「為替操作」とは?

関連ニュース

人民元基準値、5日間連続1ドル7元台に設定 当局の元安容認姿勢が鮮明に - 08月14日(水)17:15 

中国の人民元相場が対ドルで、1ドル=7元の心理的大台を割り込んだ後、米政府は中国を「為替操作国」と指定した。中国当局が元安を容認するなか、外資企業と中国企業の海外への生産移管の加速化、失業者の急増など、中国経済がさらに苦しい局面に直面するとみられる。
カテゴリー:

香港の「二の舞」だけは避けたい台湾人が慎重に選ぶべき次期総統 - 08月14日(水)04:30 

来年1月の台湾総統選挙は、現職で民進党の蔡英文氏、国民党の韓国瑜氏、無所属の柯文哲氏と郭台銘氏の4人が立候補する構図となりそうです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、候補者4人の中でも、評価が分かれる柯文哲台北市長について紹介。結果次第では米中、日韓、香港と混乱の続く東アジアに、更なる波紋が生じかねない選挙の行方を注視しています。 ※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年8月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【台湾】対立する世界と台湾総統選挙 ● 台北市長が政党結成 総統選の布石か 総統選挙まであと半年あまりとなり、各陣営の動きがだんだんと鮮明になってきました。柯文哲台北市長は、これまで出馬についての明言を避けてきましたが、ついに動き始めたようです。新党結成です。以下、報道を引用します...more
カテゴリー:

中国を25年ぶりに「為替操作国」に指定したのに続.. - 08月13日(火)21:27 

中国を25年ぶりに「為替操作国」に指定したのに続き、9月の米中閣僚級交渉見送りか? ファーウェイとの取引にも「緩和なし」。トランプ大統領の最新の支持率はこちら
カテゴリー:

アングル:為替操作国認定、IMFとG7の支持なく影響軽微 - 08月13日(火)11:28 

米国の元政府関係者や現役の当局者、先進7カ国(G7)筋によると、トランプ米政権による中国の為替操作国認定はG7と国際通貨基金(IMF)からの支持を欠いているのが明らかで、中国に重大な影響を及ぼすことはなさそうだ。
カテゴリー:

【日本の解き方】「為替操作国」認定された中国… 変動相場制や資本の自由化は、共産主義の体制問題に波及も - 08月10日(土)10:00 

米トランプ政権が中国を「為替操作国」に認定した。これによってどのような影響が出ると考えられるだろうか。為替操作国とは、米財務省が議会に提出する為替政策報告書に基…
カテゴリー:

韓国発の「金融恐慌」目前でも、文在寅政権が追う目先の日本叩き - 08月14日(水)05:00 

大統領自ら攻撃的な言葉で反日姿勢を露わにし、12日には日本をいわゆる「ホワイト国」から除外することを発表した韓国ですが、その前途は多難のようです。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、世界的な景気後退期に突入した現在、最初に金融恐慌が起きるのは韓国であるとして、その理由を記しています。 リセッションで、どうのようなショックが来るか? 米中貿易・金融戦争になり景気後退局面で、日韓紛争が起きた。次の心配は、今の景気後退から大恐慌へ、どのようなことが起きるかである。検討しよう。 日米株価 NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが、トランプ大統領が中国への追加関税UPと為替操作国認定で、8月7日25,440ドルまで下げ、8月9日26,287ドルになっている。 日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、12月26日18,948円と暴落し、米国で今年利下げ観測で、7月25日に、21,823円まで戻したが、米国の追加関税UPで8月6日20,110円と大幅な下落になり、8月9日20,684円になっている。 1ドル=7元以上になり、中国への追加関税の上に、為替操作国認定と米国は、対中政策が過激化してきた。このような過激な政策を提案したのが、ナバロ通商局長であり、他の側近はすべて反対したが、トランプ大統領は、ナバ...more
カテゴリー:

金融分野に米中対立拡大か 「元の国際化を」中国内に声 - 08月13日(火)22:49 

 人民元安が1ドル=7元台まで進み、米国が中国を為替操作国に認定したことで、米中対立が金融分野に及ぶとの懸念が中国金融界に広がった。世界に冠たる米国債保有国としての立場や元の国際化などを通じて、米国を…
カテゴリー:

中国経済に嘆き節…「想定超の悪化」京セラ、オムロンに悲観論 堅調の村田製作所も警戒 - 08月13日(火)13:00 

 米中貿易摩擦が、日本の大手電子部品メーカーを苦境に立たせている。令和元年4~6月期の連結決算は、自動車向け部品が主力のアルプスアルパインが最終損益で赤字を計上するなど各社が低迷。増収増益を確保できたのは村田製作所だけだった。トランプ米政権が中国を「為替操作国」に認定し、米中対立の深刻化で世界経済の不透明感は増すばかり。各社の業績が今後、一段と悪化する恐れさえある。経営陣からあがるのは、減速する中国経済に対する嘆き節だ。
カテゴリー:

米国が中国を「為替操作国」に認定 どんな意図があるか - 08月12日(月)16:32 

中国は「為替操作国」ではない。米国の一部の人が捏造しようとしている「中国は為替操作国」という物語を信じる人はいない。中国に対する根拠のない非難は茶番劇に過ぎない。 ...
カテゴリー:

【株式フジ】急な円高進行で外需株は見送り傾向…消去法的に物色のホコ先は内需株へ 猛暑特需期待「ワークマン」「ラウンドワン」 - 08月09日(金)06:30 

 8月2日(金)からはじまった株式市場の波乱は、最悪期は脱したものの、本格的な回復には至っていません。米時間1日、トランプ米大統領はほぼすべての中国製品に対象を広げる「制裁関税第4弾」を発動すると表明、さらに米財務省は5日、貿易で有利になるよう通貨を切り下げているとして中国を「為替操作国」に指定したと発表しました。米トランプ政権の中国たたきはとどまるところを知りません。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「為替操作」の画像

もっと見る

「為替操作」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる