「点リード」とは?

関連ニュース

「和田さんの思いも感じながら」松本力投 情を排した工藤采配に応えたブルペン陣 - 11月25日(水)23:43 

○ソフトバンク4―1巨人●(25日・ペイペイドーム)  ソフトバンクの工藤監督が早めの継投で勝機をつかんだ。  ソフトバンク・工藤監督の決断は早かった。3点リードの三回のマウンド。ここまで1失点の先発・和田の降板を決めた。巨人打線に捉えられ気味だったとはいえ、経験豊富なベテランを球数48で代えるのは
カテゴリー:

初出場の神戸が決勝T進出、イニエスタACL初得点 - 11月25日(水)21:05 

ヴィッセル神戸が3-1で再開初戦の広州恒大(中国)に快勝し、決勝トーナメント(T)進出を決めた。1点リードで迎えた後半39分、MFイニエスタが右足でACL初ゴールを決めるなど1得点1アシストの活躍。棄権チームが出たG組は3チームで争われ…
カテゴリー:

日本シリーズ 第3戦速報(3)巨人、六回終えて安打なし ソフトバンクが2点リード - 11月24日(火)21:00 

 五回を終えてソフトバンク先発ムーアを前に巨人は安打なし。
カテゴリー:

走力、球際終盤衰えず 佐賀バルーナーズ2連勝 - 11月23日(月)09:10 

追い上げを受けても、首位を走るチームに焦りは見えなかった。前半、試合を優位に進めた佐賀バルーナーズは第3クオーターに勝ち越しを許したものの、最後まで衰えない走力や球際の強さを発揮し、越谷アルファーズに7点差で競り勝った。 11点リードして迎えた第3クオーター。相手にリバウンドを奪われて勢いを与え、6分すぎに初めて勝ち越しを許した。「もう一度自分たちがやるべきことを徹底しよう」と声を掛け合うと、その後はリバウンドの攻防を制し、約2分間で10連続得点を奪って突き放した。
カテゴリー:

日本シリーズ第2戦速報(4)グラシアル2ラン、SB6点リード - 11月22日(日)19:21 

 4-0で迎えた三回無死一塁で、ソフトバンク・グラシアルが巨人2番手の戸郷から左中に運ぶ2ラン。点差を6に広げた。
カテゴリー:

ソフトバンク甲斐 9番打者らしからぬスイングで一発 - 11月25日(水)22:32 

(25日、日本シリーズ第4戦 ソフトバンク4-1巨人) いち、にの、さん、と声が聞こえてきそうだった。1点リードの二回2死一塁、カウントは1―1。ソフトバンクの甲斐拓也は狙い澄ましたかのように148キ…
カテゴリー:

昨年のシリーズ男・グラシアル 貴重な追加点「良いところに飛んだ」好守も連発 - 11月24日(火)22:49 

○ソフトバンク4―0巨人●(24日・ペイ)  ソフトバンクのグラシアルが貴重な追加点となる適時打を放った。3点リードの七回。2死一、三塁で巨人の3番手・大竹の低めのスライダーに食らいつき、右前に運んだ。「当たりは良くなかったけれど良いところに飛んでくれた。とても大きな追加点になってくれた」と喜んだ。
カテゴリー:

アメフト東北大パインボウルV9逃す「力不足」監督 - 11月23日(月)18:58 

全日本大学選手権の北日本王座決定戦で、東北大(東北学生)は14-24で北海学園大(北海道学生)に敗れ、9年連続22度目の優勝を逃した。 4点リードの第2クオーター(Q)2分過ぎ、インターセプトで攻撃権を奪われ、逆転タッチダウンを許した。…
カテゴリー:

最後の都市対抗で悔やむ失投 広島ドラ1のトヨタ栗林「勝てる投手になる」 - 11月22日(日)23:02 

 第91回都市対抗野球大会が22日、東京ドームで開幕し、前回大会準優勝の豊田市・トヨタ自動車は0―2で東京都・セガサミーに敗れ、1回戦で敗退した。  「勝てる投手になる」。入社当時から掲げてきた目標だ。しかし、一発に泣き、チームを勝利に導けなかった。前回大会決勝でも1点リードの二回に逆転2ランを浴び
カテゴリー:

楽天ドラ1・早川隆久、小宮山悟監督が見抜いた“致命的な欠陥”。挫折を乗り越えた運命の早慶戦までの軌跡 - 11月22日(日)16:22 

2020年のドラフト会議で主役となったのが、4球団から指名を受けた早稲田大学のエース・早川隆久。彼がここに辿り着くまでには、“大きな挫折”と“野球人生を変える出会い”があった。11月15日(日)の『GET SPORTS』では、早川の大学4年間の軌跡を追った。◆痛恨の一発で植え付けられた“トラウマ”大学ナンバーワン左腕といわれる早川の最大の武器は、最速155km/hを誇るストレート。メジャーリーガー・ダルビッシュ有の目にも留まり、SNSで絶賛されたほどだ。そんな早川は、高校時代からプロに注目されていた逸材。千葉の木更津総合で春夏合わせて3度の甲子園に出場し、ドラフト候補にも名前が挙がっていた。卒業後は名門・早稲田大学への進学。4年間で成長してからプロの道へと思い描いていたが、入学後すぐに壁にぶつかる。「六大学のレベルの高さ、自分の力のなさを感じた」(早川)それを痛感したのは1年生の春季リーグ戦、はじめて迎えた伝統の早慶戦だった。早稲田1点リードの7回、3番手でマウンドに上がった早川は、ヒットと2つのフォアボールで満塁のピンチを招き、逆転満塁ホームランを打たれてしまう。痛恨の一発を浴びた早川に芽生えたのは、「早慶戦で投げたくない」という思い。「そう思ったのは野球人生ではじめてだった。神様からの試練なのかな」(早川)それから2年間、目立った成績を残すことはできず、高校時代は手の届く場所に...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「点リード」の画像

もっと見る

「点リード」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる