「潜在成長率」とは?

関連ニュース

【緊急】トランプ大統領 日本車に25%の関税をかける経済制裁 ガチで発動へ - 02月18日(月)23:21  poverty

[東京 18日 ロイター] - 米商務省は17日、通商拡大法232条に基づく 自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したが、仮に米政府が日本から米国に 輸出する自動車に25%の高関税を課した場合、 日本の自動車業界の利益の3割が吹き飛ぶとの試算が民間有識者から出ている。 自動車産業の生産波及効果を考慮すると、日本の国内総生産(GDP)を0.4%程度下押しするとの試算もあり、 潜在成長率が0%台後半の状況下で、0%台前半に成長率が落ち込むことになる。 自動車を巡る日米交渉は、日本経済の先行...
»続きを読む
カテゴリー:

【日米通商交渉】「対日関税25%」の衝撃、自動車業界で利益6兆円、3割が吹き飛ぶとの試算 - 02月18日(月)20:19  newsplus

[東京 18日 ロイター] - 米商務省は17日、通商拡大法232条に基づく自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したが、仮に米政府が日本から米国に輸出する自動車に25%の高関税を課した場合、日本の自動車業界の利益の3割が吹き飛ぶとの試算が民間有識者から出ている。 自動車産業の生産波及効果を考慮すると、日本の国内総生産(GDP)を0.4%程度下押しするとの試算もあり、潜在成長率が0%台後半の状況下で、0%台前半に成長率が落ち込むことになる。自動車を巡る日米交渉は、日本経済の先行きを大きく...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本人のほうが賃金が安くてよく働く」 製造業の国内回帰が進行中 - 02月13日(水)14:39  poverty

日本企業が工場を国内回帰させている理由 日本人のほうが、安くてもよく働く アジア新興国の所得水準の上昇に伴い、高価格帯の商品を求める消費者が増えている。彼らにとって、“Made in Japan”の製品は、技術力などに裏打ちされた安全な高級品であり、依然として憧れの的だ。 また新興国の所得上昇によって、現地での生産がわが国企業にとって必ずしも有利とは言いづらくなっている。人件費などに着目すると国内で生産を行い、コスト削減を重ねたほうが有利と考えられる部分も出てきた。 国内で生み出される製品には、わが国ならで...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣府、統計不正で需給ギャップ・潜在成長率を修正 - 02月12日(火)14:40 

 内閣府は12日、厚生労働省の毎月勤労統計の再集計を受け、日本経済全体の需要と潜在的な供給力の差を示す「需給ギャップ(GDPギャップ)」と経済の実力を示す「潜在成長率」について、昭和55年1~3月期から平成30年7~9月期までの数値を修正したと発表した。修正は0・1ポイント増~0・1ポイント減と小幅にとどまり、景気の基調判断などの変更はないとしている。
カテゴリー:

【速報】トランプ、日本に経済制裁 - 02月18日(月)22:35  news

[東京 18日 ロイター] - 米商務省は17日、通商拡大法232条に基づく 自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したが、仮に米政府が日本から米国に 輸出する自動車に25%の高関税を課した場合、 日本の自動車業界の利益の3割が吹き飛ぶとの試算が民間有識者から出ている。 自動車産業の生産波及効果を考慮すると、日本の国内総生産(GDP)を0.4%程度下押しするとの試算もあり、 潜在成長率が0%台後半の状況下で、0%台前半に成長率が落ち込むことになる。 自動車を巡る日米交渉は、日本経済の先行...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプさん 対日制裁関税発動へ 日本の貿易黒字の8割が吹き飛ぶ模様 - 02月18日(月)18:55  poverty

[東京 18日 ロイター] - 米商務省は17日、通商拡大法232条に基づく 自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したが、仮に米政府が日本から米国に 輸出する自動車に25%の高関税を課した場合、 日本の自動車業界の利益の3割が吹き飛ぶとの試算が民間有識者から出ている。 自動車産業の生産波及効果を考慮すると、日本の国内総生産(GDP)を0.4%程度下押しするとの試算もあり、 潜在成長率が0%台後半の状況下で、0%台前半に成長率が落ち込むことになる。 自動車を巡る日米交渉は、日本経済の先行...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣府が「GDPギャップ」と「潜在成長率」修正 1980年までさかのぼり - 02月12日(火)17:41 

 内閣府は12日、厚生労働省の毎月勤労統計の不正問題を受け、この統計データを活用して作成する「GDPギャップ」と「潜在成長率」の二つの経済指標について、1980年までさかのぼって再推計し、修正したデータを発表した。対象期間は80年1~3月期から2018年7~9月期で、上下とも最大0.1%ポイントの幅
カテゴリー:

GDPギャップ変わらず、毎勤統計再集計を受けて再計算=内閣府 - 02月12日(火)12:06 

内閣府は12日、毎月勤労統計調査の再集計ベースをもとに、7─9月期国民所得統計2次速報後でのGDPギャップ(供給力と需要の差)をあらためて計算して発表した。それによると、マイナス0.2%と当初の数値と変わりなかった。潜在成長率についても1.0%で変わらなかった。
カテゴリー:

「潜在成長率」の画像

もっと見る

「潜在成長率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる