「火星探査」とは?

関連ニュース

冬の火星から届いた“アート作品”のような美しい光景:今週の宇宙ギャラリー - 02月22日(土)19:00 

火星にも季節の移り変わりがある。火星の北極と南極には氷冠があり、冬になると拡大し、夏になると一部が溶ける。こうした異世界における季節の変貌を、NASAの火星探査機の高解像度カメラが捉えた。
カテゴリー:

JAXAの火星衛星の砂持ち帰り計画に青信号、NASAも今年火星ミッションを予定 - 02月21日(金)09:30 

JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency )の火星探査ミッションに青信号が出た。このプロジェクトは火星の衛星に探査機を着陸させサンプルを採取して地球に持ち帰るという大胆なものだ。所管の文科省の承認を受けので、プロジェクトはいよいよ開発段階に進む。 画像提供:JAXA MMX(Martian Moons eXploration) と名付けられたこの火星探査プロジェクトでは三菱重工が開発中のH 3ロケットにより2024年に探査機を打ち上げる計画だ。H-3ロケットは2022年の後半に最初のテスト打ち上げが予定されている。 断裁機は火星の2個の衛星フォボスとダイモスの双方を観察するこれらの衛星はどちらも地球の月に比べてはるかに小さく、表面の形状も不規則だ。 The MMXでは火星の衛星双方を観測するが、Mars Landerはフォボスに着陸する。探査車を火星の衛星に着陸させる計画はこれが世界で最初だ。 探査車はJAXAがドイツ(DLR)とフランス(CNES)宇宙開発機関と協力して開発する。 この計画が世界的に注目されているのは、フォボスの表面で資料を採取し、地球に持ち帰るという部分だろう。つまり火星往復のミッションであり、地球帰還は2029年が予定されている。 一方、米国ではNASAも火星からサンプルを持ち帰る計画を進めている。TechCrunchが昨...more
カテゴリー:

【プラズマビーム】JAXA、目指すは「フォボス」 火星の衛星、無人探査機の計画 - 02月19日(水)01:24  newsplus

2020/2/19 00:13 https://this.kiji.is/602516395337663585 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が火星を回る二つの衛星のいずれかに無人探査機を着陸させ、岩石試料を 持ち帰ることを目指す世界初の計画「MMX」で、目指す衛星を「フォボス」に決めたことが18日分かった。 2024年の出発を目指す。 19日の文部科学省の宇宙開発利用部会で報告する。 小惑星への着陸や試料持ち帰りで実績のあるはやぶさ初号機、2号機の経験を生かす。 もう一方の衛星「ダイモス」も候補だったが、着陸に必要なデータが多いことや、探査の意義がより大き...
»続きを読む
カテゴリー:

NASA・TRISHより受託の超小型SS-OCTプロジェクト(フェーズ1)の開発進捗状況について - 02月03日(月)13:00 

2020年2月3日 窪田製薬ホールディングス株式会社 NASA・TRISHより受託の超小型SS-OCTプロジェクト(フェーズ1)の開発進捗状況について 窪田製薬ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、2020年1月30日(日本時間1月31日)、アメリカ航空宇宙局 National Aeronautics and Space Administration(米国、以下 「NASA」)およびTranslational Research Institute for Space Health(米国、以下「TRISH」*1)と表題の件について会議を実施したことをご報告いたします。 本会議は、当社の 100%子会社アキュセラ・インク(本社:米国ワシントン州、以下「アキュセラ」)が、超小型 眼科診断装置Swept Source-OCT (以下、SS-OCT*2)プロジェクトの進捗報告を行うためのものです。これまでの成果を NASA と TRISH の 15 人ほどのエンジニア、科学者、医師らに提示し、彼らからの質疑に応え、会議の最後に本プロジ ェクトのフェーズ 1 の成果であるプロトタイプの操作デモを行いました。NASA・TRISH の本プロジェクト責任者たちのコメントを下記に示します。 今後は、当初の計画どおり、2月末日にプロジェクト(フェーズ1)を完了...more
カテゴリー:

宇宙のヤバさを考えたら昼も寝られない・・・新コロも落下した隕石に付着してたウイルスの可能性もある - 02月21日(金)19:40  news

sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu03.gif JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency )の火星探査ミッションに青信号が出た。 このプロジェクトは火星の衛星に探査機を着陸させサンプルを採取して地球に持ち帰るという大胆なものだ。 所管の文科省の承認を受けので、プロジェクトはいよいよ開発段階に進む。 https://jp.techcrunch.com/2020/02/21/2020-02-20-japanese-mission-to-land-a-rover-on-a-martian-moon-and-bring-back-a-sample-is-a-go/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

米、もはや地球に興味なし!?NASAの予算要求、月.. - 02月20日(木)12:15 

米、もはや地球に興味なし!?NASAの予算要求、月・火星探査など12%増2.7兆円超
カテゴリー:

NASAの2021年予算要求は有人月面着陸に約3625億円、月面資源開発に約472億円 - 02月11日(火)11:15 

米国時間2月10日、トランプ政権は2021年度予算要求を発表し、NASAの申請は予想通り12%増加した。これでNASAの総予算額は252億ドル(約2兆7677億円)となり、その半分近い123億ドル(約1兆3510億円)は、月面着陸の復活と最終目標である火星の有人探査に充てられる。 行政予算管理局が米国時間2月10日月曜日に発表した本予算要求の中で、33億ドル(約3625億円)が宇宙飛行士を月の公転軌道から月面に送るために使用される有人月面着陸システムの開発目的に使われる。これは、一連の計画が「維持可能な探求」の安全で信頼性の高いシステムを開発するために、「競争、産業革新、および堅牢な政府見通し」に依存していることを表している。 予算には、Space Launch System(SLS、宇宙打ち上げシステム)および宇宙船オリオンを継続開発するための40億ドル(約4393億円)も追加されている。この組み合わせは宇宙飛行士の地球から月への移動手段になる。予算案は、NASAがこの資金を使って「システムを完成し定期飛行計画を確立」することを具体的に求めている。 他には、1.75億ドル(約192億円)が月面で宇宙飛行士が使用する宇宙服に、2.12億ドル(約233億円)が移動に利用されるローバー(月面探査車)に充てられる。2.54億ドル(約280億円)が割り当てられている商用月面着陸サービス(C...more
カテゴリー:

「火星探査」の画像

もっと見る

「火星探査」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる