「焙煎」とは?

関連ニュース

独自の“発酵だし”を使用した「発酵だし 素麺つゆ」「発酵だし 香ばしごまだれつゆ」新発売! - 01月23日(水)15:00 

1月23日 キッコーマン株式会社 キッコーマンから、独自の“発酵だし”を使用したストレートつゆ! 「発酵だし 素麺つゆ」「発酵だし 香ばしごまだれつゆ」新発売! キッコーマン食品株式会社は、2月4日に、当社独自の“発酵だし”を使用した、「キッコーマン 発酵だし 素麺つゆ」「キッコーマン 発酵だし 香ばしごまだれつゆ」を全国で新発売します。 「発酵だし 素麺つゆ」「発酵だし 香ばしごまだれつゆ」は、当社独自の“発酵だし”をブレンドした、希釈せずに使えるストレートつゆです。 “発酵だし”は、キッコーマンがしょうゆの醸造で培った発酵技術を活用してつくっただしです。かつお節とおから(大豆由来)を麹の力で発酵させ、それぞれに含まれるたんぱく質を、うま味やコクのもととなるアミノ酸やペプチド(*)といった成分に分解してつくりました。“発酵だし”によって、化学調味料を使用せずに、豊かなうま味と深いコクのあるつゆに仕上げました。 「発酵だし 素麺つゆ」は、国産の原料にこだわったつゆです。国産のかつお節、宗田かつお節、まぐろ節、いわし節をじっくり煮出して、味も香りも濃厚なだしをとり、これに“発酵だし”を合わせました。また、“国産原料仕込みのしょうゆ”と“国産米100%の純米本みりん”を使用し、塩味がやわらかく、深いコクのある味わいに仕上げました。   「発酵だし 香ばしごまだれつゆ...more
カテゴリー:

抹茶、七味、くろ酢…日本の“老舗”が作るチョコレート4選 | ananweb - マガジンハウス - 01月22日(火)19:30 

この道一筋! 日本が誇る老舗がチョコレートに挑戦しました。専門店発の新しい味わいって?普段はバレンタインとは縁がなさそうな他業界からのエントリー。歴史と伝統を背負った自慢のアイテムを主役に、おいしいチョコが誕生しました。上質なお茶の旨味と甘味、心地よい苦味が引き立つ。辻利「辻利コレクション」6個入り¥1,770宇治抹茶専門店抹茶と和素材創業150余年の伝統を誇る老舗茶匠のスペシャリテ。お点前のための石臼挽き一番茶を主役に据えて、桜やいちご、柚子、山椒、ごまなどをプラスした。果実の甘味や酸味、香ばしさや刺激が、不思議と濃厚な抹茶の風味を際立たせる。GINZA SIXほか、全国の百貨店催事で1/20から販売予定。片岡物産 お客様相談室 TEL:0120・941・440レアチーズケーキのようなすっきり感&まろやかさ。発酵酢屋 庄分酢「くろ酢の生ショコラ」9個入り¥1,500お酢専門店有機玄米くろ酢福岡県大川市で300年。有機栽培農家の国産米を使い、先祖代々の製法で仕込みじっくり発酵熟成させたくろ酢を、豆乳と合わせてホワイトチョコレートとビターチョコレートに練り込んだ。なめらかな口どけの後にふわりと広がるくろ酢の香りも爽やか。東京都中央区銀座6‐10‐1 GINZA SIX B2 TEL:03・6264・5531 10:30~20:30 不定休(休みは施設に準ずる)善光寺門前で280余年。...more
カテゴリー:

大粒きのこの山に「ジャンドゥーヤ」味 - 01月21日(月)11:00 

大手菓子メーカー「明治」(代表取締役社長:松田克也)の「きのこの山」シリーズから、「大粒きのこの山クリーミージャンドゥーヤ」が発売される。 イタリア生まれのチョコレートである「ジャンドゥーヤ」は、軽く焙煎したヘーゼルナッ […]
カテゴリー:

桜えび入りチョコも! バレンタイン前にチェックしたい“タブレット”5選 | ananweb - マガジンハウス - 01月19日(土)18:30 

ますます広がりを見せる、カカオ豆を仕入れて焙煎するところからチョコレートを作るBean to Bar。ショコラコーディネーター・市川歩美さんがオススメする、2019シーズンにチェックしておきたいタブレットとは?PIERRE MARCOLINI(ピエール マルコリーニ)「タブレット インディア」インド産カカオとキャラメルのコラボ。薄く、口どけよく進化したベルギー王室御用達ブランドによる新作タブレットは、オリジナリティが目を引く。選んだのは、インドのタミル・ナードゥ産のコクのあるカカオ豆。背面には、キラキラ光るキャラメルがまぶされ、甘味と食感のアクセントになっている。1/19~販売。¥2,400(ピエール・マルコリーニ銀座本店 TEL:03・5537・0015)Conche(コンチェ)「桜えび醤油チョコレート」静岡発、驚きの地産地消チョコ。地産地消化が進むB to Bの流れを象徴する一枚。静岡唯一の専門店が作るのは、地元・由比産の無着色、無添加の素干し桜えびをちらしたガーナ産カカオのミルクチョコ。その粉末と一緒に、地元で創業150余年を誇る老舗の再仕込み醤油も練り込まれた高難度コラボは、独特の甘じょっぱさと余韻が新鮮。¥580(コンチェ TEL:054・374・8551)Iwami Craft Chocolate(イワミ クラフト チョコレート)「タブレット コスタリカ 76%」新ブラ...more
カテゴリー:

フランスの巨匠も! Bean to Barは“サロンで楽しむ”が旬 | ananweb - マガジンハウス - 01月17日(木)18:30 

カカオ豆を仕入れ、焙煎するところからチョコレートを作るBean to Bar。2000年代にアメリカから広がったこの動きは、2019年の日本でますます進化中。チョコレートの専門家、市川歩美さんによるB to B最新案内、東京編です。「Bean to Bar(以下B to B)を手がける店やブランドは、いまや日本全国で100を超えるまでになりました」と、ショコラコーディネーターの市川歩美さん。「カカオ豆からチョコレートを作る機械が小型化。手に入りやすくなったことも後押ししています」。市場が活況を呈する中、日本では独自の進化が! 「産地や農園の違いなどによるカカオ豆の個性を表現するのがB to Bですから、世界的な主流はタブレット。ところが日本では、いかにおいしいお菓子に変化させるかという動きが目立ちます」。特に、ここ数年進化が目覚ましいのが、東京の『ミニマル』。おいしいショコラや菓子のために、産地に出向き、豆の選定から手がける『ル・ショコラ・アラン・デュカス』の上陸も象徴的だ。LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE MANUFACTURE A TOKYO(ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房)アトリエを眺めながら、豆からこだわったデザートを。フランス料理の巨匠アラン・デュカス氏が、若き修業時代の夢を叶えたショコラトリーの日本1号店。パリの工房で、昔ながらの機械で作られ...more
カテゴリー:

剣道場をコーヒー焙煎場に改装 岡山に春オープン、カフェ併設 - 01月22日(火)22:18 

剣道場をコーヒー焙煎場に改装 岡山に春オープン、カフェ併設。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
カテゴリー:

全17 社のコーヒーロースターが集結し、あなた好みのコーヒーに出会える一期一会のイベント『コーヒーサミット2019』開催 - 01月22日(火)10:00 

[東日本コーヒー商工組合] 日時:2019 年2 月9・10 日(土・日)11:00~18:00 場所: iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ(東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズ)  コーヒーの焙煎加工業及び販売業を担う東日本コーヒー商工組合(...
カテゴリー:

家で飲む? カフェで飲む? 美味すぎるチョコレートドリンク4選 | ananweb - マガジンハウス - 01月20日(日)19:00 

フレーバーのバリエーションにとどまらず、カカオドリンクやコーヒー専門店のショコラドリンクなども続々。店でも家でも「飲むショコラ」を楽しもう!話題店の限定アイテムから家飲みアイテムまで。癒しのチョコ&カカオドリンクをご紹介。at HOME本格チョコレートドリンクが手軽に楽しめるものから、チョコフレーバーのビールまでいろいろ!濃厚でキレのあるスペインの朝の定番。カカオ サンパカ温めた牛乳にフレーク状のチョコを溶かすだけで本格チョコレートドリンクに。スパイシーなエルナン・コルテス、シナモンが香るアナ・マリーア、幻のカカオ・レアルクリオロを使ったショコヌスコ(R)の3種。エルナン・コルテス(金)、アナ・マリーア(黒)、ショコヌスコ(R)(茶)100g入り¥1,600~ 丸の内本店/東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F TEL:03・3283・2238 11:00~20:00 不定休(休みは施設に準ずる)クラフトビール蔵のチョコレートビール。サンクトガーレンチョコレートそのものを使うのではなく、麦芽を約160℃の高温で焙煎し、チョコレートの風味を表現。左から、スイートバニラスタウト、バナナチョコレートスタウト、オレンジチョコレートスタウト、インペリアルチョコレートスタウトの4フレーバー。チョコビール2019 330ml¥429~ TEL:046・224・231...more
カテゴリー:

チョコの最先端は京都に!? Bean to Barを味わう古民家、カカオスタンド | ananweb - マガジンハウス - 01月18日(金)20:00 

伝統工芸が息づく街、京都で発見。カカオ豆を仕入れ、焙煎するところからチョコレートを作るBean to Barブランドの新たな挑戦とは?「Bean to Bar(以下B to B)はコーヒーショップに置かれたことから広がりました。コーヒー消費量が日本一といわれ、専門店が多い京都で盛んなのもうなずけます」(ショコラコーディネーター・市川歩美さん)。古都を代表する『Dari K』も、2011年にいち早く創業した。そこから昨秋誕生したブランド『The Obroma 990』は、「カカオ豆をその場で挽いて作るチョコレートドリンクやタルトがあって、画期的な試みだと思います」。東山にできた『ダンデライオン・チョコレート』も、ここだけのデザートと最新カクテルのペアリングを提案するなど、東京に勝るとも劣らない新たな動きが目を引く。「豆から作るチョコレートは、クラフト的な側面がありますから、伝統工芸が息づくこの地に合っているのかもしれません」DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店)SF発の最新デザートを、坪庭のあるカカオバーで。北米サンフランシスコ発のブランドが、築100年を超す古民家を改装して京都に構えた店は、ブランド初となるカカオバーが話題だ。B to Bチョコを使ったデザートを、それに合わせた最新のカクテルとともに、坪庭を眺めながら楽しめる。SF本...more
カテゴリー:

地方の店ながら自社農園を持つサザコーヒー、理想の味を追求する親子の信念とは『カンブリア宮殿』 - 01月16日(水)12:43 

1月17日放送の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系、毎週木曜22:00~)は、「奇跡のコーヒー店 理想のコーヒーを追求する親子感動物語」と題して放送。茨城県にある大人気のコーヒー店・サザコーヒーの鈴木誉志男会長と鈴木太郎副社長をスタジオに迎える。地方の喫茶店ながら南米に自社農園を持ちコーヒー豆を栽培、一方、トップクラスのバリスタを育て上げる「本物志向」で注目を集めるサザコーヒー。映画館一家の息子として生まれた会長の誉志男は20代の頃、映画の興行プロデューサーだった。しかし、1970年代に入ると映画が斜陽産業に……。そこで始めたのがサザコーヒーだった。地元のイベントに参加しては、コーヒーを無料で配る“タダコーヒー戦略”で、地元の人の心を掴むことに成功すると、誉志男の“コーヒー熱”は加速する。年商の2倍近くもする高級焙煎機を購入したり、南米コロンビアに自社農園を買ってしまったり、地方のコーヒー店とは思えないこだわりぶり。一方、サザコーヒーを継ぐ気はなかった息子の太郎も、いつのまにか父がつくったコーヒーの味を茨城以外にも広めようと、バリスタコンテストに参加したり、東京進出を指揮したりと、次々新しい風を吹き込む。地元に愛される店を作った父・誉志男と、外に打って出る息子・太郎。2人が手を取りあい、サザを大手に負けない強いコーヒー店へと成長させた。サザでは、地元・茨城の食材にこだわったケーキも大...more
カテゴリー:

もっと見る

「焙煎」の画像

もっと見る

「焙煎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる