「火口付近」とは?

関連ニュース

西之島が小規模噴火 噴火は昨年8月以来 気象庁 - 07月12日(木)19:50 

 気象庁によると、東京・小笠原諸島の西之島で12日午後0時24分ごろ、小規模な噴火が発生した。海上保安庁が火口付近から茶色の噴煙が上がっていることを確認した。西之島の噴火の確認は昨年8月2日以来。 西…
カテゴリー:

「火山への登山」くれぐれも気を付けて 長野地方気象台作成の「しおり」が話題 - 07月07日(土)14:00 

長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(標高3067m)が噴火し、火口付近で登山者58人が死亡したのは、2014年9月27日のことだ。まだ記憶に新しい、痛ましい出来事だった。火山の危険性を再認識してもらう目的で、長野地方気象台が「火山への登山のしおり」を作成した。いったいどんなものだろう。「ヘルメットを準備しましょう」「危険な場所に立ち入らないで!」「火山への登山のしおり」はA4判、両面印刷で、八つ折りするとポケットに入れて携帯できる。内容は、「ヘルメットを準備しましょう」「危険な場所に立ち入らないで!」「もしも噴火したら...」「情報はスマホでも入手できます」など、13項目の注意点が記載されている。「噴火したら山小屋や岩陰に避難しマスクやタオルで口を塞ぎましょう」「窪地や谷には火山ガスがたまっている可能性がある。立入禁止の場所には、立ち入らないように」といった細かいポイントも説明されている。地元の市町村や地域振興局などの緊急連絡先、スマートフォンで読み取ると、気象庁のウェブサイトや登山届が提出できるサイトに接続する2次元バーコードも掲載されている。対象となるのは、気象庁が常時観測している浅間山、焼岳、乗鞍岳、御嶽山、草津白根山、新潟焼山、弥陀ヶ原など、県境付近の7つの火山だ。しおりは各火山付近の観光施設や宿泊施設、登山口などで入手できる。また長野地方気象台のウェブサイトからダウンロ...more
カテゴリー:

小笠原諸島:西之島で小規模噴火 海保が噴煙を確認 - 07月12日(木)19:16 

 気象庁は12日、東京・小笠原諸島の西之島で、ごく小規模な噴火を確認したと発表した。今後も大きな噴石が飛ぶ可能性があるとしている。  気象庁によると、12日午後0時24分ごろ、火口付近で茶色の噴煙が上がっているのを海上保安庁の航空機が確認した。噴煙は高さ約100メートルに達していたとみられ、気象庁は
カテゴリー:

「火口付近」の画像

もっと見る

「火口付近」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる