム(生チョコ仕立て)の秘密についても取り上げられた。このチョコは、北海道産の生クリームを使用した生チョコと、隠し味としてチェリーブランデーを使用し、それをエクアドル産の高級チョコでコーティングをして作られている...more
カテゴリー:

専門店の激戦区・京都!チョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」関西初出店の裏側とは? - 02月14日(水)15:00 

観光客などでにぎわう京都。老舗が立ち並ぶなか、近年では、チョコレートやコーヒーの専門店が続々と現れ、激戦区となっている。そしてこの春、トッド・マソニスとキャメロン・リングが2010年に創設したチョコレート店「ダンデライオン・チョコレート」が、京都の一念坂に国内4店目が。3月末にオープン予定だが、期待は高まるばかり!今、京都に出店を決めたワケをCEO 堀淵清治さんに聞いてみた。<※情報は関西ウォーカー(2018年2月6日発売号)より> 【写真を見る】行程すべてを自社で行う「Bean to Bar チョコレート」/ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店/(C)Dandelion Chocolate Japan ■ 古くからのコミュニティや歴史ある町が人気店を魅了 今春オープンを控えるアメリカ・サンフランシスコ発祥の「ダンデライオン・チョコレート」。日本初上陸が2016年の東京で、関西初出店となるが、CEOの堀淵さんは、4店舗目は京都と計画していたわけではないと話す。「街や環境に溶け込む店にしたいので、歴史ある場所で、地域のコミュニティが発達している所がよかった。ほかのお店を意識するよりも、自分たちのチョコ作りにこだわって、クラフトチョコレートを広めていければ」と、出店の経緯を話す。 店舗は京都市指定伝統的建造物でもある、築100年以上の日本家屋。 ■ 老舗に劣らぬこだわりぶりで文...more
カテゴリー:

もっと見る

「焙煎」の画像

もっと見る

「焙煎」の動画

Wikipedia

焙煎(ばいせん)または乾煎り(からいり、、単にロースト()とも英語でローストは、乾煎り以外にもっと広い意味で使われる。Roasting)とは加熱プロセスの一つ。熱媒体として油や水を使わずに食材を加熱乾燥させる。他の乾式加熱の方法とは異なり、ナッツや種のような食材に使用される。むらなく確実に加熱されるよう、食材は攪拌して焙煎する。

焙煎にはフライパン中華鍋 (一部料理での香辛料を乾煎りするのに用いられる)、もしくは専用のロースター(コーヒー豆やピーナッツなど)が使用される。焙煎することで、食品中のタンパク質の化学的性質が変化して風味が変わる。また香りや味が強くなる香辛料もある。香辛料を焙煎する際には一般に、さまざまなハーブや調味料を加えて、色がつくまで加熱する。

焙煎した食品には、ピーナッツバター(焙煎したピーナッツから作られる)、(摘採後ただちに、もしくは発酵させたのちに焙煎した茶葉から作られる)、コーヒーや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる