「点展示」とは?

関連ニュース

【クイズ】ゾクッ…これはある虫の脚を拡大したもの。その虫とは? | ananweb - マガジンハウス - 08月13日(火)18:30 

暑い時期には特に身近に感じられる虫。ちょっと苦手……と感じる女子が多いかもしれませんが、そんな人にもぜひ見てほしいのが、現在六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の『虫展 ―デザインのお手本―』。虫に魅了されたクリエイターたちがデザインした驚きの虫作品とは?虫の世界は奥深い!【女子的アートナビ】vol. 156『虫展』では、デザイナーや建築家、構造家、アーティストたちが、虫を“デザインのお手本”にして制作したさまざまな作品を展示。展覧会のディレクターをつとめたのは、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんです。小さいころから虫好きで、昆虫採集を楽しんでいたという佐藤さんは、「いつか虫の展覧会をやってみたかった」といい、「この企画の準備をしながらますます虫好きになった」とのこと。そして、次のように呼びかけました。佐藤さん 虫の世界に入ると本当に奥が深くて、たまらない世界ですし、心が豊かになり、モチベーションも上がってきます。虫がダメ、という方も、ここではちょっと我慢して、ぜひ虫の世界に入ってみてください!いざ、虫の世界へ!それでは、超・虫嫌いの私が虫の世界に突入です。いきなり登場するのが、先ほど虫愛を語った佐藤卓さんの作品《シロモンクモゾウムシの脚》。シロモンクモゾウムシの左側の中脚をわざわざ700倍に拡大したそうです。もじゃもじゃした毛みたいなものが体から無数に出ています。...more
カテゴリー:

新収蔵品の数々をご紹介!夏の伊豆・下田で楽しむ美術鑑賞。上原コレクション名品選1 - 08月10日(土)17:00 

2019/8/10 公益財団法人 上原美術館 仏のまなざし、和みの美 -上原コレクションの魅力を紹介  個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、個人コレクション特有の優しく穏やかな気配が満ちています。仏教美術、近代絵画からなる上原コレクション名品選では、収蔵品の中から数点をピックアップして詳しくご紹介し、その魅力に迫ります。  仏教館では、仏教美術コレクションの中から、2018年度に新たに収蔵した薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)にスポットをあて、ご紹介していきます。丸みを帯びた気品のあるお顔、繊細な衣の襞(ひだ)が生み出す優美な佇まいは、上原コレクションらしい、やさしい雰囲気をまとっています。  近代館では、岡鹿之助(おかしかのすけ)≪三色すみれ≫をはじめ、スーラの最初期デッサン、ルドンの版画(岡鹿之助旧蔵)など、新収蔵・当館初公開となる作品をご紹介します。これらの作品は染色家・志村ふくみのコレクターとしても知られる佐久間幸子氏が愛蔵したものです。小さいながらも、美しく輝く宝石箱のように愛らしい、新たなコレクションをどうぞお楽しみください。 展覧会概要 1)展覧会名  【両館】 企画展「上原コレクション名品選1」 2)会期     2019年7月6日(土)~10月6日(日)  93日間  3)開館時間   9:00–1...more
カテゴリー:

昭和の50点展示、大館郷土博物館 戸嶋靖昌さんの絵画も - 08月01日(木)12:27 

 秋田県北秋田市出身の洋画家戸嶋靖昌さん(1934~2006年)ら、昭和に活躍した作家約40人の作品を集めた「昭和ロマン派美術展」が、大館市釈迦内の大館郷土博物館で開かれている。25日まで。 戸嶋さん…
カテゴリー:

作兵衛最大の原画2点展示 いのちのたび博物館 #.. - 07月30日(火)06:14 

作兵衛最大の原画2点展示 いのちのたび博物館 #西日本新聞
カテゴリー:

「あなたにとって写真とは?」ウエディングフォトの概念を変える作品を140点展示 写真展「ウェディングフォトの世界」大阪で初めての開催 - 08月13日(火)13:00 

[株式会社レック] [画像1: https://prtimes.jp/i/34730/20/resize/d34730-20-344528-0.png ]  写真展を開催するのは2019年1月、東京の中目黒で行い大盛況だった「世界ウェディング写真展」に続き2回目。 今回開催する「ウェディ...
カテゴリー:

展示品200点以上!スター・ウォーズの展覧会「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション」をレポート - 08月08日(木)11:38 

『スター・ウォーズ』を通じて自分を再度見つめ直すことがコンセプト 映画で使われた衣装、小道具、コンセプトアートなどを200点以上展示。
カテゴリー:

西元祐貴さん特別展 躍動、墨絵アート30点展示「.. - 07月31日(水)18:28 

西元祐貴さん特別展 躍動、墨絵アート30点展示「表情を見て」
カテゴリー:

絵手紙「星の会」が600点展示 - 07月27日(土)21:18 

佐賀、福岡県内の絵手紙教室の生徒による「星の会」(宗俊朗代表)の絵手紙展が27日、佐賀市天神の佐賀新聞社内にあるギャラリーで始まった。会員70人が季節の花や果物、身の回りの品々などを描いた約600点を展示している。8月4日まで。 元美術教師の宗俊朗さん(79)=佐賀市=が市内や神埼市、多久市、福岡県小郡市で指導する12教室の生徒が出品した。小学生から90代までの会員が、年1回の作品発表と交流の場として開き、15回目になる。
カテゴリー:

「点展示」の画像

もっと見る

「点展示」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる